1. Medical DOCTOP
  2. 小児矯正でも使用されるケースが増えているマウスピース矯正

小児矯正でも使用されるケースが増えているマウスピース矯正

マウスピース矯正は「口元で矯正装置が目立ちにくい」「食事や歯磨きの際には取り外しが可能」など、メリットの多い治療方法です。現在では、永久歯に生え替わる前に行う第一期治療からマウスピースによって治療を行うことも可能となっています。マウスピース矯正のメリットと治療を検討するにあたっての注意点について、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
北村 敦 歯科医師 二子玉川矯正歯科 院長


 

小児矯正でも利用できるマウスピース矯正

矯正治療では多くの場合、ワイヤーやブラケットの矯正装置が使用されますが、近年、マウスピース型の矯正装置の普及が進んでいます。マウスピース矯正には成人の矯正治療で使用されるものというイメージが強くありますが、小児矯正でも使用できる矯正装置も増加しています。混合歯列期のお子さんの矯正治療でも選択可能な場合があり、マルチブラケットを使った矯正治療に抵抗のある方からの関心も高まっています。


 

顎の骨の拡張から歯並びの仕上げまで対応

お子さまの歯並びの乱れは、発達が不十分な狭い顎の骨に並びきれない歯が前後に倒れることによって生じます。したがって小児矯正では、顎の骨の健全な発達を促して歯が並ぶスペースを作るための第一期治療と、歯をきれいに並べるための第二期治療にわけて治療計画が検討されます。いずれの治療でもマウスピースを用いた治療が選択可能となっており、歯並びの状態やお子さま、親御様のご要望に応じて使用する矯正装置が決定されます。


 

上下一体型のマウスピースで顎の骨を広げる

狭い顎の骨を広げて歯が並ぶスペースを広げることを目的とした第一期治療では、上下一体型のマウスピースが矯正装置として選択されることがあります。3歳くらいから小学校高学年程度のお子さまの矯正治療に使用することができ、さまざまな症例の矯正治療で利用されています。上下一体型のマウスピースは顎の骨を広げる役割を担いますが、歯並びをきれいに整えることはできないため、歯が並びきるスペースが生まれたあとは、第二期治療に移行して歯並びの仕上げを目指します。


 

歯並びを整えるための上下分離型のマウスピース

上下分離型のマウスピースは永久歯が生え揃った第二期治療で使用されます。歯の移動に合わせていくつものマウスピースを交換することで段階的に歯並びを整えていきます。交換のタイミングはマウスピースや歯並びの状態によって異なりますが、数週間ごとに歯科医院で歯の移動の状況をチェックしたうえで、交換を行います。
マウスピースは一日中装用している必要はなく、毎日、決められた時間装用します。食事や歯磨きのときには取り外すことが可能なため、マルチブラケットよりも生活上の不便を軽減することが可能です。マウスピース矯正に対応していない歯科医院もあるため、事前に担当の歯科医に相談してみることをお勧めします。


 

マウスピース矯正のさまざまなメリット

マウスピース矯正には、ワイヤーを使ったマルチブラケット矯正にはないさまざまなメリットがあります。矯正治療はほとんどの場合、治療期間が長期に及びますが、マウスピース矯正を選ぶことで生活上の不便を小さくし、生活の質を大きく低下させることなく歯並びの改善を進めることができます。


 

矯正装置が口元で目立ちにくい

多くのマウスピースは透明な素材で作られています。マルチブラケットのように口元で矯正装置が目立ってしまうことがなく、口を開けることに抵抗を感じにくくなっています。歯並びの改善を考える方であっても、口元に矯正装置が見えてしまうことから治療を受けることをためらってしまうケースが少なくありませんが、マウスピースを使った矯正治療ではそのような心配がありません。


 

取り外しが可能で生活上の不便も軽減

取り外しが可能な点もマウスピース矯正を選択する大きなメリットのひとつです。マルチブラケットの矯正装置はいったん取り付けると長い期間にわたって取り外すことができませんが、マウスピースによる矯正では、所定の装用時間を守っていれば、取り外すことが可能です。毎日の食事や歯磨きのときにも取り外すことができます。また、部活動でスポーツをしているお子さまの場合には、矯正装置でお口のなかを傷つけてしまうおそれがありますが、マウスピースによる矯正ではそのような不安もありません。リコーダーなどの吹奏楽器の演奏にも問題なく取り組むことができます。


 

食べ物が挟まりにくく毎日の歯磨きも容易

マルチブラケットの矯正装置を取り付けると食事の際に食べ物が挟まりやすくなってしまいます。また、歯磨きの際にも、ブラシをしっかりと当てることが難しくなるため、お口のなかに汚れがたまりやすくなってしまいます。マウスピースは取り外して普段と同じように歯磨きをすることができるため、矯正期間も歯を虫歯から守りやすいという特色があります。マウスピースは定期的に新しいものと交換するため、衛生面での心配も少ないといえます。


 

金属アレルギーを心配される方にも安心

歯の治療でお口に取り付けた銀歯が原因となって金属アレルギーの症状が出てしまう場合がありますが、マルチブラケットの矯正装置もメタル素材で作られていることが多く、金属アレルギーの心配があります。マウスピースには金属が使用されていないため、金属アレルギーを心配されている方にも安心してお選びいただけます。


 

マウスピース矯正を選ぶうえでの注意点

メリットの多いマウスピースによる矯正治療にもいくつか注意点があります。歯が大きくねじれている場合や抜歯を伴う場合など、歯並びの状態によっては選択することができない場合があります。また、強い歯ぎしりのある方はマウスピースが破損してしまうおそれがあるため、歯科医院によってはマルチブラケットによる矯正治療を勧められることがあります。


 

装用時間の遵守や紛失に注意が必要

マウスピースは定められた時間をしっかりと守って装用することで、期待される治療結果を得ることができます。装用時間が不足していると歯の移動が十分に進まず、治療期間が伸びてしまったり治療が上手くいかなかったりすることがあります。毎日、しっかりとマウスピースを装用することができるように自己管理が必要となります。
また、マウスピースは取り外しが可能ですが、外したまま紛失してしまうケースが少なくありません。とくにお子さまの場合は、学校などで食事の際に取り外したまま無くしてしまうことも珍しくないものです。予備のマウスピースが準備されていることもありますが、マウスピースを無くしてしまうと定められた装用時間を遵守することが難しくなり、思うような矯正治療の効果が得られなくなってしまうため、注意が必要です。


 

お子さまの歯並びに合った治療方法を選択

小児矯正でも従来型のマルチブラケット式の矯正装置にくわえ、マウスピース型の矯正装置が選択できるようになりつつあります。マウスピース矯正は「矯正装置が口元で目立つ」「生活上の不便が生じやすい」「汚れが溜まりやすく虫歯のリスクが高まる」といったマルチブラケット式の矯正装置のデメリットのない治療方法で、顎の骨を広げる第一期治療から歯並びの仕上げをはかる第二期治療まで利用可能ですが、治療にあたってはいくつかの注意点があります。
マウスピース矯正のメリットとデメリットを正しく理解し、お子さまの歯並びの改善に合った方法で矯正治療を受けていただきたいと思います。歯並びの状態によって選択できる治療方法は異なりますので、まずは矯正治療を行っている歯科医院に相談してマウスピース矯正が可能かどうかチェックしてみることをお勧めします。

北村 敦 歯科医師 二子玉川矯正歯科 院長監修ドクターのコメント
マウスピース矯正は今後さらなる応用が期待できる、これからの治療法です。
ただし、現時点では、適応とならない症例もあります。また、使用時間が少ないと、期間が長引いたり、満足できる治療結果が得られなかったりする可能性があります。「歯の動きが悪いから。」と途中から普通のブラケット装置に変更される方もいらっしゃいます。
他の装置についても説明を受け、ご自分に一番合った治療法を選択されるとよろしいかと思います。
 
監修ドクター:北村 敦 歯科医師 二子玉川矯正歯科 院長



 

マウスピース矯正・小児矯正でおすすめの矯正歯科 関東編


 

二子玉川矯正歯科

出典:http://www.foclinic.com/

電話番号 03-5491-4187
住所 東京都世田谷区玉川3-6-12 第7明友ビル3F
アクセス 東急田園都市線 二子玉川駅 西口 徒歩1分
診療時間 【火・水】10:30~13:00/14:30~20:00
【木曜】14:00~17:30
【金曜】11:00~13:00/14:00~20:00
【土曜】9:30~13:00/14:00~18:30
【日曜】9:30~13:00/14:00~17:30
※日・木曜は休診の場合あり
休診日 月曜日・祝日
URL http://www.foclinic.com/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.