1. Medical DOCTOP
  2. 予防歯科の専門家で、むし歯や歯周菌の発症をコントロール!

予防歯科の専門家で、むし歯や歯周菌の発症をコントロール!


むし歯や歯周病の治療をすることだけが歯科医院の仕事ではありません。あらかじめ歯や歯茎を守る、予防歯科の大切さが注目されています。最近では、予防歯科に力を入れている歯医者さんも増えてきました。
事後的な疾患に対する治療だけでなく、歯そのものの健康維持を目的としてくれるクリニックは、痛みを伴う治療や無駄な費用を負担することもなく、とても頼りになる存在です。
そんな予防歯科を積極的に考える専門家について、Medical DOC編集部がお届けします。
この記事の監修ドクター:
岡崎 真大 歯科医師 岡崎歯科医院 院長


 

 治療と予防、これからの歯医者さんが担う役割


歯科医院へ行くというと、どうしても歯を治療するという考えの人が多いようです。しかし最近では、自分の歯を健康に保ちながらケアをして行く予防歯科を専門とする歯医者さんも増えています。
こうした医院では、どのような診療を行っているのでしょうか。

 

 あらゆる疾患リスクに目を配らせる

「治療」は、特定の疾患に対して行われます。これに対して「予防」は、あらゆる疾患を対象としています。
虫歯や歯周病はもちろん、口内炎や歯質の変化といった全般的なケアが期待できます。ときには食事や生活習慣のアドバイスを受けられることもありますので、人生の質が高まるのではないでしょうか。

 

 自覚のない疾患の早期治療が行える

むし歯や歯周病の治療などで歯科医院を訪れるという人はたくさんいます。しかし、こうしたケースでは、主訴がある程度進行してしまっているのです。疾患の早期発見ができれば、その治療や施術時の痛みを最小限に抑えられるでしょう。

 

 歯科衛生士も協力

予防歯科では歯医者さんだけでなく、一緒に働く歯科衛生士も健康な歯をつくるための協力をしてくれます。
歯科衛生士には、予防歯科に関する講習などをしっかりと受けた人が多く、安心して相談できるでしょう。
特に歯の磨き方などは、我流で行っている人が多いと思われます。定期的に予防歯科へ通うこと以外にも、歯科衛生士の人たちから正しい歯の磨き方を教わり、日々のケアをしっかりすることが重要です。

 

 予防歯科で行う治療内容

予防歯科といっても、歯科医院でどのようなことをしているのかわからないという人も少なくはないでしょう。はじめて予防歯科を受診する人にとって不安がないよう、実際に予防歯科で行われる項目を紹介します。

 

 口の中の状態をチェック

予防歯科でまず行うのは、口の中を見て現在の状態を把握することです。
目視による診察はもちろんですが、歯周病の検査やX線撮影などを行い、口の中の状況を把握します。口の中の健康状態を知ることで今後の対策を立てていくのは、普通の歯科治療と同じです。

 

 唾液検査

唾液の検査をすることで、目視による診察だけではわからない口の中の健康状態を調べます。
検査は口をゆすぐだけで済むため、簡単かつ短時間で、歯や歯茎に潜む細菌の有無を調べることができます。むし歯や歯周病にならないための、さまざまな対策を立てるのに役立ちます。

 

 PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

歯磨きだけではなかなかきれいに取り除けない頑固な歯垢を、専門の機材で取り除きます。
歯垢は細菌のかたまりでもあるので、口の中に放置しておくと衛生面で問題があります。口の中にたまる歯垢が原因でむし歯になるほか、放置しておくと頑固な歯石になり、取り除くのがさらに難しくなってしまいます。
定期的にPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を行うことで、口の中に余分な歯垢を残さないでいれば、歯周病やむし歯の予防に役立ちます。

 

 フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗ることで歯質が改善され、むし歯の予防に役立ちます。また、歯周病などの歯茎の病気や加齢により歯茎が弱くなってしまったような人にも、フッ素塗布は効果があります。

 

 歯の正しい磨き方指導

定期的にメンテナンスを受けて予防歯科に留意していても、毎日の歯磨きをしっかりしないと、健康な歯を保つことができなくなってしまいます。
子供の頃から行っている歯磨きも、正しい方法で行なわなくては、その効果が期待できません。正しい歯の磨き方を身につけ、歯垢や食べかすなどを取り除くことが大切です。
予防歯科では正しいブラッシングを指導してくれるので、この機会に自分の歯磨きの仕方を見直してみてはいかがでしょう。

 

 予防歯科の専門家に相談するメリットを紹介

むし歯による歯の痛みや歯周病などの不都合がないのに歯科医院へ行く。この考え方に疑問を感じる人もいるでしょう。しかし、歯科診療の在り方は、「痛みがあるので仕方なく行く」といった旧習から変わりつつあります。なぜ予防歯科へ通うのか、そしてそのメリットはなんなのかについて紹介します。

 

 むし歯や歯周病の予防に役立つ

むし歯や歯周病を放置していても、自然には治りません。歯科医院へ行き、しっかりと治療する必要があります。放置によって重篤化が進むと、むし歯や歯周病などの痛みだけでなく、治療にも相応の痛みを伴います。さらに、治療の方法によっては保険が適用されないものもあり、経済的な負担も決して少なくありません。
予防歯科に定期的に通い、むし歯や歯周病を予防することができれば、無用な痛みや経済的な負担増から逃れることができます。

 

 自分の歯や歯茎の健康状態をチェックできる

定期的に専門家の診察を仰ぐことで、自分の口の中の健康状態をチェックすることができます。常に自分の状態を知り、正しいケアを行なって行くことが、疾患の予防には重要です。

 

 歯が白く見栄えもよくなる

歯垢を取り除くメリットは、むし歯や歯周病の予防だけではありません。実際に歯垢を取り除くと、黄ばんでいた歯が白くなるなどのホワイトニング効果も期待できます。歯の白さや美しさを、健康とともに維持してください。

 

 いつでも口の中がさっぱりとしている

口の中がなんとなくネバネバするような感覚でスッキリとしないというような人でも、歯面をきれいにすることで、口の中がさっぱりしてきます。
歯垢が歯についたままでいると、衛生面での問題や頑固な歯石化など、いいことは何一つありません。

 

 歯を健康に保つために予防歯科の専門家を活用


歯医者へ通う目的は、むし歯や歯周病などの治療だけではありません。自分の歯をいつまでも使い続けるためにも、自分の歯を健康な状態に保つことは、とても大切な習慣です。
予防歯科に理解のある歯医者さんへ定期的に通い、チェックやケアを続ければ、むし歯や歯周病のリスクが少なくなってきます。歯みがきなどの日々のチェックと合わせて、利用してみることをおすすめします。

岡崎 真大 歯科医師 岡崎歯科医院 院長監修ドクターのコメント
むし歯や歯周病になりかけているグレーゾーンは、どなたにでも存在します。その患部が悪化しているのか抑えられているのかは、定期的な経過観察をしないと見極められないでしょう。もし悪化しているようなら、必要な処置を行います。一方、進行を抑えられているのであれば、これは「立派な予防ができている」ことになります。無理に治療する必要はないかもしれません。このように、「時間の経過による症状の変化」を見ることが、予防歯科の根本だと考えています。だからこそ、定期的な通院が欠かせないのです。加えて、セルフケアだけで完結せず、専門医のチェックと指導を必ず挟むようにしてください。その日、その時だけで歯科医院による歯面清掃を行っても、むし歯ができてしまっては意味がありません。
 
監修ドクター:岡崎 真大 歯科医師 岡崎歯科医院 院長



 

 むし歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編


 

 岡崎歯科医院

出典:http://okazaki-dc.jp/

電話番号 初診予約専用 050-7300-4974 / 再診・その他お問合せ 0422-26-8241
住所 東京都三鷹市下連雀3-28-1 いかりやビル3F
アクセス JR中央本線 三鷹駅 南口 徒歩3分
診療時間 【火~日】10:00~13:00/15:00~19:00
(毎月第3水曜日午後は矯正診療日となり、一般診療も行います。)
休診日 月曜日・水曜日(毎月第3水曜日午後は矯正診療日となり、一般診療も行います。)
URL http://okazaki-dc.jp/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.