1. Medical DOCTOP
  2. 【NEWS】11億人の喫煙が26億人へ影響、多くの国で規制義務守られず(医師コメント募集中)

【NEWS】11億人の喫煙が26億人へ影響、多くの国で規制義務守られず(医師コメント募集中)

WHO(世界保健機関)は、各国が取り組む包括的なたばこ規制のための対策パッケージ「MPOWER」の分析結果を元に、「多くの国で、適切なたばこ規制政策がなされていない」と発表した。
たばこ規制に関する国際的な取り決め「WHO FCTC(たばこ規制枠組条約)」は、2003年のWHO第56回総会にて採択され、2009年の段階で168カ国が調印している。同条約の締約国には、たばこ規制対策を実施する法的義務が課せられている。「MPOWER」は、そのガイドラインともいえる対策パッケージだ。
しかし、WHOの報告書によると、たばこ規制政策を適切に実行していない国が依然として多いとのこと。その結果、約26億人が「たばこの被害にさらされている」と警鐘を鳴らしている。
「MPOWER」は、同条約の締約国である日本国内においても、広告の表記内容や公共の場での受動喫煙防止などの取り組みに反映されている。しかし、世界基準からすると、まだまだ不十分とする声が大きい。
現在、世界の喫煙者は推定で合計11億人。テドロス・アダノム世界保健機関局長は、「自身の健康のために誰もが実行できる最善策のひとつ」と、禁煙を呼びかけている。

目次 -INDEX-


 

医師のコメント

  • 山口 征大(総合診療内科医)

平均寿命が延びることはもちろん重要ですが、健康寿命が長いこともより一層重要なテーマとなります。例えば脳梗塞を発症すると、救命が出来て寿命を伸ばせたとしても、その後の生活に支障をきたすこととなります。つまり脳梗塞などにならない予防が必要です。脳梗塞の原因に脂質異常症や高血圧症などによる動脈硬化があげられます。平均寿命が伸びている現代社会においてこのような生活習慣病の予防を行い健康寿命を延ばしていくという健康意識が必要です。

  • 田嶋 美裕(内科医)

日本人の平均寿命は、世界的にみても非常に長いです。最近は75歳を過ぎても、元気に仕事や地域の活動に参加している方も多く、健康寿命も伸びているのだと思います。終末期の医療をどこまで行うか(胃ろうや人工呼吸器など)についても、皆が真剣に考えるべき時かと思います。

  • 藤野 智哉(精神科医)

医療の進歩で平均寿命が伸びることは素晴らしいことでありますが出生率は延びず高齢化率が高まり続けています。また健康寿命と実際の寿命の差が表すように長生きはしても自身の思い通り動けず寝たきりで入院や施設に入ったままの方もいる現実があります。そうしたことから健康寿命を延ばしていくことが目下の課題であると考えられます。

  • 武井 智昭(小児科医・内科医)

今後は、日本では癌の治療も進歩していくことが予想されるため、平均寿命は引き続き延びて100歳くらいまで上昇することは予測されます。

記事にもあるように平均寿命と健康寿命の差が今は大きな問題となっています。長く生き続けても寝たきりであったり、認知症になってしまったりと自力で社会生活を送れなくなる人が増えると、本人だけでなく家族や社会への負担が増えてしまいます。これらを防ぐためにはやはり健康な内、動ける内からの運動習慣を身に付けることが大切です。

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.