1. Medical DOCTOP
  2. 予防歯科ではセルフケアともに重要なプロケアと検査

予防歯科ではセルフケアともに重要なプロケアと検査

予防歯科とは、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、悪くなる前に予防をすることによりむし歯や歯周病にならないようにすることです。
歯をできるだけ長く持たせる、一生自分の歯で食事ができるようにするためには、予防歯科が大切ですよとよく言われます。その為には、まず、かかりつけの歯科医院(歯科医師)を持つことです。
毎日セルフケアを実施し、定期健診において検査してもらいましょう。
ここでは、かかりつけ歯科医院の選び方、歯科医院の設備、口腔内検査・定期健診、プロケアとセルフケア、歯科医院の設備などについて、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修歯科医師
飯山 浩靖(いいやま歯科医院 院長)


 

かかりつけ歯科医院を選ぶポイント


今後自分自身や家族の予防歯科を実践していく上で、かかりつけ歯科医院を選定する必要があります。もちろん現在かかっている歯科医院が、予防歯科を実践していくのに適切ならば、そのまま継続することで問題ないかも知れませんが、少しでも気になることがあるのなら、改めて歯科医院を探すのも一考かと思われます。
(かかりつけ歯科医院としての)歯科医院を選ぶ場合のポイントを挙げます。
現在は、ほとんどの歯科医院が、インターネット上にホームページを公開していますので、そのホームページをじっくり閲覧して検討しましょう。

 

予防歯科も積極的に対応しているという歯科医院

予防歯科だけという歯科医院はほとんどないと思われます。インプラントが得意、矯正が得意などに加え、予防歯科にも力を入れている歯科医院が近くで見つかれば、かかりつけ歯科医院の候補になります。
小さなお子さまがおられるならば、小児歯科も予防歯科に力をいれているため候補となります。

 

候補の歯科医院での検査とカウンセリング

候補の歯科医院が見つかれば、少し費用はかかりますが、検査ということで受診してみましょう。歯石を除去してもらい、ブラッシングなどの方法を教えてもらいましょう。検査でむし歯が見つかるかもしれません。また、検査結果について丁寧な説明を心掛けている歯科医院を探すことも大切です。カウンセリングでレントゲンやCT検査の結果について、丁寧な説明、納得できる説明をしてくれるか、予防歯科を実践していく上で、どのような方針でのぞんでいるか、などを確認します。

 

最新機器の設置

歯科医院としては、レントゲンはすでに設置されていると思われますが、歯科治療の質を高めるためには、CT装置やマイクロスコープなど最新の機器が設置されていることが望まれます。マイクロスコープがあると、肉眼では発見できないむし歯が発見でき、歯を余分に削らなくてもすみます。

 

口腔内検査・定期健診

かかりつけ歯科医院の候補に、初めて受診したときや、予防歯科としてかかりつけ歯科医院へ定期健診のために通院した場合、歯と口腔内検査がなされます。

 

定期健診の必要性

歯の定期健診は少なくとも半年に1度は受けましょうと言われますが、それが必要な理由について説明します。
自分はしっかりブラッシングしているので、大丈夫と思っていても、その人のブラッシングの癖というものがあり、よく磨けていないところがあることが多いのです。そこからむし歯や歯周病になったりします。
通常、定期健診は、歯科衛生士が主に担当します。歯科衛生士は毎日人の口の中の歯や歯茎を見ていますので、異変があればすぐに気がつくものです。気になるところがあれば歯科医師に報告して、歯科医師が目視やレントゲン、マイクロスコープなどで検査することになります。初期のむし歯や歯周病がみつかるかも知れません。定期健診でむし歯や歯周病の早期発見、そして早期治療が可能となります。

 

定期健診での処置内容

口の中を目視検査するだけでは見えない部分である、歯と歯茎の状況、隠れた顎の骨の状態などを確認するめ、レントゲン検査がなされます。
歯石ができると、自分では除去することは難しいので、定期健診にて歯科衛生士に除去してもらいます。必要に応じて、歯石や磨きのこした歯垢を、超音波振動と水流が出る機器にてクリーニングします。また、磨き残しがある場合には、ブラッシング方法の指導がなされます。治療済の歯については、噛み合わせに問題が起こってないかなどの確認をし、むし歯になり難いように、健康保険適用外となりますが、フッ素塗布が検討されます。

 

予防歯科の両輪プロケアとセルフケア

プロケア(プロフェッショナルケア)とは、歯科衛生士などによる歯磨きの指導や予防処理のことをいいます。そして、セルフケアとは、歯科医師や歯科衛生士から受けた指導を、実際に自分で行うことです。
ここでは、セルフケアについて説明します。

 

予防歯科への意識

歯医者へは歯が痛くなってから行くというのではなく、自分の歯は自分で守るという意識を持つことが大切です。その為には、すくなくとも半年ごとの通院を欠かさないようにしましょう。そして、歯科衛生士から受けた指導を守り実行するようにしましよう。

 

毎日のブラッシング

磨き残しがないように、少なくとも日に一度はしっかりブラッシングしましょう。お風呂に入ったときに暖まりながらしっかり歯磨きするのもお薦めです。すくなくとも2~3日に一度は、デンタルフロスか歯間ブラシを使用して、歯と歯の間の歯垢(プラーク)や汚れをとるようにしましょう。

 

寝る前のケア

歯磨きするとともに、デンタルリンスでブクブクするようにしましょう。歯周病予防にも効果的です。
また、アルコールを飲んだ日や甘いものを食したときは、必ず歯磨きとデンタルリンスをしましょう。歯磨きせずに寝てしまった翌朝は、しっかり歯磨きするようにします。
 

 

歯科医院の最新設備

昨今、歯科用機器も格段に進歩しています。最新の機器を使用すると治療方法自体も変わってきています。それらの機器をご紹介します。

 

歯科用CTとガスクロマトグラフィー

歯科用CTの被ばく量は、医科用CTの1/8~1/50と低水準で、安心できます。必要な部分の3D撮影が可能な歯科用CTが広く設置されてきています。CTによる診断が治療も変えつつあります。ガスクロマトグラフィーは口臭検査用機器です。歯周病の検査としても使用されます。匂いの有無だけでなく、原因や量まで明確に数字で確認できます。予防検査の一環でも使用されます。

 

培養器とマイクロスコープ

培養器は唾液の検査で、採取した菌を培養する装置です。培養することにより、見えない菌を確認できるようになります。むし歯菌の有無と量と質が確認できますので、むし歯になりやすいかどうか判断できます。マイクロスコープは、口内を肉眼で見るより約30倍に拡大してみることができます。いままで見えなかったという歯の根っこのなかも確実に目視しながら治療することが可能となってきています。

 

サージカルルーペとハイパワーの医療用レーザー

サージカルルーペは口内を肉眼で見るより2.5~10倍2~7倍の倍率で見ることができるルーペです。定期健診における歯石除去にも使用されるようになってきました。ハイパワーの医療用レーザーは、フッ素塗布と兼用すると歯の質が強化されます。殺菌効果と免疫力も向上するため、歯周病の治療にも使用されます。歯周病は感染症です。歯石を取り除き、殺菌することが可能です。
 
 
 

 

健康な歯は一生の宝


お口のなかの健康は自分の宝ものといえます。自分の歯が多く残っていると食事も美味しく食べられます。ひいては健康寿命も延びる可能性は高いと思われます。毎日しっかり歯磨きすることは毎日貯金をしているともいえます。
詰めものをした場合や、歯列矯正した場合は、むし歯や歯周病にかかりやすくなるといわれています。ますます予防歯科が大切です。

飯山 浩靖 歯科医師 いいやま歯科医院 院長監修ドクターのコメント
現在、平均寿命は日々延びている状態ですが、それに伴う歯牙寿命は追いついておらず、多くの方が食事をするなどで不便な状態となっています。
そのため歯を治すという観点から、予防歯科の「歯を悪くしない」「歯を守る」ということにシフトしてきており、素晴らしい結果を残しています。しかし、これには必ず検査を行うことが必要です。歯科医院に行って歯石をとれば大丈夫という予防歯科では、歯が想定よりも持たないことも分かってきています。
以前の8020運動という考えから、現在ではkeep 28という、歯を一本も悪くしないという考えが欧米でも主流となっています。
この機会に、もう歯を悪くしないという考えに替えていきましょう監修ドクター:飯山 浩靖 歯科医師 いいやま歯科医院 院長



 

予防歯科でおすすめの歯医者さん 関東編


 

いいやま歯科医院

出典:http://www.tatsumi-dental-clinic.com/

電話番号 048-932-7777
住所 埼玉県草加市八幡町765-2
アクセス 東武スカイツリーライン 新田駅 徒歩15分
診療時間 【月〜日】9:30~13:30/15:00~19:00
休診日 木曜日・祝日
URL http://www.iiyama-dc.com/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.