<
  1. Medical DOCTOP
  2. がんを撲滅するために、元気で働く世代が考えるべきこと[Vol.2 ~検診さえ受ければ激減できる「胃がん」「大腸がん」「食道がん」]

がんを撲滅するために、元気で働く世代が考えるべきこと[Vol.2 ~検診さえ受ければ激減できる「胃がん」「大腸がん」「食道がん」]

がんを撲滅するために、元気で働く世代が考えるべきことvol.2 検診さえ受ければ激減できる「胃がん」「大腸がん」「食道がん」 監修Dr. 間部 克裕

Introduction

日本の医療制度は、遠からず破綻を迎えかねない。多大な医療費負担が、もはや限界を迎えているからだ。その一方、国立病院機構函館病院の間部克裕医師によれば、主要ながんの多くは未然に防止することができるという。いわゆる「がん検診」の有効活用だ。しかし、がん検診の受診率は1割前後と低迷し、本来の機能を十全していない。いったい、どこに原因があるのだろう。医療界の現実と最新事情について、過日、都内でおこなわれた間部先生の医療関係者に向けた講演を収録した。

Profile

間部 克裕先生

監修医師 間部 克裕(予防医療普及協会)

プロフィールをもっと見る
山形大学医学部卒業、山形大学大学院卒業医学博士課程修了。山形県立中央病院内科医長、KKR札幌医療センター消化器科医長、北海道大学大学院がん予防内科特任講師などを歴任後、現在では、国立病院機構函館病院消化器病・がん予防センターの各センター長と消化器部長に就任。消化管疾患の診療とがん予防に関する活動・研究を続けている。医学博士。日本内科学会認定内科医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員、日本消化器病学会専門医、日本消化管学会・専門医・指導医、日本消化器がん検診学会認定医、日本ヘリコバクター学会Hp感染症認定医。

大腸がん死予防

監修医師 間部 克裕(予防医療普及協会)

鍵となるのは「便潜血検査」

大腸がんは便潜血反応を調べるのが有効で、40歳以上の方を対象に毎年調べるのが世界標準となっています。いろいろな検査方法と便潜血検査を組み合わせておこなった研究では、便潜血を越えるような検査はないことが報告されています。

 

しかし実態となると、大腸がん検診の受診率そのものが10%台。また、陽性反応が出た後に精密検査を受ける割合は、対策型で7割前後、職域で4割前後。これでは、がん検診の効果が得られていません。

National polyp study

この表は、NPSという 米国が出している数値です。大腸内視鏡検査をしたとき、がんの原因である腺腫を切除すると、大腸がんで亡くなる方が減っています。このように腺腫を切除して腺腫のない大腸にすることを「クリーンコロン」といいます。米国の場合、10年に1回の大腸内視鏡検査を勧めていて、その費用は民間の保険会社がサポートしています。

 

ただし米国でも、75歳から85歳の方に対しては、大腸内視鏡検査を推奨していません。後述しますが、この世代は、大腸内視鏡検査を受けたことによるリスクがかえって高いからです。85歳以上になると、明らかに内視鏡リスクのほうが疾患リスクを上回るので、原則としておこないません。

 

では、75歳未満の場合、どれくらいの間隔で大腸内視鏡検査を受けるべきか。米国では、何もなければ10年に1回、「高リスク患者で何もないか、1cm未満で1から2個の腺腫」で5年ごと、「10個以上の腺腫」で3年未満としています。この表を日本の医師が見るとびっくりします。現状ではポリープがあれば毎年の大腸内視鏡検査を推奨していますから。

 

先ほど「胃がん検診の受診率は10%そこそこ」という話をしました。約1割の方が毎年受けることと、国民全体を見て健康予防にとり組むことは、別な議論です。欧米は後者の考え方を採用しています。これがすべて正しいとは思っていないですし、日本なりのやり方があるはず。ただし、1割の方に過剰な選択の余地が少ない検診を勧めているのが日本の現状です。

 

大腸がん死は便潜血検査を受けるだけで大幅に減りますし、高額な抗がん剤使用も減ります。50歳までに一度も便潜血にひっかからなかったら大腸内視鏡検査、腺腫が見つかったら内視鏡で切除。この流れを日本でも構築できるよう検討しているところです。

食道がん死予防

鍵となるのは、喫煙・飲酒のコントロール

食道がんのリスクもはっきりわかっています。「フラッシャー」というお酒を飲んだら顔が赤くなる方がアルコールを毎日摂取すると大きなリスクになります。喫煙が加わるとさらにリスクがあがります。一般に食道がんの発症リスクは、「1日8本以上の喫煙と150グラム以上の飲酒」で約50倍に上昇します。これとは別に、熱いものを好まれる方がハイリスクであることも知られています。

食道がんの予防

下の写真は、「ルゴール」という染色薬を用いた患者さんの食道の様子です。左側、全体的に茶色く染まっているのは正常な食道です。真ん中と右側の写真に見られる丸く白い模様は「不染帯(ふせんたい)」といい、食道がんの予備軍です。この状態からピンク色に変わってくると、いわゆる食道がんだと診断されます。早期の食道がんは内視鏡で切除します。

原因が明らかながんは多発する傾向にあります。肝炎による肝がん、ピロリ菌による胃がん、喫煙・飲酒による食道がん、すべて一緒です。ですから、「不染帯」を内視鏡的に切除しても、右側の写真のように高度な不染帯の患者さんでは25%くらいの確率で食道の他部位に再発するんですね。根本的な原因であるアルコール、喫煙などをコントロールしないと発症リスクが残り、いずれは治すことができなくなります。

 

ただし、生活習慣を改めるのは非常に難しいことです。禁煙・禁酒へ取り組めない背景にはそれなりの理由があります。重要な生活の楽しみでもあるでしょう。ですから、私の患者さんに「やめろ」とは言っていません。「一生飲めるよう、漫然と毎日ではなく、たまに楽しんではいかがですか」と勧めています。その説明にデータを添えると理解してもらえるようです。「なんとなくタバコをやめましょう、お酒を控えましょう」では響きません。データに基づいた上で、患者さんの感情も考えた説明をしないと、中々伝えることは難しいものです。

食道がんは予防の時代

食道がんには、生活習慣などの問診が大切。男性50歳以上はとくにそうです。飲酒をすると赤くなる体質、喫煙、家族歴などを確認しましょう。ハイリスクの患者さんに対しては、内視鏡検査をおこないます。その際、NBIなどの画像強調内視鏡や「ルゴール」を用いた内視鏡が有効です。

胃がん死予防

鍵となるのは、ピロリ菌とその感染年数

胃がんの原因がピロリ菌であることは、3つの大きな疫学研究から1994年にWHO(世界保健機関)が「ピロリ菌が確実な胃がんの要因だ」という決定を下しました。問題は、どれくらいの胃がんがピロリ菌によって起きているのかです。

 

広島大学病院が3000件以上の手術を対象に検証したところ、ピロリ菌以外の要因による胃がんは、わずか0.6%でした。少なくとも日本で診ている胃がんに関しては、ほぼピロリ菌が原因と言っていいでしょう。韓国でも95%以上がピロリ菌による発症でした。

 

ピロリ菌はがん以外にも、急性胃炎、MALTリンパ腫、過形成性ポリープ、消化性潰瘍、鳥肌状胃炎、萎縮性胃炎、腸上皮化生といったさまざまな胃の病気を引き起こしています。逆に言えば、ピロリ菌を除菌することで、胃の病気のほとんどを予防することができます。とくに大きいのは胃潰瘍です。

内視鏡的萎縮で胃がんリスクは異なる

こちらは、栃木で開業されている増山先生の、13年間にわたる約2万7700例の研究結果です。C-0からO-3まで右に行く程萎縮性胃炎が高度です。胃内視鏡で見たとき、萎縮性胃炎がどれくらい重症なのかで発がんリスクが異なることがわかります。

 

我々は大学で、萎縮性胃炎が胃の加齢現象によるものだと教わってきました。しかし、実はピロリ菌がいないと、80歳でも90歳でもきれいな胃をしています。これもデータです。データがあるからわかる事実です。

日本では胃がんについては、ピロリ菌による感染症だと言っていいでしょう。そこで除菌を勧めるわけですが、「除菌をしたから大丈夫」という話ではありません。例えば5歳くらいの年齢で感染したとして、そこから数十年たっていれば、その間に発がん作用が起こっています。したがって、成人以降で除菌しても、完璧に胃がんを予防することはできません。発症リスクを減らすだけ。大切なのは「感染したことがあるかどうか」です。

予防医療普及協会とは

2016年3月、経営者、医師、クリエイター、社会起業家などの有志を中心として発足。予防医療に関する正しい知見を集め、啓発や病気予防のためのアクションをさまざまな企業や団体と連携し、推進している。

これまでに胃がんの主な原因である「ピロリ菌」の検査・除菌啓発を目的とした“「ピ」プロジェクト”や、大腸がん予防のための検査の重要性を伝える“「プ」プロジェクト”を実施したほか、病気予防のための自己管理サービス「YOBO(ヨボウ)」をリリース。各診療科の専門医、歯科医など診療科や研究の専門領域を横断した医師団が集い、活動をサポートしている。

今後、「ピ」、「プ」プロジェクトに引き続き、子宮頸がん検査、HPVワクチンに関する正しい情報の発信、普及啓発を目的とした「パ」プロジェクトを実施予定。

一般社団法人 予防医療普及協会

所在地
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-33
プリンス通りビル2階
TEL
03-5226-1086(10:00~17:00)
HP
http://yobolife.jp/
お問い合わせ
office@yobolife.jp

書籍案内

© Medical DOC.