1. Medical DOCTOP
  2. 原料は何?美容皮膚科で受けられるプラセンタ注射とは

原料は何?美容皮膚科で受けられるプラセンタ注射とは 2018.03.02

美しい肌を作るための施術は様々ですが、プラセンタ注射は多くの美容皮膚科で受けられる代表的な施術の一つです。なぜ、プラセンタ注射によって様々な効果が得られるのか、どのような方法で注射するのか確認しておきましょう。ここでは、プラセンタ注射とはどのような施術なのかについて、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
佐藤 政広 歯科医師(豊洲佐藤クリニック 院長)

プラセンタとは


プラセンタとは胎盤のことを指すのですが、ヒトだけではなくウマやブタの胎盤のこともプラセンタと呼びます。10ヶ月という短期間で受精卵を赤ちゃんへと成長させるために、プラセンタには様々な栄養が豊富に含まれているのです。プラセンタには、どのような成分が含まれているのか確認しておきましょう。

プラセンタに含まれる成分

プラセンタには、成長因子が含まれています。成長因子は、細胞の新陳代謝を促すもので、この成分によって美容や健康に良い影響が与えられるのです。また、アミノ酸やビタミン、酵素など細胞の生成に必要な成分も含まれています。どの成分も健康や美容において重要な役割を果たすため、プラセンタ注射をするだけで様々な効果を得られると考えられています。

プラセンタ注射薬の原料

プラセンタは、クリームや美容液の他、サプリメントにも使用されています。これらには、ウマやブタのプラセンタが使用されていることが多いのですが、プラセンタ注射薬には国内にて正常分娩で出産した人の胎盤を使用しています。ウマやブタのプラセンタは注射薬には使用されません。
また、妊娠した際に複数回の血液検査を行い、C型肝炎やエイズなど感染性が高い病気がないことを確認しています。そして、高圧蒸気滅菌によって無菌状態にしたうえで動物試験を行い、問題がないことを確認してから注射薬として使用されるため、安全性が高いと言えるのです。

プラセンタ注射に期待できる効果

プラセンタは美容の他にも、更年期障害や不眠症など様々な症状に効果があるとされています。美容に使用する場合は自費診療ですが、更年期障害や慢性肝疾患治療などに使用する場合は保険適用となります。これらの症状に悩まされている人は、一度医師に相談してみてください。それでは、プラセンタ注射に期待できる効果を確認していきましょう。

美容に関する効果

成長因子によって肌細胞の新陳代謝が促され、シミやしわなどに効果が期待できます。また、美白や保湿などの効果も期待できるため、若々しい肌を作りたい人に向いています。定期的にプラセンタ注射を打って、若々しい肌を保ちましょう。

女性特有の悩みにも効果がある

プラセンタ注射には、ホルモンバランスを整える効果があるといわれています。そのため、更年期障害や生理不順、生理痛などに効果が期待できるのです。ホルモンバランスの乱れは、更年期になるとどうしても起きてしまうため、プラセンタ注射などで対処することが大切です。

その他の効果

肩こりや腰痛、疲労といった現代人が悩まされやすい症状に効果が期待できます。また、抗炎症作用があるため、アトピー性皮膚炎の症状を抑えるのにも役立つとされています。さらに、自律神経失調症や不眠症、うつ病など精神面のトラブルにも効果があるともいわれているのです。

プラセンタ注射の方法

プラセンタ注射の方法には、皮下注射と筋肉注射、ツボ注射があります。厚生労働省の認可を得ているプラセンタ注射薬「ラエンネック」と「メルスモン」は、静脈注射が禁止されています。これは、副作用のリスクが高いことと、速やかに体外へ排泄されてしまうと考えられているためです。

皮下注射

皮下注射は、他の方法と比べて少ない注入量で済むため、金銭的な負担を抑えられます。ただし、他の方法よりも吸収量が少ないため、それだけ効果がマイルドです。

筋肉注射

筋層は成分の吸収速度が速いため、できるだけ早く効果が現れてほしい人に向いています。皮下注射より料金が高くツボ注射より安いので、迷った場合は筋肉注射を受けるとよいでしょう。

ツボ注射

美容によい影響を与えるとされる方法で、美容皮膚科で行われることが多いです。ただし、他の方法と比べて料金が高く設定されています。

プラセンタ注射を受ける頻度

プラセンタは体内に吸収されるため、美容や健康効果を持続させるためには定期的に注射する必要があります。1週間に1回の頻度で合計12回の注射をした後は、プラセンタ注射をやめても定期的に注射しても構いません。定期的に注射する場合は、週に1回や2週間に1回などライフスタイルや予算に合わせて決めましょう。

プラセンタ注射の副作用

効果が高い分、副作用が心配になる人もいるでしょう。プラセンタ注射には副作用はあるのか、どのようなことに注意が必要か確認しておきましょう。

重大な副作用はほとんど心配ない

プラセンタ注射で重大な副作用が起こる心配は少ないのですが、注射部位の発疹や発赤、悪心や悪寒、発熱などが起こる場合があります。また、プラセンタにはタンパク質が含まれるため、アレルギー反応が起こることもあるのです。他にも、閉経後にプラセンタ注射をすることで月経が再開することもあります。いずれの場合もプラセンタの投与をやめることで改善します。

カクテル注射に注意

プラセンタ注射では、プラセンタだけではなく様々な薬剤を混ぜ合わせたカクテルを使うことがあります。これは、クリニックのオリジナルのプラセンタ注射なのですが、薬剤同士が作用し合うことによって、思わぬ副作用が現れる可能性があります。血圧低下やけいれん、ホルモン異常など重い副作用が現れる可能性もあるので、十分に注意しましょう。

献血ができなくなる

プラセンタの内服薬やサプリメント、ドリンク剤などは問題ないのですが、プラセンタ注射を受けている場合は献血ができません。これは、プラセンタ注射薬によって何らかの問題が起こる可能性があると考えられているためです。

美容や健康に効果が期待できるプラセンタ注射

プラセンタ注射は、美容や健康に効果が期待でき、慢性肝疾患や更年期障害の治療にも使えます。ヒト由来の胎盤を使用しているため、エイズやC型肝炎などに感染しないか心配という人もいるでしょう。しかし、感染症の有無を調べたうえで滅菌し、動物試験で安全性を確認してから注射薬を作るので心配はいりません。
ただし、プラセンタの他に複数の薬剤を混ぜ合わせたカクテルを注射する場合は注意が必要です。この場合は副作用が起こる可能性を否定できません。安全を重視する場合には、プラセンタだけを注射することをおすすめします。また、皮下注射や筋肉注射、ツボ注射などの投与方法があり、それぞれ料金や即効性、効果などが異なります。予算や目的に合わせて投与方法を選びましょう。

佐藤 政広 歯科医師 豊洲佐藤クリニック 院長監修ドクターのコメント
プラセンタ療法は60年以上も前から存在する治療(始まりはもっと昔です)で、現在でもいろいろな症状に使われる治療です。更年期症候群(のぼせ・冷え・不眠・イライラ・頭痛・疲労・肩こり・腰痛など)などには年齢の制限はありますが保険が適応になることもあります。また保湿作用やアレルギー症状などを抑える働きもあり、アトピー性皮膚炎などの症状も改善した方もいらっしゃいます。また男性の不定愁訴などにも有効なこともあります。興味のある方は一度医療機関でご相談してください。
 
監修ドクター:佐藤 政広 歯科医師 豊洲佐藤クリニック 院長


この記事の監修ドクター

佐藤 政広 歯科医師 豊洲佐藤クリニック 院長

出典:http://www.toyosu-sato-clinic.com/
佐藤 政広 歯科医師
豊洲佐藤クリニック 院長

PROFILE

1975年
1月28日生まれ
1990年3月
黒磯市立黒磯北中卒業
1993年3月
栃木県立宇都宮高校卒業
1995年4月
国立旭川医科大学 医学部 入学
2001年3月
国立旭川医科大学 医学部 卒業
2001年5月
自治医科大学付属病院 外科学講座入局(乳腺外科 消化器外科)
2003年4月
済生会宇都宮病院 外科(自治医科大学より派遣)
2005年4月
上越地域医療センター病院 外科(自治医科大学より派遣)
2006年4月
自治医科大学付属病院 外科学講座 病院助教
2007年4月
宇都宮社会保険病院 外科 医長(自治医科大学より派遣)
2008年4月
自治医科大学付属病院 外科学講座 病院助教
2009年4月
宇都宮社会保険病院 外科 医長(自治医科大学より派遣)
2010年4月
癌研究会癌研究所乳腺病理部
2011年2月
自治医科大学付属病院 外科学講座退職
2011年3月
湘南美容外科クリニック 入職
2012年7月
湘南美容外科クリニック 柏院院長
2014年6月
湘南美容外科クリニック 銀座院院長
2014年12月31日
湘南美容外科クリニック 退職
2015年2月
豊洲佐藤クリニック 開院

<h2プラセンタ注射でおすすめの美容皮膚科 関東編

豊洲佐藤クリニック

出典:http://www.toyosu-sato-clinic.com/

電話番号 03-5859-0732
住所 東京都江東区豊洲4-1-2 豊洲TOSKビル502
アクセス 東京メトロ有楽町線 豊洲駅 4番出口 徒歩0分
診療時間 【平日】11:00~19:45
【土・祝】11:00〜18:45
【日曜】12:00〜18:45
休診日 水曜日(他に臨時休診あり)
Pickup 【保有資格】
・日本外科学会専門医
・日本乳癌学会認定医
・マンモグラフィー読影認定医
・日本アンチエイジング
・美容再生研究会認定医
・アラガン社ボトックス認定医
・アラガン社ヒアルロン酸注入認定医
・ジオン注入療法認定医
URL http://www.toyosu-sato-clinic.com/