1. Medical DOCTOP
  2. 眼精疲労の症状・原因・治療方法とは?

眼精疲労の症状・原因・治療方法とは?

眼精疲労(読み方:眼精疲労)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
木村 隆 医師(きむら眼科 院長)

眼精疲労とは

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます。

引用:日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_gansei.jsp

木村隆 医師 きむら眼科 院長監修ドクターのコメント
パソコンでの事務作業やスマートフォンでゲームやネットサーフィンなどをする時間が長くなっている現代社会は、必然的に眼精疲労に悩まされる人が多くなっています。眼精疲労を予防するためには、パソコンやスマートフォンのディスプレイを見る時間をなるべく短時間にして、目にやさしい生活を心がけましょう。このほかにも、メガネやコンタクトレンズの度数の不適合から眼精疲労を起こしている方もいらっしゃいます。老眼が進行しているのに度数が弱い老眼鏡を使用していたり、逆に、少しでも見やすくしようと度を強くしすぎて過矯正となっていたりするのです。目に合っていないメガネやコンタクトレンズは、知らない間に眼精疲労を引き起こしますので、注意してください。

眼精疲労の症状

眼精疲労は、目が痛い、頭が重く痛い、圧迫感がある、目がかわく、ものが見えにくくなるなどの症状として現れます。肩こりやめまい、胃部不快感が伴う場合もあり、非常につらいものです。

引用:シオノギ製薬
http://www.shionogi.co.jp/wellness/symptom/fatigue.html

木村隆 医師 きむら眼科 院長ドクターの解説
スマートフォンの長時間使用が視力に与える影響は深刻です。私が診察した患者さんの中には、まだ10代の若さにもかかわらず、眼の調節力が著しく低下してしまい、まるで50代のような老眼になってしまった方もいらっしゃいました。また、眼精疲労は目だけでなく心身に様々な不調を引き起こします。深刻な症状に発展してしまう前に、眼科を受診してみてください。

眼精疲労の原因

多くは度の合わない眼鏡の使用や、老視(いわゆる老眼)の初期などで無理な近業作業を持続した場合等です。最近は、特にパソコン等のVDT作業が増えたため、これが原因の眼精疲労が増えています。また、緑内障や白内障でも眼精疲労が出現することもあります。その他、全身疾患に伴うもの・心因性のもの・環境によるものなど、眼精疲労をもたらす要因は非常に多岐にわたります。

引用:関西医科大学附属病院
http://www.kmu.ac.jp/hirakata/visit/search/sikkansyousai/d22-012.html

眼精疲労の検査法

視力、視野、眼圧、細隙灯顕微鏡検査、眼底検査などの眼科の一般検査で眼疾患を除外していきますが、調節検査が最も重要です。 眼に原因がないと考えられる時は、全身検査が必要になることもあります。

引用:関西医科大学附属病院
http://www.kmu.ac.jp/hirakata/visit/search/sikkansyousai/d22-012.html

木村隆 医師 きむら眼科 院長監修ドクターのコメント
調節検査とは、ピントを合わせる際に水晶体の厚みを調節する毛様体筋にかかる負荷を調べる検査です。調節検査を実施しているクリニックは限られていますが、実施していないクリニックでも、遠方視力と近方視力を測定して各年代の目安と比較することで、目の状態を調べることができます。

眼精疲労の治療方法

原因を特定し、それが発見されれば排除することが必要です。眼鏡が合わない場合は作り直したり、目の病気が発見されれば治療したりします。パソコンを使用する機会の多い人は、適度な休息を取りながら行うことが非常に大切です。眼精疲労に特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効である場合があります。

引用:日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_gansei.jsp

木村隆 医師 きむら眼科 院長監修ドクターのコメント
市販の目薬を使ってみても眼精疲労が改善しないと感じた場合は、眼科の治療を検討してみることをおすすめします。また、眼精疲労を治すためには目を休めることも大切ですが、仕事などでどうしても長時間のパソコン作業をやめることができない方もいらっしゃるでしょう。そんな場合は、ブルーライトをカットするメガネやシートなどを活用するのも一つの方法です。これらのアイテムで負担が軽減されたと感じる人は多いようです。また、パソコン作業が続く場合は目を休める時間をとって窓の外の景色を眺めたり、ディスプレイの高さを見やすく調整したり、室内の空気が乾燥しないよう加湿を心がけたりと、ちょっとした工夫の積み重ねで目にかかる負担を軽減できます。


この記事の監修ドクター

木村隆 医師 きむら眼科 院長木村隆 医師
きむら眼科 院長

PROFILE

杏林大学医学部卒業。杏林大学医学部付属病院入局。今泉眼科病院、馬詰眼科(福生市)勤務を経て、平成21年4月にきむら眼科開業。平成26年12月、現在の場所(八王子市)に移転。