1. Medical DOCTOP
  2. 角膜潰瘍の症状や原因、治療方法をご紹介

角膜潰瘍の症状や原因、治療方法をご紹介

角膜潰瘍(読み方:かくまくかいよう)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
小島 孚允医師 小島眼科医院 院長

角膜潰瘍とは

角膜は、表面を覆う涙や上皮細胞で守られています。しかし感染、外傷など、何らかの原因により 、角膜の実質まで深く障害が及ぶ場合があります。この状態を角膜潰瘍といいます。自覚症状としては目の痛みなどをともないますが、この状態がひどくなると、角膜に穴があく角膜穿孔(かくまくせんこう)に至る場合があります。角膜実質障害の原因が感染性であればその治療を行います。症状が重い場合には角膜移植術を行うこともあります。

引用:千寿製薬
http://www.senju.co.jp/consumer/note/disease_kmk.html

小島 孚允医師 小島眼科医院 院長監修ドクターのコメント
角膜潰瘍は角膜上皮のみならず深層の角膜実質が侵される病気です。主に角膜の感染症により引き起こされ、角膜疾患の中では重症の病気です。通常健康な目には発症しませんが、何らかの原因で角膜が傷つきそこに病原体が棲みつくことにより発症します。免疫能が低下して抵抗力が弱くなった状態、例えば高齢者、糖尿病罹患者、ステロイド使用中の人などでは発症のリスクが上がります。放置すると重症化して視力低下を生じ、更に進行すると失明することもあります。早期に医療機関を受診し、治療を受けることが大切です。

角膜潰瘍の症状

白目の充血、痛み(ときに激痛もある)、目のごろつき感、流涙、眼脂の増加、視力低下などが主な症状です。

引用:ボシュロム・ジャパン
http://www.bausch.co.jp/eye-dictionary/omonamenobyouki-1/kyoumakunobyoki/corneal-ulcer/

小島 孚允医師 小島眼科医院 院長ドクターの解説
目に異物感、強い痛み、涙が出る、目やになどの自覚症状があります。潰瘍部分の角膜が白く濁り結膜(白目)が充血します。視界が曇り、視力も低下します。

角膜潰瘍の原因

原因は外傷やヘルペス、細菌、真菌(カビ)、アメーバなどによる感染が主たるものです。このほかに、免疫反応の異常による場合(蚕蝕性角膜潰瘍)、酸やアルカリが目に入って起こる場合(角膜化学腐蝕)、また糖尿病の合併症で知覚神経が障害されて起こることもあります。

引用:ボシュロム・ジャパン
http://www.bausch.co.jp/eye-dictionary/omonamenobyouki-1/kyoumakunobyoki/corneal-ulcer/

小島 孚允医師 小島眼科医院 院長監修ドクターのコメント
角膜潰瘍の主たる原因は、上述のように病原体の感染によります。主な病原体は、細菌、真菌、ヘルペスウィルス、アカントアメーバなどです。汚染された異物が目に入ったり、植物の枝や葉で目を傷つけたりすることでしばしば発症します。またコンタクトレンズの不適切な使用でも発症することがあります。使い捨てコンタクトレンズの再使用や、レンズの消毒を怠ったことによる感染が原因となります。

角膜潰瘍の検査法

医師は、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(拡大鏡下に眼を診察できる器具)を使って潰瘍を評価します。潰瘍をよりよく観察するため、フルオレセインという黄緑色の色素を含む点眼薬が使用されることがあります。フルオレセインを使用すると、潰瘍で傷ついた部分に一時的に色がつき、普段は目に見えない角膜の損傷部が観察しやすくなります。

場合によっては、大きな潰瘍の表面をこすって病変のサンプルを採取することがあります。サンプルは、検査室で微生物を増殖させ(培養し)、これにより感染症を引き起こしている細菌、真菌、ウイルス、または原虫が特定されます。病原体が特定されると、医師はその感染症に最適な薬剤を選びます。
引用:MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/20-眼の病気/角膜の病気/角膜潰瘍

小島 孚允医師 小島眼科医院 院長監修ドクターのコメント
細隙灯顕微鏡で感染部分の角膜が強く白濁しているのが観察されます。白濁の形態は病原体によりさまざまで、細菌や真菌では角膜後方の目の中に膿がみられることもあります。また角膜周囲の結膜に強い充血がみられます。病原体を検出するために目やにや涙または病変部の角膜を一部採取し、検鏡や培養を行い病原体を特定します。

角膜潰瘍の治療方法

角膜潰瘍は、速やかな治療を要する緊急事態です。
通常は、抗菌薬、抗ウイルス薬、または抗真菌薬を直ちに点眼する必要があり、その後も頻回の点眼、ときには1時間毎に1日中点眼しなければなりません。
アトロピンまたはスコポラミンなどの瞳孔を散大させる点眼薬は、痛みと合併症の発生を抑えるのに役立ちます。
角膜移植が必要となることもあります。

引用:MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/20-眼の病気/角膜の病気/角膜潰瘍

小島 孚允医師 小島眼科医院 院長監修ドクターのコメント
原因となった病原体に対する治療を行います。細菌感染であれば抗生物質、真菌感染であれば抗真菌剤、ウィルス感染であれば抗ウィルス剤の点眼または眼軟膏を塗布し、必要に応じて内服薬を投与します。重症な場合または重症化する恐れがあれば、入院し点滴治療を行います。治癒した後も強い角膜混濁が残存して、視力低下が著しいときには角膜移植手術が必要なこともあります。早期に治療すればそれだけ治癒率もよく、視力低下も防ぐことができるので、できるだけ早めに医療機関を受診することが大切です。角膜潰瘍の中には非感染性のものもあり、主に角膜周辺部に潰瘍を形成します。原因はアレルギーや自己免疫性の反応によるといわれています。治療はステロイドや免疫抑制剤の薬物療法が行われますが、手術(角膜上皮形成術)の対象になることもあります。


この記事の監修ドクター

小島 孚允医師 小島眼科医院 院長小島 孚允医師
小島眼科医院 院長

PROFILE

昭和40年 埼玉県立浦和高校卒
昭和47年  群馬大学医学部卒
東京大学眼科入局
昭和50年     大宮赤十字病院眼科勤務
昭和61年     帝京大学市原病院眼科助教授
平成 3年      大宮赤十字病院(現さいたま赤十字病院) 眼科部長
平成14年     さいたま赤十字病院副院長
平成24年     小島眼科医院院長 兼任      埼玉医科大学眼科客員教授
所属学会           日本眼腫瘍学会顧問・日本眼科学会・日本眼科手術学会・国際眼腫瘍学会(ISOO)