1. Medical DOCTOP
  2. 治療の中でも人気!審美歯科のホワイトニング

治療の中でも人気!審美歯科のホワイトニング

近年、歯を白くする方法として、歯のクリーニング剤やマニキュアなどさまざまなものを見かけるようになりました。

なかでも、審美歯科で行われている歯を白くするための治療法がホワイトニングです。

ホワイトニング治療は、審美歯科の中でも人気のある治療内容です。

そこで今回は、審美歯科のホワイトニング治療について取り上げてみました。

Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
北出 将之 歯科医師 KITADE DENTAL CLINIC 院長


 

審美歯科のホワイトニング

審美歯科で行われるホワイトニングとは、歯の着色の原因となる色素を分解する薬用成分(ホワイトニング剤)やハロゲンライトなど特殊な光を発する医療機器を利用して、歯を白くするものです。
その種類としては、歯科医院で行うオフィスホワイトニングや、在宅中にセルフケアで行うホームホワイトニングなどがあります。

 

市販やエステサロンのホワイトニングとの違い

近年では、セルフホワイトニングといって、ドラッグストアやエステサロンが提供するホワイトニングも見受けられるようになってきました。
しかし、もともとホワイトニングは、医療用のホワイトニング剤やハロゲンライトなどの医療機器を使用し、医療機関でのみ受けられる施術でした。

市販のホワイトニング剤について

スーパーやドラッグストアなど市販で購入できるホワイトニング剤は、口腔内洗浄剤や研磨剤を含んだ薬剤で、歯科医院で行われる歯のクリーニングと同様の効果を得ることができます。
ただし、商品によっては歯を白くする効果があまりないものや、質の悪い研磨剤を使用しているものもあり、歯にダメージを与える可能性が否定できません。

エステサロンのホワイトニングについて

脱毛や痩身など美容の施術を行うエステサロンですが、最近では歯のホワイトニングを扱うところもあります。
エステサロンで行われているホワイトニングは、市販されている洗浄液や口腔用化粧品を歯に塗り、LEDなどの医療用ではない光を照射して行われます。
エステサロンのホワイトニングは手順だけみると、審美歯科で行われるホワイトニングと同じような印象を受けます。
しかし、エステサロンで使用されているホワイトニング剤や機器は医療用のものではありません。
実際に歯を白くする効果については、医療機関で受けるものとは異なる可能性があるでしょう。

 

審美歯科のホワイトニングのメリットとデメリット


医療機関の審美歯科で行われるホワイトニングには、次のような特徴があります。

 

審美歯科のホワイトイニングのメリット

歯の負担が少ない

歯を白くする治療は、セラミック治療など人工歯を利用することでも実現できます。
ただし、この治療法は、健康な歯を削る点と、費用が高めになる傾向から、抵抗を感じる人も多いでしょう。
一方、歯のホワイトニングは、歯の着色の原因となる色素を分解するホワイトニング剤を塗るものなので、歯にかかる負担はぐっと少なくなります。

治療にかかるコストが低い

同様に、セラミック治療と比較した上での話ですが、今の歯を単純に漂白するだけであれば、全体的なコストを抑えることができます。

自分の好みの色に合わせられる

セラミック治療では、治療した歯とそうでない歯の見た目に、明らかな違いがでてしまいます。
一方、審美歯科のホワイトニング治療では、治療を行う回数や薬の強さ、治療期間を調整することで、歯の色を自分の好みの色調にすることも可能です。

 

審美歯科のホワイトニングのデメリット

ホワイトニングの効果は半年から1年

審美歯科でホワイトニングを行っても、その効果がずっと長続きするとは限りません。ホワイトニングをした後の歯にも、治療前と同様の理由で色素が沈着するようになります。
一般に、審美歯科のホワイトニングの効果は半年から1年程度といわれており、歯の白さを継続させるには、歯が着色する原因を取り除く工夫や、継続したメンテナンスが求められます。

ホワイトニングの効果があるのは天然の歯のみ

ホワイトニングの効果は、天然の歯のみに現れるものです。人工歯を使用している場合は、その部分のホワイトニングの効果はありません。
そのため、入れ歯や差し歯などを利用している場合、ホワイトニングをした箇所と色調が合わなくなる可能性もあります。

治療には痛みが伴う

ホワイトニングでよく言われるのが、治療に痛みがともなうという点です。
歯のひびなどから、治療に使用するホワイトニング剤が歯の内部の象牙質へ到達すると、しみるような痛さを感じるかもしれません。
しかし、こうした痛みは一時的であることがほとんどです。

 

ホワイトニング治療の種類


審美歯科で行われているホワイトニングには以下のものがあります。

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、クリニックや歯科医院で行われるホワイトニングです。
オフィスホワイトニングでは、歯に塗ったホワイトニング剤へ特殊な光を当てることでホワイトニング剤の成分が活性化され、歯の漂白効果をアップさせます。

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自宅にてセルフケアで行うホワイトニングです。
自分の歯型を取って作ったマウスピースに、ホワイトニング剤を充てんして歯を白くします。
ホームホワイトニングでは、オフィスホワイトニングよりも濃度の低いタイプのホワイトニング剤が使用されます。
そのため、歯を白くする効果は穏やかになりますが、継続的に取り組みやすいというメリットがあります。

 

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行う方法です。従来のオフィスホワイトニングは、短期間で歯を白くすることができる反面、施術後の歯の着色が避けられないというデメリットもありました。
デュアルホワイトニングでは、オフィスホワイトニングの治療後に、自宅でホームホワイトニングを行うことで、歯の白さを継続させることができます。

 

ホワイトニング治療は審美歯科を推奨

歯の白さは人の第一印象に影響を与えるものです。
最近では、ドラッグストアやエステサロンなどでも、ホワイトニングを取り扱うようになっています。しかし、市販やエステサロンのホワイトニングは、医療用のホワイトニング剤や機器を使用していないため、ホワイトニング効果もまちまちの場合があります。
歯を白くしたいのなら、やはりきちんとした審美歯科で治療を受けることが肝要でしょう。 
審美歯科で受けられるオフィスホワイトニングとホームホワイトニングにはそれぞれ、メリットやデメリットがあります。内容を理解したうえで、自分の希望やライフスタイルに合わせて、治療法を選ぶとよいでしょう。
また、短期間で歯を白くして、持続させたいという人は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた治療法もおすすめです。

北出 将之 歯科医師 KITADE DENTAL CLINIC 院長監修ドクターのコメント
ホワイトニングの受診先を選ぶ際は、たかが漂白と考えず、「自分の健康を優位にしてくれるかどうか」という視点で絞り込んでみてはいかがでしょうか。
例えば当院なら、むし歯予防につながるような薬剤を選択し、「笑顔もハッピーなら、お口もハッピー」な状態を実現しています。
また、こうした判断材料をインターネットだけで入手するのは大変危険です。
ぜひ、歯科医師と面会し、アドバイスを直接受けるようにしてください。
そのとき、ご自分の好みや希望を遠慮なくおっしゃっていただくと、調「和」の取れた最終結論が出しやすくなります。
ホワイトニングに限りませんが、もっと専門家を頼り、後悔のない歯科治療に結び付けてみてはいかがでしょうか。
 
監修ドクター:北出 将之 歯科医師 KITADE DENTAL CLINIC 院長



 

ホワイトニングでおすすめの審美歯科 近畿編


 

KITADE DENTAL CLINIC

電話番号 0594-33-0001
住所 三重県桑名市陽だまりの丘7-1812
アクセス 近鉄名古屋線 桑名駅より、三重交通バスにて約25分「陽だまりの丘」下車 徒歩1分
診療時間 【平日】9:30~13:00 / 15:00~19:30
【土曜】9:30~13:00 / 15:00~18:00
※祝日がある週の月曜日は診療いたします
休診日 月曜日・日曜日・祝日
URL http://kitadedental.jp/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.