1. Medical DOCTOP
  2. 大動脈解離の症状や原因、治療方法とは?

大動脈解離の症状や原因、治療方法とは?

大動脈解離(読み方:だいどうみゃくかいり)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
品川 弥人 医師(しながわ内科・循環器クリニック)

大動脈解離とは

 大動脈は、外膜、中膜、内膜の3層構造となっており、十分な強さと弾力を持っていますが、なんらかの原因で内側にある内膜に裂け目ができ、その外側の中膜の中に血液が入り込んで長軸方向に大動脈が裂けることを大動脈解離といいます。
 原因は不明ですが、動脈硬化や高血圧が関係しているともいわれています。マルファン症候群などの大動脈の中膜が弱い先天性(生まれつき)の病気との関係も知られています。
 中膜に流れ込んだ血液は、新たな血液の流れ道(解離腔または偽腔)をつくり、それによって血管が膨らんだ状態を解離性大動脈瘤(大動脈解離)といいます。外側には外膜一枚しかないため、破裂の危険性を伴います。

引用:血管の病気を知ろう!予防にいかそう!血管の病気について 日本血管外科学会[JSVS]
http://www.jsvs.org/common/kairi/

大動脈解離の症状

大動脈解離が起きると、ほぼ必ず痛みが起こりますが、その多くは突然の耐えがたい激痛で、引き裂かれるような痛みとよく表現されます。痛みのために失神する人もいます。最も多いのは胸の痛みですが、背中の肩甲骨の間に痛みが出ることもよくあります。その痛みはしばしば、解離が大動脈に沿って進んでいくのに合わせて移動していきます。このため、腸に血液を供給している上腸間膜動脈がふさがれると、腹痛や腰痛が生じます。
大動脈解離が大動脈に沿って進展すると、大動脈から別の動脈が枝分かれした部分がふさがれ、そこで血流が遮断されることがあります。それにより生じる症状は、どの動脈が閉塞したかによって異なります。

引用:MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/06-心臓と血管の病気/動脈瘤と大動脈解離/大動脈解離

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長ドクターの解説
大動脈解離の症状ですが、急に胸部や背部に激痛が走ります。しかし、特に高齢者に多いですが、軽い腰痛程度の症状しか出ない場合もあるので、注意が必要です。大動脈解離の場合、すぐに緊急入院しての治療が必要となりますので、自覚症状を感じた場合はすぐに医療機関を受診するようにしてください。

大動脈解離の原因

ほとんどが動脈硬化で高血圧の方に急激に発症する病気です。まれに生まれつき血管の壁(中膜)が弱い病気の方もいます。発症は突然内膜が裂けることによるものですが、急激に血圧が上がったりした場合に発生しやすくなります。

引用:名古屋徳洲会総合病院
http://www.nagoya.tokushukai.or.jp/wp/heart_cardiopathy/1703.html

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長監修ドクターのコメント
生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病など)がある人、喫煙者がかかりやすい傾向にありますが、遺伝により発症することもある病気です。このような方は特に、日頃から生活習慣をに気を付け、健康診断を定期的に受けるなどを心掛けるようにしましょう。

大動脈解離の治療方法

大動脈解離の治療は、解離している部位や病状によって大きく異なります。上行大動脈に解離があれば(A型)緊急手術を開胸して行うことがほとんどです。一方、上行大動脈に解離が無ければ(B型)血圧を下げたり、痛みを和らげたりして治療することが原則ですが、破裂や血流障害があれば緊急手術を行うこともあります。最近は、ステントグラフト内挿術で大動脈解離が治療できる場合もありますが、施行できる施設は限られています。

引用:国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/aortic-aneurysm_dissection.html#sec8

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長監修ドクターのコメント
検査方法はCTなどで、大動脈解離と診断された場合は緊急入院してすぐに治療開始となる場合がほとんどです。治療法は大動脈解離の部位によって、手術・血圧を下げる内科的治療・または入院安静で経過観察するなど方法が異なってきます。


この記事の監修ドクター

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長品川 弥人 医師 しながわ内科・循環器クリニック 院長

PROFILE

北里大学医学部を卒業後、北里大学病院内科、沼津市立病院循環器内科、竹田綜合病院循環器科での勤務を経て、2015年よりしながわ内科・循環器クリニックにて勤務。2006~2015年には、母校・北里大学医学部で助教も務める。2012~2014年には、ドイツ Würzburug University Comprehensive Heart Failure Centerへ留学。医学博士、日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会循環器内科専門医。