1. Medical DOCTOP
  2. HAインプラントの特徴とは?メリット・デメリットを紹介!

HAインプラントの特徴とは?メリット・デメリットを紹介!

インプラントの素材として、人体に影響が少ないなどの理由から長い間チタンが主に使われてきました。
しかし最近では、チタンインプラントと並んで「HAインプラント」と呼ばれるものが主流になりつつあります。
今回は、HAインプラントの特徴やメリット・デメリットについてMedical DOC編集部が詳しく解説していきたいと思います。
この記事の監修ドクター:
岡村 立国 歯科医師 岡村デンタルクリニック 院長


 

インプラント治療について

まずは、インプラント治療そのものについて説明したいと思います。

 

インプラント治療とは

インプラントとは本来、何らかの理由で体内に埋め込まれる人工の材料や部品のことを指して呼ばれるものであり、歯科的な意味においては失ってしまった歯の代わりに骨にインプラント体を埋め込み、その上にセラミックなどで作った人工の歯をかぶせる治療法のことを示して呼ばれています。
正式には「デンタルインプラント」という名称ですが、一般的には単にインプラントと呼び表されています。
歯を根っこまで失ってしまった場合の処置としては、まだまだ入れ歯やブリッジが一般的ですが、年々インプラントの需要も増加してきています。
入れ歯やブリッジとは違って他の歯に負担をかけたり健康な歯を傷つけたりすることがなく、まるで自分の歯のような機能と自然な見た目を兼ね備えているという点がインプラントの人気の秘密であると言えるでしょう。
しかしこのインプラントには、
・外科手術が必要
・入れ歯やブリッジと比べて費用が高額
といったデメリットがあることも併せて踏まえておきましょう。

 

インプラントの仕組み

インプラントは、主に3つのパーツで構成されています。

インプラント体

顎の骨(歯槽骨)に埋入する、いわゆる歯の根っこに当たる人工歯根部分。

人工歯

歯茎の上に露出する、いわゆる歯に当たる部分

アバットメント

インプラント体と人工歯をつなぐ部分
※インプラント体とアバットメントが一体化している「ワンピースタイプ」の物もあります。

 

インプラント治療の流れ

以下に、インプラント治療の流れについて簡単にご説明いたします。

①精密検査と治療計画

インプラント手術を行う前には、事前に精密検査を元にした綿密な治療計画を立てる必要があります。

②一次手術

歯茎を切開・剥離して顎の骨に穴を開け、インプラント体を埋入します。
その後、歯茎を縫い合わせてインプラントと骨が結合するのを待ちます(2~6ヶ月程度)。

③二次手術

インプラントと骨が結合したら再び歯茎を切開し、インプラント体の先端を露出させます。
そしてアバットメントを連結して、噛み合わせを確認しながら人工歯をかぶせて治療は終了です。

その他のインプラント技法について

これはあくまで一般的なインプラント治療の流れであり、
・ワンピースタイプのインプラント体を使う一回法(手術が1回で済む)
・歯茎を切開せず、小さな穴を開けるだけで埋入できるフラップレスインプラント
などの方法もあります。

 

HAインプラントとは?

ここからは、HAインプラントについて説明したいと思います。
従来のインプラント体は、チタン製のものが主流でした。チタンは感染症やアレルギーなどのリスクが少なく、骨との融和性が高いのでインプラントに適した素材なのです。
しかし、融和性が高いとはいってもチタン製のインプラントはどうしてもインプラント体と骨との間にごくわずかな隙間ができてしまいます。又、骨密度が低い方の場合、しっかりと固定がとりにくいといったデメリットもあります。
そんな中、登場したのが「HAインプラント」です。
HAとは「ハイドロキシアパタイト」のことで、HAインプラントとは従来のチタン製インプラントをハイドロキシアパタイトでコーティングしたタイプのものになります。
ハイドロキシアパタイトはリン酸カルシウムの一種で、実は骨や歯の主成分でもある人間にとって非常に身近な成分です。
歯のエナメル質の95%以上、象牙質の約70%、骨の約60%がハイドロキシアパタイトで構成されていることからも、ハイドロキシアパタイトと人体との関連性の高さがうかがえます。

 

チタンインプラントとの比較でみるHAインプラントの特徴

HAインプラントとチタンインプラントの大きな違いは、特に骨との結合の仕方にあります。
チタンインプラントと骨との結合は「オッセオインテグレーション(機械的結合)」と呼ばれています。
チタンは人体との親和性が高く、チタンインプラントをあたかも自分の体の一部であるかのように認識し受け入れますが、実際には完全に結合しているわけではありません。
厳密にいえば、骨とインプラント体との間にはごくわずかな隙間が空いているのです。
そのため、チタンインプラントの場合はインプラント体を埋入する際に、数十ミクロンレベルの制度で骨を削らなくてはいけません。
インプラント体とドリルで削った骨の間に隙間ができていると、オッセオインテグレーションを得ることができないからです。
また、骨の状態が悪い場合などはオッセオインテグレーションができないので、インプラントを埋入することができません。
一方のHAインプラントと骨の結合は「バイオインテグレーション(科学的結合)」といいます。
HAインプラントと骨の間にカルシウムがブリッジを作ることで隙間がなくなり、チタンインプラント以上に強く骨と結合するのです。
したがって、チタンインプラントとは異なり多少隙間があっても結合するうえに、短期間で骨と強く結合するというメリットもあります。

 

HAインプラントのメリット

HAインプラントのメリットについてまとめてみました。

 

感染症のリスクを減らせる

チタンインプラントの場合、ごくわずかではあるもののインプラント体と骨との間に隙間ができてしまいます。
隙間があるということは細菌が入りやすいということなので、それだけ歯周病などの感染症が起こるリスクが高くなってしまうのです。
しかし、HAインプラントの場合は隙間が全くないので、感染症のリスクを軽減できるというメリットがあります。

 

様々なケースに対応可能

チタンインプラントの場合、骨の状態が良好でないと治療することができません。
しかし、チタン以上に親和性の高いHAインプラントであれば、骨の状態が多少悪くてもインプラント体を埋入することが可能です。
また、埋入時に骨とインプラントの間にかなりの隙間があってもバイオインテグレーションするので成功率が高いというメリットもあります。

 

抜歯即時埋入が可能

抜歯をしてからインプラント治療をする場合、通常は抜歯後の穴が治癒するまで待ってから治療を開始することになります。
しかし、HAインプラントの場合は抜歯即時埋入(歯を抜いた当日にインプラントを埋入すること)が可能です。
状態によっては即時修復(インプラント埋入後すぐに仮歯を入れること)もできるので、歯がない期間が短くて済みます。

 

治療期間が短くて済む

上記で説明したように抜歯即時埋入や即時修復が可能なので、治療期間が短くなります。
チタンインプラントの平均治療期間が約6ヶ月~12ヶ月であるのに対し、HAインプラントは約3ヶ月~6ヶ月と約半分の治療期間なのでかなりの差があります。
また、通院の回数も少なくなるので患者さんの負担が少なくて済みます。

 

HAインプラントのデメリット

このようにメリットが多いHAインプラントですが、わずかながらデメリットもあります。

 

価格が高い

HAインプラントは従来のチタンインプラントと比べると価格が高くなってしまうという点がデメリットです。
ただし、HAインプラントを大量入荷することで価格を抑える工夫をしている歯科医院もあります。
また、上記のメリットで説明したように治療期間が短くて済むので通院回数が少なくなり、総額としてはチタンインプラントよりも安くなるケースもあります。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、HAインプラントの特徴やメリット・デメリットについて解説いたしました。
HAインプラントはメリットが多くデメリットが少ない優れたインプラント技法であることがおわかりいただけたかと思います。
これからインプラント治療を検討している方は、HAインプラントによる施術も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

岡村 立国 歯科医師 岡村デンタルクリニック 院長監修ドクターのコメント
インプラント治療は、あくまで治療手段のひとつだと考えています。記事では「HAインプラント」について触れていますが、常に第一選択肢となるわけではございません。歯がなくなった患部の治療を検討されているのであれば、入れ歯やブリッジもあわせて、さまざまな治療方法を提案してくれる歯科医院へ相談するといいでしょう。加えて、患者さんのニーズにあった症例を、口頭だけではなく、写真や資料などで提示できる先生が好ましいと思います。また、治療した後のお付き合いは長く続いていきますので、自分に合った先生を選ぶことも大切です。1人の先生の話を聞くだけでなく、セカンドオピニオンを積極的に活用してみてください。
 
監修ドクター:岡村 立国 歯科医師 岡村デンタルクリニック 院長



 

インプラントでおすすめの歯医者さん 関東編


 

岡村デンタルクリニック

出典:http://www.smile1817.com/

電話番号 03-3237-1817
住所 東京都千代田区神田神保町3-2 サンライトビル2F
アクセス 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・都営三田線 神保町駅 A2出口 徒歩1分
東京メトロ東西線 九段下駅 5番出口 徒歩4分
JR中央線 水道橋駅 西口 徒歩7分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~20:00
【水曜】9:30~13:00/14:30~19:00
【土曜】10:00~13:00/14:30~17:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.smile1817.com/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.