1. Medical DOCTOP
  2. 【NEWS】白血病治療 「液体のり」が救世主!?(医師コメント3件)

【NEWS】白血病治療 「液体のり」が救世主!?(医師コメント3件)

白血病治療で必要となる細胞を液体のりの主成分を使うことによって大量に培養することに成功したことを5月30日、英科学誌ネイチャーの論文にて東京大と米スタンフォード大などのチームが公表した。

実験の対象となる造血幹細胞は、これまで高価な培養液を使っても増やすことが難しいとされていた。チームは培養液の成分などを徹底的に調べ、ポリビニルアルコール(PVA)という成分を使うと細胞を数百倍にできたことを確認。このPVAは液体のりの主成分であり、市販の液体のりで培養できることも確認したとのこと。また、この成果は別の幹細胞の培養にも応用し、再生医療や基礎研究の貢献につながる可能性もあるという。

目次 -INDEX-


 

医師のコメント

  • 武井 智昭(小児科・内科医)

白血病の治療のうち、骨髄移植は現在でも抗がん剤大量投与による副作用、移植後の拒絶反応などもあり、時には生命にかかわることもあります。のりという日常生活に使用する文具品から細胞培養ができることは画期的であり、今後は白血病の治療に大きく改善が期待されると考えられます。

  • 田嶋 美裕(内科医)

液体のりの成分を細胞培養に使うという発想が、素晴らしいです。既成概念にとらわれていると、このような発見はできないと思います。この研究成果により、白血病の治療が進歩することを期待しています。

  • 山崎 ゆか(麻酔科医)

いつでも研究室にあるようなものに着目したことは面白いと思いました。こういう発想の転換が素晴らしいものにつながるのでしょうね。ノリ?と思いつつ、細胞さんもくっつくことで、細胞同士連絡しあって、何かを起こし、伝達しあう、ということを考えると不思議ではないのかしらと、感じました。

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.