1. Medical DOCTOP
  2. 痛くないけど黒い歯は虫歯?その原因と治療の必要性

痛くないけど黒い歯は虫歯?その原因と治療の必要性

鏡を見ていて、自分の歯が黒くなっていることに気が付いたことはありませんか?黒い歯=虫歯と思ってしまいがちですが、特に痛みがない場合、原因は虫歯だけとは限りません。虫歯以外の原因が歯を黒くしている場合もあるのです。一例としては食べ物や歯垢などが挙げられます。痛みがないけれど黒くなった歯は必ず歯科医院を受診しなければならないのか、既に黒く着色してしまった歯を白くする方法はないのかという疑問についても説明していきます。痛くないけど黒い歯は虫歯?その原因と治療の必要性について、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
木村 博光 歯科医師 市ヶ谷歯科クリニック 院長


 

 歯が黒くなる原因

鏡でふと自分の歯を見たとき、痛みがないのに黒くなっている部分があると、誰でも驚くと思います。まず考えられるのは虫歯の可能性でしょう。ただし、他にも歯を黒くしてしまう原因があります。虫歯だけとは限らない、その原因について説明していきます。


 

虫歯の可能性

歯が黒くなる原因として最も多いのは虫歯です。初期の虫歯には痛みがありませんので、気づかないことがあります。初期虫歯が慢性化して黒く見えている場合や、歯の表面に開いた小さな穴の奥で虫歯が発症している場合もあります。


 

服用薬が原因

歯牙の安定した発育を目的とした薬剤の一部には、その副作用として、歯の変色が伴います。子どものころ、永久歯の発生時期などに処方される場合があります。


 

歯石が原因

歯石は虫歯菌の塊であるプラーク(歯垢)が硬くなったもので、通常は白っぽい色をしています。しかし、歯肉より下に歯石ができると黒い歯石になることがあります。通常なら歯茎の周辺に付着しているはずの歯石が歯の表面に付着し、さらに出血しているとしたら、歯周病がかなり進行した状態と考えられます。早急に歯科医院で治療を受けることが必要です。


 

着色汚れが原因

歯が黒というより茶色くなった場合は、タバコやコーヒー、ワイン、紅茶などの色が付きやすい食品による着色汚れの可能性があります。歯と歯の間や噛みあわせ部分の溝などに付着することが多いようです。放置しておいても健康上の問題はありませんが、見た目が気になる人は、歯科医院でクリーニングやホワイトニングを受けると良いでしょう。


 

その他の原因

歯の神経が死んでいると、血液や水分が歯に供給されなくなり、枯れ木のように黒ずんでくることがあります。また、虫歯治療で過去に被せた銀歯や詰め物が劣化することでも歯が黒ずんで見えます。治療に用いられる銀歯は金銀パラジウム合金という金属を含み、これが経年とともにイオンとなって溶けだして歯や歯茎を黒く着色してしまうのです。


 

 痛みのない虫歯の治療の必要性

むし歯が歯を黒くするとはいえ、痛みがないなら治療を受ける必要はないのでしょうか。痛みがない虫歯であれば、日常生活に支障がないように感じます。しかし、場合によっては歯以外の体の部位にまで悪影響を与えてしまう可能性があります。ここでは痛みのない虫歯でも治療を受けるべきなのか、その必要性について説明していきます。


 

痛みのない初期虫歯の場合

歯の表面のエナメル質が虫歯になりかけている場合、痛みはありません。そのまま放置して虫歯がエナメル質の下まで進行してしまうと痛みを感じることがあります。小さな初期の虫歯であれば、患部を削らなくても、フッ素塗布やブラッシングで悪化を防ぎながら経過観察で済む場合があります。しかし、歯の内部まで進行している場合もありますので、自己判断はせずに歯科医院で診断を受けるようにしましょう。


 

虫歯を放置して痛みがなくなった場合

虫歯が神経に達していないと、あまり痛みを感じないでしょう。一方、以前は痛みを感じていたのに感じなくなったという場合は、神経が虫歯菌に蝕まれて死んでいるのかもしれません。これを放置しておくと虫歯菌が血液に入り込み、細菌毒素や免疫系を介した炎症物質により、歯と完全に離れた全身に病気(二次疾患)を生じさせることがあります。また、顎の骨に膿が溜まる、歯茎がはれ上がるといった、食事に悪影響を与えることも考えられます。早期に歯科医院で治療を受けましょう。


 

 歯を白く見せる方法

誰もが歯を白く保ちたいと思うものです。虫歯を発症したら、適切な治療を受けることはもちろんのこと、歯を黒くしてしまう原因を取り除き、予防に取り組むことが不可欠です。それでは、既に黒くなってしまっている歯を白くする方法はないのでしょうか。ここでは、既に黒くなってしまった歯や黄ばんでしまっている歯を白く見せる方法についてご紹介していきます。


 

セラミックの差し歯や被せ物を使用

神経が死んでいることで黒く見えてしまう歯や、被せ物に使用している銀歯の代替品として有効なのが、セラミックの差し歯や被せ物です。セラミックはその名の通り陶器製で表面がつるつるしているため汚れがつきにくく、変色する心配があまりありません。自分の歯の色に合わせてつくることができるので、自然な仕上りの白い歯にすることができます。金属性とは異なり、経年によって金属が溶け出す心配がありませんので、長年つけていても歯茎や歯を黒くしてしまうこともありません。ただし、金属冠の表面をセラミックで覆っているタイプの被せ物もあります。この場合、土台の金属が露出してくると、その部分のみ変色するかもしれません。詳しくは、歯科医師に相談してみてください。


 

 黒くなっている歯に気付いたら歯科医院を受診

痛くないけど黒くなっている歯は、着色しやすい食べ物などによる着色汚れのように、歯科医院で治療を必要としない場合も存在します。しかし、虫歯は元より、黒くなった歯石の付着、歯の神経が死んでいる、銀歯の経年劣化など、その多くが、歯科医院の診断を必要とする症状です。場合によっては、歯以外の体の部位に重大な悪影響を及ぼすこともあります。

歯は黒くなっているけれど、生活に支障が出るほど痛まないし、慌てて歯医者に行かなくても良いのでは。もしそうお考えなら、発想を改め、必ず歯科医師の診断を受けるようにしましょう。自分の歯を長く保つことにも、自分自身の健康にもつながります。既に歯が黒くなってしまった人でも、歯科医院へ行けば、歯を白く見せる施術が受けられます。健康な歯を保つことも大切ですが、笑顔に自信の持てる白い歯で心の健康を取り戻してはいかがですか。

木村 博光 歯科医師 市ヶ谷歯科クリニック 院長監修ドクターのコメント
記事では歯の変色について触れていますが、思い当たることや変色以外のお悩みがあるときは、歯科医院で診断を受けましょう。意外と簡単に治るケースもあります。もっとも怖いのは、勝手な判断による誤った対処法です。かえって、症状を悪化させてしまう可能性もあります。まずは歯科医院で正しい情報を得てください。そのうえで治療をするかどうかはみなさんが決められるものの、情報が正しいかどうかは専門家でないと決められないでしょう。私たちの知見を有効にご活用ください。
 
監修ドクター:木村 博光 歯科医師 市ヶ谷歯科クリニック 院長



 

 痛くない虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編


 

市ヶ谷歯科クリニック

出典:http://ichigaya-dc.com/

電話番号 03-3239-5055
住所 東京都千代田区九段南4-8-27 重盛ビル3F
アクセス JR総武線 市ヶ谷駅 徒歩2分
都営新宿線 市ヶ谷駅 徒歩1分

診療時間 【平日】9:30~20:00
【土曜】9:30~17:00
休診日 日曜日・祝日・年末年始
URL http://ichigaya-dc.com/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.