1. Medical DOCTOP
  2. 角膜びらんの症状・原因・治療方法をご紹介

角膜びらんの症状・原因・治療方法をご紹介 2018.06.29

角膜びらん(読み方:かくまくびらん)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
小島 孚允 医師(小島眼科医院 院長)

角膜びらんとは

角膜の表面の上皮が部分的にとれた状態を「びらん」といいます。角膜の表面を浅く擦りむいた状態であ ると考えてもらえればよいでしょう。 皮膚と違って角膜には血管はないので、角膜びらんでは出血しません。角膜潰瘍と違って軽症で、あとに 後遺症としての視力低下は残らないのが一般的ですが、この角膜びらんを繰り返す再発性角膜びらんという 状態になる人もいます。に沈着して両目の角膜が白濁する遺伝性の病気です。左右の目の同じ位置に、対称的に白濁点が現れます。

引用:日本スポーツ振興センター 学校安全web
https://www.jpnsport.go.jp/anzen/Portals/0/me_syoubyou_syougai.pdf

小島眼科医院 医師 小島 孚允院長監修ドクターのコメント
角膜の表面にあり角膜前面を覆う組織を「角膜上皮」といいます。角膜上皮は外界からの異物の侵入を阻止し、角膜全体を守る役割があります。この角膜上皮が、何らかの要因により剥がれたり、部分的に欠損した状態が「角膜びらん」です。角膜びらんが起きると角膜が外界に対して無防備になるので、感染を起こしやすくなり危険です。角膜上皮の障害のうちでは点状表層角膜症よりも重症な病状と言えます。

角膜びらんの症状

眼のころつき、痛み、白眼の充血が起こります。涙もたくさん出ますが、目やにはあまり出ません。
再発性角膜びらんの人はこれらの症状がとくに強く、また、朝起きた時に突然起こるのが特徴です。

引用:池袋サンシャイン通り眼科診療所
http://tokyomidori.jp/ikebukuro/disease/032.html

小島眼科医院 医師 小島 孚允院長監修ドクターのコメント
目の異物感、急な痛み、涙が出る、結膜(白目)の充血などの症状があります。いつも以上に日差しがまぶしく感じ、それで目が見えにくくなることもあります。これらは角膜に傷がついたというサインなのです。

角膜びらんの原因

多くは外傷、異物飛入、コンタクトレンズ障害など、外的な要因で起こります。また、糖尿病や、角膜ジストロフィーなどの内的な要因でも起こります。

引用:医療法人社団東京みどり会 角膜疾患専門情報ページ
http://www.ikec-kakumaku.com/types/disease02.html

小島眼科医院 医師 小島 孚允院長監修ドクターのコメント
原因は様々ですが、外傷、異物や熱湯の飛入、コンタクトレンズの不適切な装用などの主として物理的な要因で発症します。また角膜内皮障害や重症なドライアイなどが要因となることもあります。
一度治癒しても繰り返し再発することがあり、「再発性角膜びらん」といいます。角膜上皮の接着力が弱いために角膜実質から剥がれやすく再発すると考えられています。糖尿病などの病気が隠れていることがあるので注意が必要です。特に起床した際に再発しやすく、強い痛みを感じるのが特徴です。これは就寝中に涙の分泌量が低下するため、角膜上皮とまぶたの摩擦が強くなり、起床時に角膜上皮が剥がされるためといわれています。

角膜びらんの検査方法

・感染が疑われた場合には、角膜の悪い部分を少し削り、そこにウイルス、細菌、真菌がいないかどうか検査
・角膜の知覚の低下をみる検査
・血液検査で、自己免疫疾患や糖尿病がないかなどを検査
引用:にし眼科クリニック
http://www.nishiganka.com/smart/detail/corneal-ulcer.html

小島眼科医院 医師 小島 孚允院長監修ドクターのコメント
細隙灯顕微鏡による検査を行います。角膜上皮が面状に欠損しているのが観察されます。フルオレセインという色素で角膜を染めると、欠損部分が明確に染色されるので診断に有効です。外傷や異物の飛入の有無、糖尿病などの全身病の有無を確認します。

角膜びらんの治療方法

症状が非常に軽い場合は、感染予防の抗菌点眼薬をするだけということもありますが、通常は抗菌薬の眼軟膏(がんなんこう)を塗布して、眼帯をします。
びらんの大きさにもよりますが、通常は数日で治ります。
再発性の場合は、1回ごとの治療は単純なびらんと同じですが、より痛みが強く、また、いったん治った直後に再発することもあるため、治療的に保護用のソフトコンタクトレンズを使用することもあります。

引用:医療法人社団東京みどり会 角膜疾患専門情報ページ
http://www.ikec-kakumaku.com/types/disease02.html

小島眼科医院 医師 小島 孚允院長監修ドクターのコメント
ヒアルロン酸などの点眼薬で角膜を潤して角膜の表面を滑らかにし、瞬きによる摩擦を極力少なくすることにより角膜上皮の再生を促します。びらん部への感染を防ぐために抗生物質の点眼薬や眼軟膏を併用することもあります。治療中はコンタクトレンズの装着は中止し、眼鏡装用に切り替える必要があります。一方難治性の再発性角膜びらんでは、治療用のコンタクトレンズを用いることが有効な場合もあります。治療期間中は、パソコンややスマートフォンの使用時間を少なくして、目を休ませることが回復を早めることになります。


この記事の監修ドクター

小島眼科医院 医師 小島 孚允院長小島 孚允 医師
小島眼科医院 院長

PROFILE

昭和40年 埼玉県立浦和高校卒
昭和47年  群馬大学医学部卒 東京大学眼科入局
昭和50年     大宮赤十字病院眼科勤務
昭和61年     帝京大学市原病院眼科助教授
平成 3年      大宮赤十字病院(現さいたま赤十字病院) 眼科部長
平成14年     さいたま赤十字病院副院長
平成24年     小島眼科医院院長 兼任     埼玉医科大学眼科客員教授
所属学会      日本眼腫瘍学会顧問・日本眼科学会・日本眼科手術学会・国際眼腫瘍学会(ISOO)