1. Medical DOCTOP
  2. インプラントの欠点を克服!「OAMインプラント」を解説

インプラントの欠点を克服!「OAMインプラント」を解説

失われてしまった歯を補うための方法としてさまざまな優れた特徴を持つことから近年ますます耳にする機会が増えてきているインプラントですが、施術には外科的処置による身体的な負担が必要となることがネックとなり、インプラントによる補綴(欠損歯を補う治療)に対して抵抗感を感じる人も少なくないようです。
ところが近年このようなインプラントの欠点が解消された、インプラント埋入による身体的負担が従来のものと比較して圧倒的に軽減するインプラント技法が開発され注目をあつめています。
今回は、埋入による身体的負担が軽減された画期的なインプラント技法である、OAMインプラントについてMedical DOC編集部がご紹介いたします。
この記事の監修ドクター:
船木 弘 歯科医師 日比谷歯科 院長


 

 歯科用インプラントの基礎知識

歯科インプラントにおける画期的な新技法であるOAMインプラントについてご紹介する前に、まずはしっかりと歯科用インプラントの基礎知識について確認してきましょう。

 

歯科用インプラントの概要

歯が欠損してしまった箇所のあごの骨にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯を装着することで補綴をおこなう歯科インプラント。
まずは補綴治療のあゆみを紐解きながら、インプラントの特徴などについて学んでまいりたいと思います。

補綴治療のあゆみ

古くから人類は失われてしまった歯を補うためにさまざまな方法によって義歯による補綴をおこなってきた歴史があります。
その歴史は非常に長く、古くは紀元前にはすでに世界各地で義歯による補綴がおこなわれていたと考えられており、このことからも歯の欠損は人間にとって今も昔も変わらない一貫した悩みのタネであることがうかがえます。
近代にはいると歯の欠損を補うための治療方法として、床(しょう)と義歯が一体となった装具を装着することで歯の欠損箇所を補う「入れ歯」や、残存した歯根に義歯を被せるタイプの「差し歯」に加えて、欠損箇所の両隣の歯を支えとして義歯を固定する「ブリッジ」などの補綴治療がおこなわれるようになりました。
これらの治療方法にはそれぞれ克服しえない欠点はあるものの、補綴という目的においては有効であることから現代でも一般的におこなわれ続けている治療方法となりました。

実は長い歴史を持つインプラントによる補綴

多種多様な補綴治療技術と同様に、実はインプラントも長い歴史を持っています。
ヨーロッパで発掘された紀元3世紀頃の人骨からは鉄で造られたインプラントが発見されており、中南米でも紀元7世紀頃の人骨から貝によって造られたインプラントが発見されています。
さらにその後の歴史の中で、金・エメラルド・サファイア・アルミニウムなど多種多様な素材によってインプラントによる補綴がおこなわれてきましたが、そのいずれも長期的な補綴効果を求められるものでは無く、現代のように広く普及するまでには至りませんでした。
しかし、1952年のスウェーデン人学者の発見によってインプラント技術に大きな革新がもたらされるのです。

現代のインプラントの礎となった「チタン」の特性

時は1952年。
スウェーデン人学者、ブローネマルク教授は実験中に偶然にもチタンが骨と結合する現象を発見しました。
さらにその後の研究によって、生体におけるチタンの無害性や生きている骨との強力な結合性が確認され、これを「オッセオインテグレーション」と名付けて人体への臨床に用いられることとなりました。
その後のさらなる研究を経て、1965年には現代のインプラントの礎となるスクリュー型のチタン製インプラントが使用されるようになり、オッセオインテグレーションによる自然歯にも引けを取らない優れた安定性などが話題となり現在に至るチタン製インプラントの普及がもたらされたのです。

 

インプラント埋入によるデメリット

チタンが持つ特性によって非常に優れた補綴効果を持つインプラントですが、人工歯の土台となる歯槽骨にチタンを強力に結合させるため主にスクリューのような形状をしているインプラント体を歯槽骨に埋入する必要があります。
したがって、埋入箇所の歯肉の切開やドリルによる歯槽骨の掘削などの身体的負担をともなう外科処置が求められるという難点があります。
さらに、埋入箇所の歯槽骨の骨量が十分でない場合にはインプラントを埋入することが出来ないため、インプラントによる補綴自体をあきらめざるを得ないという欠点もあります。

 

 従来までの欠点を克服した「OAMインプラント」

このようなインプラントの歴史の中で、近年日本人歯科医師である大口弘医学博士が長年の独自研究によって開発された「OAMインプラント」という新技術が開発されました。
このOAMインプラントは、インプラント先進国アメリカにおいてその安全性や独自性が認められ、すでに米国国際特許を取得していることからもその高い安全性や注目度をうかがうことができます。
OAMインプラントの高い注目度の理由として、歯槽骨を削ることなくインプラントの埋入をおこなうという従来までのインプラントの常識を覆す大きな特徴が挙げられます。
ここからは、画期的な新技術であるOAMインプラントの優れた特徴についてご紹介します。

 

特徴① 骨を削らず身体への負担が少ない

インプラント体を埋入するために歯肉を切開し歯槽骨をドリルで掘削する必要があった従来までのインプラント埋入とは異なり、OAMインプラントでは埋入箇所の歯槽骨に針程度の小さな穴を開け、その穴を針で少しづつ拡張しインプラント体を埋入します。
骨を削る量が少ないので施術時の身体的負担も大きく軽減されることに加えて、施術後の痛みや腫れ、出血などもほとんどありません。

 

特徴② 手術回数・治癒時間の大幅な削減

従来までの骨を削って埋入するインプラントでは3~4回程度の手術が必要ですが、OAMインプラントではほとんどの場合手術が1回で済むという特徴もあります。
さらに従来の技法とは異なり、歯肉の切開や骨の掘削が従来の方法より少ないため治療箇所の治癒時間も大幅に軽減されます。

 

特徴③ 歯槽骨が細くても施術可能

従来までのインプラントでは、埋入箇所の歯槽骨の状態が悪い場合には埋入を断念するか、骨移植などの大掛かりな外科処置をおこなう必要がありました。
しかしOAMインプラントでは、針の穴を穿つ程度の歯槽骨があれば埋入可能であるため、従来のインプラントの埋入が困難であった方でもおおむね埋入することが可能となりました。
OAMインプラントでは歯槽骨に針で開けられた穴を徐々に押し広げるため骨密度が上がり、痩せて骨密度も弱くなった骨でもしっかりと硬くなりインプラント体を支えることが出来るようになります。

 

OAMインプラント手術の流れ

① 手術前準備

従来までのインプラント手術と同様に、歯科用レントゲンなどを使用しておこなわれる事前の診断やそれに基づいておこなわれるカウンセリングなどによって、手術を受ける患者にとって最善の治療をおこなうための手術前準備がおこなわれます。

② 1次手術

実際の手術は以下の様な流れで執り行われます。

  1. インプラント体を埋入する箇所の歯槽骨に、直径0.5mm程度の起始点と呼ばれるポイントを穿つ
  2. 起始点に直径0.5mm程度の極細の針を挿入し、インプラント体の埋入に必要な長さの穴を開ける
  3. 2で開けた穴にオーギュメーターと呼ばれる器具を挿入し、0,2mmづつ徐々に拡張してゆく
  4. インプラント体を埋入する

ドリルによって歯槽骨を掘削する従来までの手術と比較して、身体への負荷が非常に少ないことが上記の流れからもわかります。

③ 2次手術

インプラント体と歯槽骨との結合を結合を待ち(数カ月程度)、結合が確認されたのちに歯の土台となるパーツをインプラント体に装着します。

④ 被せ物の設置

噛み合わせを入念に確認しながら新しい歯となる被せ物を装着します。
これにて施術は完了となりますが、インプラントの状態といつまでも良好に保つためにも定期的なメンテナンスを受けるよう心がけましょう。

 

OAMインプラントのデメリットについて

ここまでの解説によって、OAMインプラントは従来のインプラントの欠点を克服する大変優れた技法であることがおわかりいただけたかと思います。
しかしながら、良い面ばかりを取り上げるだけではOAMインプラントについて正しく学ぶためには片手落ちであると言えるでしょう。
そこでOAMインプラントのデメリットについてご紹介しようと思うのですが、実際のところOAMインプラントには憂慮すべき欠点がほとんど存在していない、といっても過言ではない程に優れた技法なのです。
強いて難点を挙げるとすれば、

  • 骨に空けた穴を拡張するための時間を要する
  • 埋入箇所の骨が過多すぎる場合は施術をおこなえない
  • 手術にあたって専門的な知識と技術を要するため、取扱い歯科医院がまだ少ない

というポイントを挙げることができますが、OAMインプラントの優れた特徴を考慮するとこれらは決定的な欠点とは成り得ないと言えるでしょう。
また、画期的な新技術であるため治療費負担が気になる方も多いことかと思われますが、OAMインプラント技法による手術は回数が少ないため結果的に従来のインプラントよりもリーズナブルであるケースが多いようなので、治療費負担についてもデメリットとは成り得ないと言えるでしょう。

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、画期的なインプラント技法であるOAMインプラントについてご紹介いたしました。
削る量が少なくて済むOAMインプラントは、従来までのインプラントに必要な外科処置に対する抵抗感からインプラントによる補綴をためらっていた方にとって最善の技法であると言えるでしょう。
また、インプラントによる補綴はしたいが、歯槽骨の状態が良くないため断念していた方にとっての光明となり得るでしょう。
太古の昔から続く人類の悩みのタネである欠損歯のお悩みを、現代が誇るべき最先端のOAMインプラントによって解決してみてはいかがでしょうか?

船木 弘 歯科医師 日比谷歯科 院長監修ドクターのコメント
・OAMインプラントのみならず患者様ごとに合った治療方法があります。
治療の選択肢やオプションが多数あること、メリットもデメリットもきちんと説明してくれ、的確な治療方針を決められる医院を選んでいただきたいと思います。
また、CT、手術室など専用の治療室・設備が整っている病院であることも重要です。
当院では、治療期間、費用などについて疑問をお持ちの方にもカウンセリングでご説明しております。もちろん無理に治療を進めることもございません。患者さんのことを本気で考え、まるで自分の歯を治療するように接する。医師として当たり前のことだと考えていますので一度お気軽に足をお運びください。
 
監修ドクター:船木 弘 歯科医師 日比谷歯科 院長



 

 インプラントでおすすめの歯医者さん 関東編


 

日比谷歯科医院

電話番号 03-3880-8148
住所 東京都足立区中央本町5-7-17 セントラル商事ビル
アクセス 東武スカイツリーライン 梅島駅 徒歩10分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~20:00
【土曜】10:00~13:00/14:30~18:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週は水曜も診療しています。
URL http://www.hibiyashika.com/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.