1. Medical DOCTOP
  2. 小谷 和弘 飯田橋駅前さくら坂クリニック 院長 ドクターインタビュー

小谷 和弘 飯田橋駅前さくら坂クリニック 院長 ドクターインタビュー

多彩な経歴を活かし、保険診療から美容診療まで幅広く対応 治療の先にあるニーズを汲んだプラスオンの医療を目指す

内科や麻酔科の経歴を持つ皮膚科専門医師が、皮膚科疾患の治療の他、美容治療や内科的治療まで幅広く対応し、「健康」と「美」の両立を実現する飯田橋駅前さくら坂クリニック。子どもからお年寄りまで幅広い年代のそれぞれが抱える悩みに寄り添った丁寧な対応には定評があり、2015年の開業以降、患者数は年々増え続けている。そんな地域でも評判のクリニックで、「コミュニケーションを通して、患者さんの本当の悩みに向き合う」診療を行っている小谷院長に、開業に至るまでの経緯や医療従事者としての想いについて、お話を伺った。

小谷 和弘 Kotani Kazuhiro

小谷 和弘 Kotani Kazuhiro
【経歴】
国立東京医科歯科大学医学部医学科卒業。東京医科歯科大学医学部附属病院での内科・外科・救急、麻酔科・産婦人科・小児科・精神科の研修後、 東京医科歯科大学や都立府中病院(現多摩総合医療センター)などで麻酔科の経験を積む。その後、本来のやりたかった方向へ進むべく進路を変える決意をし、皮膚科形成外科へ転身。都内の総合病院でさまざまな皮膚疾患の治療に携わり、2015年に飯田橋駅前さくら坂クリニックを開院。皮膚科専門でありながら、内科や麻酔科での経験を活かした多角的視点の治療を強みとした診療を行っている。
【資格等】
日本皮膚科学会皮膚科専門医
日本抗加齢医学会抗加齢専門医(アンチエイジング専門医)
日本内科学会内科認定医
日本麻酔科学会麻酔科認定医
厚生労働省指定麻酔科標榜医


 

阪神淡路大震災で被災。ボランティア経験が医師を目指すきっかけに

医師の道を目指されたきっかけは、何だったのでしょうか?

一番大きなきっかけとなったのは、1995年の阪神淡路大震災での被災経験です。当時、高校2年生で神戸に住んでいましたが、震災で学校は暫時休校になり、自分としてはすることもなかったので他の高校で実施していたボランティア活動に参加して、被災者の方達に会いました。高校生の自分は結局人の役に立つことができなかったのですが、この時に「苦しむ人を助けたい」という想いが芽生えたことが、医師を目指すようになったきっかけです。それまでは、将来何をやるといったことはあまり考えていませんでしたね。

麻酔科から皮膚科への転身、そして開業を決めたきっかけについて教えてください。

麻酔科から皮膚科への転身、そして開業を決めたきっかけについて教えてください。
震災の影響で救命救急に興味があったので、大学卒業後は外科にも関わりのある麻酔科を選びました。麻酔科で4年程、順調に経験を積んでいたのですが、麻酔科や救急は自分の一番やりたいことである「患者さんと直接関わって一人ひとりを自分が治していく」というイメージとは違っていました。麻酔科は直接自分が治すというよりは外科手術のサポート、救急についても直接のやり取りというよりも事件現場最前線のような感じでしたので。携わった当初、自分としてはそれがいいなと思う部分もありましたが、震災の時に実際に被災者の方とお話したり、コミュニケーションをとりながらお役に立っていくというのが自分の中で成功体験であり、自分のやりたかったことに近かったので、手に職じゃないですが、自分でクリニックを開いて患者さんを診ていくというのが合っていたんですよね。麻酔科の開業医はあまりいないので、別の科になることを検討した時に1つの選択肢としてあったのが皮膚科医でした。悩みましたが、いろいろな病院へ研修に行った時の素晴らしい先生や環境との出会い、そして友人からの誘いもあって最終的には皮膚科へ転身しました。



 

大事なことは、患者さんの悩みに向き合い、分かり合うことで見えてくる

開業されてからの学びや気づきはありますか?

開業されてからの学びや気づきはありますか?
開業当初は、この病気に対してはこういったアプローチをしてこういう薬を使って、良い治療をしたいという医療的な部分を重視する気持ちで診療していましたが、実際に患者さんと向き合っていく内に、もっと大事なことがあることに気づきました。コミュニケーションを通じ、その患者さんの生きてきた人生というバックグラウンドを知ることで、相手の本当の悩みが見えてくるんです。だから単に医療的なことだけ、この薬を塗れば治るというようなドライなものではなく、話をしていく内にそうした悩みも解消されていくというような医療へプラスオンの部分が大事だということ。この部分は昔よりすごく意識するようになりましたね。

患者さんとのコミュニケーションで大切にしていることを教えてください。

開業する時にうちのクリニックでやりたいと思ったことは、「自分の家族を診るように患者さんを診る」ということです。自分の家族が来た時のように、ある程度フレンドリーに接し、時間的な制約はありますが、その中で自分の持てる知識や技術をその人のために最大限使っていかに治していけるかを大切にしています。
医療でできることとできないことの限界も分からないという場合もあるので、患者さんの要求がどうしても難しくなってしまうこともあります。そういった方も含めて、基本的には悩みや病気をベースにした苛立ちのような感情など、その方の持っているものを自分の中でしっかり受け止めて、その中で実際に何ができます、できませんというのをかみ砕いて、なるべく時間をかけて患者さんと分かり合えるようにしていくということを重視しています。



 

健康を基盤とし、より美しく生きることが求められる時代へ向けて

これからの医療に求められていくことは何でしょうか?

これからの医療に求められていくことは何でしょうか?
病気を治すというのはもちろん第一段階ですが、治った時に今後は人生を長く生きられるようになるので、長い間より健康で元気に、できればきれいに生きていたいという根源的な欲求というのが、今後はすごく高まるのではないかと考えています。つまり、医療というのが、単に病気を治すという部分はもちろん今後も続いていきますが、それに加えて、その人がよりハッピーに長生きできるという部分、僕はアンチエイジングと言われるようなものがそれにあたると思っているのですが、そういった部分をより追求していくようになっていくのではないかと思います。


そんな時代を生き抜いていく、貴院の今後のビジョンを教えてください。

どうしても美容は自由診療、普通の病気は保険診療と分けられてしまいますが、本当は両者はひとつながりになっているものなので、当院としては知識や技術といった出せるものはすべて出し、両方真面目に対応していきたいと考えています。
自分の中で支えになっているものの一つに、「自他共栄」という言葉があります。柔道の開祖であり、在学高校の設立者でもあった嘉納治五郎先生の言葉ですが、意味する所は「自分とまわりの人が共に栄えること、それが本当の意味での成功である」ということです。この言葉のように、自分が繁栄していくことで、まわりの人も豊かになっていくことをこれからも行っていきたいと思っています。


飯田橋駅前さくら坂クリニック

飯田橋駅前さくら坂クリニック

URL:http://iidabashi-hifuka.com/
【飯田橋駅前さくら坂クリニック】
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム サクラテラス3階
最寄駅:「JR飯田橋駅より徒歩1分」「南北線・有楽町線飯田橋駅より徒歩2分」「東西線・大江戸線飯田橋駅より徒歩4分」

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.