1. Medical DOCTOP
  2. 最近歯並びが悪くなったのはなぜ?

最近歯並びが悪くなったのはなぜ?

こんにちは、東急田園都市線たまプラーザの日本歯周病学会認定歯周病専門医が在籍する歯医者「美しの森デンタルクリニック」院長の村野嘉則と申します。
最近では、ひと昔前と比べると『口元がきになる』、とくに歯並びを気にされて来院される患者様が増えているように思います。
以前は、小学生や中学生からはじめる歯列矯正が一般的でしたが、現在では大人になってから行う成人矯正を希望される方も増加しています。芸能人の方でも、以前は歯を削りセラミックを入れて歯並びを矯正する方法が歯に対し大きなダメージを与えますが、短期間で改善されるメリットから多く選ばれていた傾向にありました。しかし、最近は矯正器具をつけている芸能人の方もテレビでよく見かけるようになりました。口元を綺麗にするという、社会の意識も少しずつ変わって行くのだなと感じられる例だと思います。
さて、これから矯正をお考えの方や以前矯正された方も、または矯正はしていないけれど以前は綺麗に並んでいた歯が最近『ガタガタ』して見た目が悪くなったという方はいらっしゃらないでしょうか?昔と比べ歯並びが変わってしまうことが、実は歯周病が原因で起きている可能性があるのです。今回は歯周病歯並びの関係についてご説明しようと思います。


 

 【大人になってから歯並びが悪くなる原因】


 

歯周病

日本では成人の約8割が歯周病に罹っているといわれています。歯周病は歯の周りの組織が炎症を起こしてしまう病気で、進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)が炎症により溶けてしまい、歯がグラグラと揺れる状態になってしまいます。この状態で治療せずに放置すると、歯軋りなどの癖や多くの要因が関連して、少しずつ歯が元の位置から動き出して、歯並びが悪くなってしまいます。これを「病的歯牙移動」といい、多くの場合は奥歯が動揺により傾いたりすることで、前歯に負担がかかり前歯が「すきっ歯」や「出っ歯」になってしまう事が多いようです。

 

歯が抜けたまま放置していた

虫歯などでどうしても歯を残す事が難しく、抜歯となり歯を失う事もあります。その後、しっかりと治療して失った部分を補う機能回復処置を行っていれば問題はありません。しかし、何もせず放置していると歯がなくなった部分に隣の歯や、噛み合う歯などが移動してしまうことで噛み合わせのバランスが崩れ歯並びに影響する事があります。歯並びが悪くなる事で歯周病になりやすい環境となる為、注意が必要です。この様な状態に歯周病が併発すると病的歯牙移動を起こしやすくなりますので、歯を失ったらしっかりと最後まで治療を受ける事が重要です。

 

歯の治療の途中で中断して放置していた

歯が抜けたまま放置していた場合と同様に虫歯などの治療で小さな詰め物が取れたままにしたり、仮の詰め物のまま放置した場合でも、少しずつ歯の移動は起きる可能性があります。例えば、奥歯の歯の間の詰め物が取れたままにしていた場合、取れた部分に隣の歯が倒れこむ事で、かみ合わせのバランスが崩れて歯並びに悪影響を及ぼすと考えられます。

 

親知らず

顎のスペースに余裕があり、しっかりと上下の親知らずが生え、噛み合った状態であればそれほど問題になることは少ないかも知れません。しかし、親知らずがあることによってブラッシングがうまくできず歯周病や虫歯になりやすくなる事があります。また、親知らずが生えて来るための顎のスペースが不足すると、斜めに手前の歯を押すように生えて来たり、歯茎の中に横に倒れて埋まったままだったりする事があります。このような場合、手前の歯が移動して前歯の方まで歯並びが悪くなる事があります。そして、歯並びが悪くなれば歯周病を発症しやすくなってしまいます。

 

生理的な移動

人間の歯は正常な状態でも少しずつ手前に倒れこむような力がかかっているため、年齢と共に少しずつ歯並びが変化してしまいます。これを「生理的歯牙移動」と言います。お口の健康に問題ないのに、歯並びが気になって来た場合はこれが原因かもしれません。

 

 【歯並びが悪くならないためにはどうする?】

矯正治療を受けた方の場合は治療後の後戻りを防ぐための装置をしっかり使い、定期検診にしっかりと通う事が大切でしょう。そして、歯周病や歯の欠損治療などが生じた場合はしっかりと治療を受ける事が大切です。
すでに歯並びが悪くなってしまった場合、まずはその原因をしっかりと診査診断し、歯周病などが原因であれば的確な治療を受ける事が大切です。そして、歯並びが悪いままでは再び問題が起こりやすくなってしまうので、矯正治療を行い歯並びを整えてあげる事が理想的です。

 

 【まとめ】

最初に述べたとおり、近年成人に対して行う矯正治療が増えてきています。成人の場合、若い頃よりも歯並びが悪くなってしまった原因は色々とありますが、その多くは歯周病が関連している事が多いと感じております。
成人の矯正治療は歯周病がコントロールされていないと行う事ができません。歯周病の治療を受けずに感染(プラークや歯石)を残したままで歯の移動を行うと、歯を支えている骨の喪失や歯の脱落を招く恐れがあるためです。成人に対すり矯正治療を検討されている方は、安全に矯正治療を行うために歯周病を熟知した日本歯周病学会専門医が在籍する歯科医院を受診し歯周病についてしっかりと調べ、必要であれば治療することをお勧め致します。

© Medical DOC.