1. Medical DOCTOP
  2. 【NEWS】 外国人の医療費未払い「一度もない」が約9割、厚労省調査と隔たり(医師コメント募集中)

【NEWS】 外国人の医療費未払い「一度もない」が約9割、厚労省調査と隔たり(医師コメント募集中)

外国人向けメディアを運営する株式会社YOLO JAPAN(本社・東京)は、在留外国人529人を対象として、「日本の医療サポートに関する調査」をおこなった。その中の「医療費の未払いしたことがあるか」という設問に対しては、「一度もない」という回答が最も多く461人(87.1%)、次いで「あるが完済した」が51人(9.6%)、「今でも未払いを抱えている」が17人(3.2%)という結果になった。
また、「病院で困ったことは何か」という設問に対しては、「日本語が話せない/外国語対応できる人がいない」との回答が264人(49.9%)とほぼ半数を占め、「何か科に行けばいいかわからない(156人・29.4%)」「待ち時間が長い(137人・25.9%)」などの回答を上回った。
一方、厚労省は今年の3月、「日本を訪れている外国人患者を受け入れた病院の約2割が、医療費の未払いを経験している」と発表。その未払い総額が9300万円に上ることを明らかにした。患者側への意識調査と医療従事者側への聞き取りで、両者の数値に隔たりが生じている。ちなみに、日本人を含めた国内全体での医療費未入件数割合は0.7%(H20厚労省調べ)となっている。
YOLO JAPANが実施したアンケート期間は2019年4月16日から2019年5月31日まで。回答者数は75カ国529人。

目次 -INDEX-


 

医師のコメント

  • 山口 征大(総合診療内科医)

平均寿命が延びることはもちろん重要ですが、健康寿命が長いこともより一層重要なテーマとなります。例えば脳梗塞を発症すると、救命が出来て寿命を伸ばせたとしても、その後の生活に支障をきたすこととなります。つまり脳梗塞などにならない予防が必要です。脳梗塞の原因に脂質異常症や高血圧症などによる動脈硬化があげられます。平均寿命が伸びている現代社会においてこのような生活習慣病の予防を行い健康寿命を延ばしていくという健康意識が必要です。

  • 田嶋 美裕(内科医)

日本人の平均寿命は、世界的にみても非常に長いです。最近は75歳を過ぎても、元気に仕事や地域の活動に参加している方も多く、健康寿命も伸びているのだと思います。終末期の医療をどこまで行うか(胃ろうや人工呼吸器など)についても、皆が真剣に考えるべき時かと思います。

  • 藤野 智哉(精神科医)

医療の進歩で平均寿命が伸びることは素晴らしいことでありますが出生率は延びず高齢化率が高まり続けています。また健康寿命と実際の寿命の差が表すように長生きはしても自身の思い通り動けず寝たきりで入院や施設に入ったままの方もいる現実があります。そうしたことから健康寿命を延ばしていくことが目下の課題であると考えられます。

  • 武井 智昭(小児科医・内科医)

今後は、日本では癌の治療も進歩していくことが予想されるため、平均寿命は引き続き延びて100歳くらいまで上昇することは予測されます。

記事にもあるように平均寿命と健康寿命の差が今は大きな問題となっています。長く生き続けても寝たきりであったり、認知症になってしまったりと自力で社会生活を送れなくなる人が増えると、本人だけでなく家族や社会への負担が増えてしまいます。これらを防ぐためにはやはり健康な内、動ける内からの運動習慣を身に付けることが大切です。

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.