1. Medical DOCTOP
  2. 徐脈頻脈症候群の症状や原因、治療方法とは?

徐脈頻脈症候群の症状や原因、治療方法とは? 2018.06.08

徐脈頻脈症候群(読み方:じょみゃくひんみゃくしょうこうぐん)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
品川 弥人 医師(しながわ内科・循環器クリニック院長)

徐脈頻脈症候群とは

洞徐脈発作と心房細動などの頻脈性不整脈発作とが交互にみられる症候群。洞不全症候群の1型。

引用:日本心臓財団
http://www.jhf.or.jp/senmoni/term/word_s/jomyakuhinmyakusyoukougun/

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長ドクターの解説
徐脈頻脈症候群は、洞機能が低下することによって発生する「洞不全症候群」のタイプ3に分類される病気です。脈が早くなったり遅くなったりを繰り返し、症状としてはめまいや失神、動悸などがあります。この病気は脈を作る部分の機能低下によって発症するので、もともと脈が弱い人は特に注意が必要です。

徐脈頻脈症候群の症状

めまいやふらつきが多く、洞停止時間が長いと失神を起こします(Adams-Stokes発作)。また、徐脈の影響で心臓に負担がかかり心不全の状態になると、息切れや易疲労感、動機などが出現します。
軽症であれば無症状で発見されることも多く、健康診断などで指摘をうける場合があります。

引用:社会福祉法人 仁生会 江戸川病院
http://www.edogawa.or.jp/centers/heart/heart_shikan_douhuzen.html

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長ドクターの解説
軽いうちは自覚症状が出なかったり、少し疲れやすいくらいの場合もあります。進行してくると、めまいや動悸、また急に失神を起こすこともあります。

徐脈頻脈症候群の原因

正常な心臓は電気刺激の興奮により動いています(別頁の電気生理検査を参照)。規則正しく電気刺激を出し続けている洞結節の働きが悪くなることによって脈が遅くなるのです。
ほとんどの場合は加齢による洞結節の変性による機能不全ですが、心筋梗塞や心筋症で洞機能が落ちたり、薬剤の副作用によって発現したりします。

引用:社会福祉法人 仁生会 江戸川病院
http://www.edogawa.or.jp/centers/heart/heart_shikan_douhuzen.html

徐脈頻脈症候群の検査法

【心電図】
洞停止,洞房ブロック,持続性洞徐脈、徐脈頻脈症候群などの心電図を呈する。QRS波は通常QRS幅が狭く、正常波形である。
Rubensteinの分類
I群:原因不明の洞性徐脈(<50/分)
II群:洞停止または洞房ブロック
III群:徐脈頻脈症候群

引用:小児慢性特定疾病情報センター
https://www.shouman.jp/disease/details/04_01_001/

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長ドクターの解説
検査方法としては、24時間ホルター心電図による検査をまず行います。それでも診断がつかずに症状が持続する場合は心臓の電気検査を行い、診断を確定させます。

徐脈頻脈症候群の治療方法

「徐脈頻脈症候群」は頻脈に対する治療を行うと、反対に徐脈はさらに遅くなって悪化しますので、ペースメーカーの併用治療が必要です。

引用:横浜労災病院
https://www.yokohamah.johas.go.jp/medical/specialty/cardiology/cardiology_17.html

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長ドクターの解説
治療としては、ペースメーカーの植込みを行います。合わせて不整脈を抑える薬を併用することがあります。ただし、逆効果になってしまうので、薬だけ使用することはありません。必ずペースメーカーの植込みを行った後、必要であれば薬を併用していくといった治療になっていきます。


この記事の監修ドクター

品川弥人医師 しながわ内科・循環器クリニック院長品川 弥人 医師 しながわ内科・循環器クリニック 院長

PROFILE

北里大学医学部を卒業後、北里大学病院内科、沼津市立病院循環器内科、竹田綜合病院循環器科での勤務を経て、2015年よりしながわ内科・循環器クリニックにて勤務。2006~2015年には、母校・北里大学医学部で助教も務める。2012~2014年には、ドイツ Würzburug University Comprehensive Heart Failure Centerへ留学。医学博士、日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会循環器内科専門医。