1. Medical DOCTOP
  2. 矯正歯科医の知識と技術があれば、マウスピース型矯正の成果はさらに高められる【HANA Intelligence歯科・矯正歯科】

矯正歯科医の知識と技術があれば、マウスピース型矯正の成果はさらに高められる【HANA Intelligence歯科・矯正歯科】

HANA Intelligence歯科・矯正歯科
HANA Intelligence歯科・矯正歯科

歯並びが気になってはいるが、矯正治療を躊躇している人は多い。決して安くはない費用がかかり、治療中は歯に装置を着け続けなければならない。ただその中で、現在は外見的にほとんど目立たない「マウスピース型矯正」というものも開発されている。治療中の見た目の問題は大きく改善されつつあるといえよう。インビザラインをはじめとするマウスピース型の矯正装置の可能性、そして従来のワイヤー矯正との違いを、「HANA Intelligence歯科・矯正歯科」の竹内先生に伺った。

Doctor’s Profile
竹内 優斗
HANA Intelligence歯科・矯正歯科 歯科医師

滝川高等学校卒、大阪大学歯学部入学。同大学卒業後、大阪大学歯学部付属病院矯正科にて勤務。その後、専門とする矯正歯科だけでなく一般診療も取り入れる歯科医師として、「医療法人UDC」の理事に就任、「HANA Intelligence歯科・矯正歯科」勤務。従来タイプのワイヤー矯正だけでなく、iTeroを導入した正確でスピーディなインビザライン治療をはじめとしたマウスピース型矯正にも力を注ぐ。

歴史あるワイヤー矯正への信頼度はまだまだ高い

患者さんから受ける歯並びの相談として多いのは、どんな悩みですか?

受け口、出っ歯、ガタガタの歯列など、見た目に関することについてのご相談が多いですね。ただ最近は、歯並びの乱れが全身にいろんな影響を及ぼすということも少しずつ知られるようになってきて、そのことを心配されていらっしゃる患者さんも増えてきました。

歴史あるワイヤー矯正への信頼度はまだまだ高い

そういったお悩みに対して、どんな提案をされますか?

矯正治療にも種類がありますから、それぞれをフラットな目線で見て、プロとしてのアドバイスをします。その上で、患者さんと相談しながら矯正装置を選択していきます。当たり前のことではありますが、矯正治療の選択肢が揃っていなければそれはできません。

具体的には、矯正装置にはどんな選択肢があるのでしょうか?

ブラケットとワイヤーを使った「ワイヤー矯正」、透明のマウスピースによる「マウスピース型矯正」、ブラケットとワイヤーを歯の裏側に取り付ける「舌側矯正」、あとは1~2本の歯を部分的に動かす「部分矯正」が主な選択肢となります。

どの矯正方法を選ばれるケースが多いですか?

当院では、マウスピース型矯正の中でも、特にインビザラインをご希望される方が多くいらっしゃいますね。ただ、歴史の古いワイヤー矯正に比べたときに、「インビザラインだと歯があまり動かないのでは」という先入観を持っている方がよくみられます。比較的新しい矯正方法ですから、そうした不安があるのは仕方ないのかもしれません。

ワイヤー矯正でできることは、インビザラインでもできる

ワイヤー矯正でできることは、インビザラインでもできる

「インビザラインでは歯がしっかり動かないのでは」という患者さんの不安は“先入観”であると…。ということは、そうではないと先生はお考えでしょうか?

はい。ワイヤー矯正にできることは、インビザラインでもできると私は考えています。インビザラインについてきちんと学び、経験を積んでいる歯科医であれば、同意してもらえるはずです。

それでは、インビザラインの特徴について教えてください。

まず、透明なので装着していることがほとんどわからないということが大きな特徴です。痛みが少ないことや、虫歯になりにくいということも大きなメリットです。

ワイヤー矯正でデメリットといわれる、見た目の問題、痛み、虫歯のリスクを、インビザラインなら改善・解消できるということですか?

その通りです。特にその3点が心配で矯正治療に踏み切れないという方には、インビザラインがおすすめです。

目立たない、というのは具体的にどれくらい目立たないのでしょうか?

言葉にするのは難しいのですが、仕事などで会話をするような距離であれば、口を開けてもまず気づかれることはないでしょう。口元を見られていない、という安心感が違いますね。反対に、顔を近づけて口元に注目すれば、さすがにわかると思います。

では、歯の動かし方に違いはありますか?

ワイヤー矯正は、歯面に取り付けたブラケットをワイヤーで引っ張って歯を動かします。一方でインビザラインは、口腔内をスキャニングしたデータをもとに、あらかじめマウスピースをすべて作ってしまい、それを1~2週間ごとに交換し、徐々に歯を動かします。

装置の構造そのものが違うのですね。治療の結果に差はありますか?

正しく使用すれば、どちらもきちんと歯を動かすことができます。ただ、インビザラインは、“歯列を包む枠”としてマウスピース型の装置を取り付けて歯を誘導するため、奥歯を後方に動かすことができます。ワイヤー矯正は、ブラケットを取り付けた歯が支点となるために、それが難しいのです。奥歯が後方に動かなければ、当然ながら前歯のためにスペースを作るのも困難になります。

ワイヤー矯正でできることは、インビザラインでもできる

咬み合わせの改善に関して、インビザラインでもそれは可能なのでしょうか?

はい。インビザラインは、ワイヤー矯正と同等の距離・正確さで歯を動かせますので、咬み合わせの改善も可能です。ただ、咬み合わせそのものは、矯正治療だけで改善できるとは限りません。状況に応じてセラミックなどを使った補綴治療、あるいはインプラント治療を選択肢として持っていることも歯科医院選びでは重要なポイントになるでしょう。

反対に、ワイヤー矯正を選ぶメリットにはどんなものがありますか?

最近はワイヤー矯正の装置そのものの価格が下がっていますので、以前より安く治療が受けられる点でしょうか。外したくとも自分で外せない、ということも、考えようによってはメリットといえるかもしれません。インビザラインをはじめとするマウスピース型の矯正装置は、1日20時間以上装着する必要がありますが、自分で簡単に外せてしまいます。外してしまっては矯正になりませんからね(笑)。

インビザラインの価格について教えて下さい。

インビザラインでも、歯並びの乱れの程度に応じて費用は変わります。また、インビザライン以外のマウスピース型矯正で、低価格で治療が可能なケースもあります。たとえば当院では、比較的軽度の歯並びの乱れには、「クリアコレクト」「the Original」といったマウスピース型の装置をご用意しています。

ただ、効果を求めるならば、費用だけで矯正装置を決めるわけにもいきませんよね。

もちろんです。歯科医がしっかり話を聞いてくれるか、親身になってアドバイスをしてくれるかどうかを知るためには、無料相談の利用をおすすめします。矯正には時間がかかります。つまり、歯科医と患者さんは長いお付き合いをすることになるわけですから、人柄や技量を信頼できるということはとても大切です。

インビザラインをおすすめできないケースというものはありますか?

基本的には、すべての方におすすめできます。ただ、1日20時間以上の装着ができない、自信がない、という場合には、避けた方がいいかもしれません。

ワイヤー矯正でできることは、インビザラインでもできる

それは、「痛くて外してしまう」ということなのでしょうか?

いえ、痛みが原因で20時間装着できなかった、という方はこれまでいらっしゃいません。何となく面倒になってサボってしまうようです。治療開始直後、交換の直後は違和感がありますが、通常はすぐに慣れます。もし痛くて辛いというときには、一時的に外して休憩していただいても構いません。

トータルコーディネートできる歯科医院を選ぶ

トータルコーディネートできる歯科医院を選ぶ

インビザラインの性能を十分に活かすために、大切なことは何かありますか?

歯科医の技量と、そのための経験です。私は矯正科に勤務していましたので、矯正治療そのものの基礎があったことが大いに役立ちました。ワイヤー矯正や咬合学の知識があるということも、インビザラインの性能を十分に活かすためには大切だと思います。

インビザラインでもワイヤー矯正でも、歯並びの改善が難しいというときは、どういった方法がとられるのでしょうか?

矯正治療用の小型のインプラントを埋め込み、そのインプラントを支点として歯を動かす方法があります。インビザライン、ワイヤー矯正と併用し、より立体的に、自由度の高い矯正治療が可能になります。当院でも行っている矯正方法のひとつです。

先生が考える、矯正治療を相談するべき歯科医院とは?

矯正治療をご希望される方の多くが、見た目を気にされています。では、歯並びさえよくなればいいのかというと、そうではありません。欠損歯、歯の形、白さ、調和も「見た目」のうちのひとつです。さらに咬み合わせや虫歯、歯周病といった機能面・健康面まで含めてトータルコーディネートしてくれるのが、最終的にもっとも満足できる歯科医院ではないでしょうか。

先生も、そこを目指しているわけですね。

おっしゃる通りです。加えて、診療時の快適性の向上にも力を入れています。iTeroの導入で印象材を使った型取りは不要になりました。完全個室ですので、リラックスしてお話いただき、治療を受けていただけます。

相談だけ、検査だけでも構いませんか?

もちろん、歓迎しますよ。一度きりのお話で患者さんの不安を解消するのは難しいため、当院では何度でも無料でご相談いただけます。また、検査まで受けて、一度ご自宅で検討していただくのも結構です。

最後に、このページをご覧の方にメッセージをお願いします。

良質な治療が受けられ、費用も納得できる、という歯科医院を探すのは大変なことです。ただ当院は、そのご希望を叶えられる技術、知識、選択肢があると自負しています。口元の審美性や機能性は、トータルコーディネートしてこそ高いレベルで再現できます。まずはお話だけをするつもりで、お気軽にご相談ください。

編集部まとめ

インビザラインをしっかりと勉強し、矯正治療そのものの経験が豊富な歯科医院なら、安心してまかせられそうです。「歯の形や白さ、調和も見た目のうちのひとつ」という竹内先生の言葉も印象に残りました。機能性だけでなく、審美性を求めて矯正治療を受けるのなら、口元のトータルコーディネートができる歯科医院に相談するのがよさそうです。

医院情報

HANA Intelligence歯科・矯正歯科

HANA Intelligence歯科・矯正歯科
所在地 〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町4丁目2-14
WAKITA 藤村御堂筋ビルB1F
アクセス 大阪メトロ御堂筋線 淀屋橋駅 13番出口 徒歩1分
診療内容 歯科一般 成人矯正 小児矯正 ホワイトニング インプラント 歯周病治療

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.