1. Medical DOCTOP
  2. 八重歯は矯正できる?八重歯の定義や原因、矯正方法

八重歯は矯正できる?八重歯の定義や原因、矯正方法


ちょっと出ているだけならチャームポイントになる八重歯ですが、あまりに極端な八重歯はさまざまなデメリットが生じるため、歯列矯正の検討材料となります。極端な八重歯は、一体どのようなデメリットを引き起こすのでしょうか?また、八重歯の歯列矯正はどのように行われるのでしょうか?この記事では、あまり知られていない八重歯のデメリットや八重歯の歯列矯正について、Medical DOC編集部がお届けします。
この記事の監修ドクター:
白川 哲也 歯科医師 ライフデンタルクリニック 院長


 

 八重歯の概要と原因


ここからは、世間でよく誤解されがちな「八重歯とは歯のどの部分を指すのか」、そして「八重歯の原因」について解説していきます。

 

八重歯とは

八重歯とは、歯並びから飛び出して他の歯と重なっている歯のことです。よく上の前歯の中央から3番目にある尖った歯を八重歯と思っている人がいますが、これは犬歯であり八重歯ではありません。手前にあろうと奥にあろうと歯と歯が重なっているなら、それは八重歯と呼ばれます。
ただ、犬歯が八重歯になっていることも多いので、こうした誤解を招いているようです。

 

八重歯の原因

八重歯の代表的な原因は以下の通りです。
1:歯に対して顎の骨格が小さすぎる
歯がまっすぐ生えるためには、十分な顎の大きさが必要です。小さな顎では、歯に並んで生えてくるだけのスペースがなく、どうしても前後に重なってしまいます。顎が小さいと見た目はすっきり小顔に見えるかもしれませんが、実は八重歯のできやすい骨格なのです。
2:永久歯の生えるタイミングのズレ
八重歯になりやすい犬歯は、前歯より遅れて生えてきます。そのため、犬歯が生えるときに他の永久歯が生えそろっていた場合、「犬歯の生えるスペースがない」という事態に陥ってしまうこともあるのです。これが犬歯に八重歯の多い理由です

 

 八重歯のデメリット

世間的には「八重歯は個性の範囲内だから、別に矯正しなくていいのでは?」と考える人もいます。ただ、八重歯はそのまま放っておくとさまざまなデメリットを引き起こす可能性があるのです。ここからは、八重歯のデメリットについて解説していきます。

 

見た目の問題

昔から日本では「八重歯は可愛い」とされてきました。しかし欧米では、ドラキュラなどの吸血鬼を連想させるために、八重歯は嫌われ、歯列矯正が発展してきたと言われています。

 

虫歯、歯周病、口臭のリスクが増加する

八重歯は普通の歯と違い歯と歯が重なっているため、その隙間に歯垢が溜まりやすくなります。加えて歯ブラシが届きにくいためブラッシングも大変です。こうした理由から、八重歯の人は普通の人よりも虫歯や歯周病、口臭などのリスクが増加します。

 

口の中を傷つけやすい

他の歯に比べ歯先の尖っている犬歯が八重歯になった場合、口の中を傷付けやすくなります。そのため、食事中や会話中に口の中を傷付けやすく、口内炎などのリスクが増加します。

 

他の歯へ負担がかかる

食べ物をかむ力や食いしばる力は、すべての歯に分散されます。しかし、八重歯になって隣の歯よりも前へ出てしまうと、本来、その歯にかかるはずだった負荷が他の歯に加わってしまいます。その結果、他の歯の寿命を縮めたり、歯茎が下がって知覚過敏などを引き起こしたり、さまざまな弊害をもたらすのです。

 

歯が黄ばみやすい

八重歯はブラッシングしにくいため、歯垢が溜まるだけでなく、黄ばみの原因にもなります。犬歯の八重歯は、口を開いたときもっとも見えやすいため「歯全体が汚れている」といった印象を抱かれてしまいかねません。こうした審美的な観点からみても、八重歯は矯正しておいたほうがよいのです。

 

 八重歯の歯列矯正方法やかかる費用、注意点

ここからは、八重歯の代表的な歯列矯正方法やそれにかかる費用、注意点について解説していきます。

 

ブラケット

もっとも代表的な歯列矯正の方法です。基本的にはワイヤーを通したブラケットを歯の表側全体につけて矯正していきますが、外から目立たないように歯の裏面(=舌側)だけにブラケットをつける舌側ブラケットもあります。また、ブラケットに使用される素材には、金属、セラミック、ジルコニアなどさまざまな種類があり、丈夫で目立たない材質ほど高価です。
・治療費相場:60~100万円

 

マウスピース

マウスピースを装着する歯列矯正方法です。ブラケットよりも格段に目立ちにくく、「歯列矯正をしていることをあまり知られたくない」という人に向いています。また、矯正装置をつけていることによる違和感や発音のしづらさもほとんどありません。マウスピースの脱着は自在に行えるものの、装着時間を守らないと通常の歯列矯正よりも大幅に時間がかかってしまいます。
・治療費相場:60~80万円

 

部分矯正

歯の一部分だけ歯並びが乱れている場合に用いられる方法です。対象の歯を抜歯したり、歯を削って隙間を作ったりします。ピンポイントの八重歯であれば、この方法で十分に矯正することができるでしょう。
・治療費相場:15~80万円

 

その他

上記の他にも、マウスピースと部分矯正を組み合わせた「ハイブリッド矯正」や、下の歯は表側にブラケットをつけて上の歯は裏面にブラケットをつける「ハーフリンガル矯正」などの矯正方法もあります。これらは複数の治療法を組み合わせているので、それぞれの治療費がかかるというデメリットに注意しましょう。
・治療費相場:100~200万円

 

 八重歯は歯列矯正の対象


他の歯と重なっている歯のことを指す「八重歯」。一般的には犬歯のことを八重歯と誤解されがちですが、歯と歯が重なっていれば、どこにあっても八重歯です。
八重歯の代表的な原因は「歯に対して顎が小さすぎること」と「犬歯の生えてくるタイミングが他の永久歯に比べて遅いこと」のふたつで、本人の生活習慣はあまり関係していません。
また、以下のような数多くのデメリットがあります。
・虫歯、歯周病、口臭のリスクが増加する
・口の中を傷つけやすく、口内炎になりやすい
・他の歯へ負担がかかる
・歯が黄ばみやすい、歯全体が汚れているように見える
そのため、できる限り早期の歯列矯正をおすすめします。
八重歯の歯列矯正は一般的な歯列矯正と同じで、ブラケット、マウスピース、部分矯正などが用いられます。犬歯だけが八重歯になっている場合は、部分矯正で十分に対応できるでしょう。チャームポイントとして残しておきたい人もいるでしょうが、歯の健康を考えると八重歯はしっかり矯正しておくようにしましょう。

白川 哲也 歯科医師 ライフデンタルクリニック 院長監修ドクターのコメント
『お口は全ての健康の入り口です』。お子さんの歯並びの乱れは、ご家族が気付かないと、治療する機会を持てません。日ごろ診療していて思うのは、自分の子どもの歯並びが「問題ない」と考えており、今後も永久歯に生え替わっても綺麗に歯が並ぶと思っているご家族の多いことです。一度、フッ素塗布を受けるくらいの軽い気持ちで歯科医院にいらしてみませんか。もしかしたら、将来悪さをするようなお口のトラブルが、未然に防げるかもしれません。大人は自分の判断で受診することができるものの、お子さんは違います。ご家族の支えで、きちんとした歯並びに気を配り、お口と体の健康を維持していきましょう。
 
監修ドクター:白川 哲也 歯科医師 ライフデンタルクリニック 院長



 

 歯列矯正でおすすめの矯正歯科 九州編


 

ライフデンタルクリニック

出典:https://lifedental.jp/

電話番号 0949-29-3177
住所 福岡県直方市下境2586-1
アクセス 平成筑豊鉄道伊田線 南直方御殿口駅 徒歩19分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~19:00
※平日午後の最終受付は 18:30、水曜日午後の最終受付は17:00となります
※予約制
休診日 水曜日・日曜日・祝日 ※ただし、祝日のある週は水曜日(9:30~13:00/14:00~18:00)は診療いたします
URL https://lifedental.jp/


 

この記事の監修ドクター

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.