1. Medical DOCTOP
  2. 胃ポリープの症状・原因・治療方法とは?

胃ポリープの症状・原因・治療方法とは?

胃ポリープ(読み方:いぽりーぷ)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
池内 信人 医師 医療法人社団池内クリニック副院長


 

胃ポリープとは

胃ポリープとは、胃の粘膜上皮に局所的に隆起(りゅうき)した病変です。
ポリープには最も多い過形成(かけいせい)性ポリープをはじめ、胃底腺ポリープ、特殊なポリープとして腺腫(せんしゅ)、家族性大腸腺腫症などがあります。

引用:オリンパス おなかの健康ドットコム
https://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/stomach/stomach_02.html

池内孝夫 医師 池内クリニック 院長監修ドクターのコメント
胃ポリープとは、胃の粘膜上皮から発生した良性の隆起性病変です。
ポリープには最も多い過形成(かけいせい) 性ポリープをはじめ、胃底腺ポリープ、腺腫(せんしゅ)、炎症性ポリープ、症候性ポリープ、家族性ポリープなどがあります。



 

胃ポリープの症状

どのポリープも自覚症状はほとんどありません。しかし、ポリープが大きくなると不快感や痛み、吐き気などの症状があらわれる場合があります。

引用:ららぽーと横浜クリニック
https://lala-clinic.jp/staticpages/index.php/column01

池内孝夫 医師 池内クリニック 院長ドクターの解説
胃ポリープは一般に無症状ですが、過形成性ポリープは稀に出血し、出血により貧血をおこすことがあります。また、ポリープの存在部位により、稀に胸焼け症状,呑酸,心窩部痛などの胃酸逆流に伴う症状や,狭窄症状をきたすこともあります。



 

胃ポリープの原因

ポリープができる原因としては、炎症によってただれた粘膜が修復される過程で、粘膜上皮が過剰につくられてポリープをつくることがあります。また、原因不明のものも少なくありません。

引用:全国健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450/sb4502/p022

池内孝夫 医師 池内クリニック 院長ドクターの解説
・腺腫
粘膜が腸上皮化生(ちょうじょうひかせいねんまく:胃の粘膜が腸の粘膜様に性質が変化すること)の状態から発生することが多いですが、詳細な病因は不明です。
・過形成性ポリープ
炎症などによる粘膜欠損後の代償的過形成に起因すると考えられています。
・胃底腺ポリープ
胃底腺ポリープの病因は制酸剤であるプロトンポンプインヒビター(PPI)の使用、女性ホルモンやガストリン(消化管ホルモンの一種)の関与を指摘する報告もありますが、現在のところ不明です。Helicobacter pylori感染との関連性はありません。



 

胃ポリープの検査法

胃ポリープは自覚症状がない為、検査によって初めて発見されることが大半です。良性のものが多いですが、大きさや症状によっては癌化する可能性がある為、胃カメラによる定期的な検査が大切です。

引用:ららぽーと横浜クリニック
https://lala-clinic.jp/staticpages/index.php/column01

池内孝夫 医師 池内クリニック 院長監修ドクターのコメント
胃ポリープの検査には内視鏡を行います。存在診断のみならず、多くのものが内視鏡観察で鑑別診断(どの種類のポリープか判断すること)が可能です。ただし、鑑別が困難な場合は生検(せいけん:組織を採取して病理検査をすること)を施行して診断します。



 

胃ポリープの治療方法

小さいものでは経過観察を行いますが、大きなもの、出血を伴うもの、癌化が疑われるものに関しては、内視鏡的に切除します。

引用:しのはらクリニック
http://shinoharaclinic.com/medical_shoukaki.html#polyp

池内孝夫 医師 池内クリニック 院長監修ドクターのコメント
過形成性ポリープの場合、小さなものは年1回程度で経過観察が可能ですが、出血する場合や、大きいものは内視鏡的に切除する場合があります。
胃底腺ポリープは一般的に癌化しないといわれていますが、100個以上の場合(ポリポージスが疑われた場合)はポリープ自体の癌化の可能性は低いものの、追加検査や定期的な内視鏡follow-upなどが必要になります。
腺腫の小さなものは、半年~1年に1回の検査をおこない,生検を施行し異型度(細胞の「顔つき」)を確認した上で経過観察します。大きなもの(2センチ以上)や、異型度の高いものは、内視鏡的に切除する場合があります。



 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.