1. Medical DOCTOP
  2. 翼状片の症状・原因・治療方法とは?

翼状片の症状・原因・治療方法とは?

翼状片(読み方:よくじょうへん)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
嘉山 尚幸 医師(かやま眼科クリニック 院長)

翼状片とは

通常、鼻側結膜から結膜が角膜に侵入してくる病気を翼状片(よくじょうへん)といいます。ときとして耳側と鼻側の両側から侵入してくる場合もあり、ひどいときは両側から侵入した結膜組織が橋のようにつながってしまうケースもあります。

引用:ボシュロム・ジャパン
http://www.bausch.co.jp/eye-dictionary/omonamenobyouki-1/ketsumakunobyouki/pterygium/

翼状片の症状

自覚症状としては充血や異物感などがあります。鏡で自分の目をみれば一目瞭然なので、「白目の一部が黒目に伸びてきた」というような症状で受診される人がほとんどです。しばしば両目に起こります。

引用:日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ketsumaku_yokujyo.jsp

嘉山尚幸医師 かやま眼科クリニック院長ドクターの解説
翼状片は白目の表面を覆っている結獏が、目頭から黒目の方に入り込んでくる病気です。そのため、見た目で気づき、眼科を受診される人が多いですが、その他にも目が充血する、ゴロゴロするような違和感がある、などの症状が現れます。
成人以降、どの年代にも現れる可能性のある病気ですが、特に外での仕事が多い人がかかる傾向にあります。その要因として、翼状片は紫外線が大きな原因となっていると言われています。紫外線に当たる機会が多い人は注意が必要な病気です。

翼状片の原因

原因はよくわかっていませんが、屋外で労働する人あるいは緯度の低い沖縄県などで多発することから、紫外線が関与しているのではないかと見られています。

引用:ボシュロム・ジャパン
http://www.bausch.co.jp/eye-dictionary/omonamenobyouki-1/ketsumakunobyouki/pterygium/

翼状片の検査法

翼状片の診断は細隙灯顕微鏡で、拡大して診ることで判断します。
素人が肉眼で見ても、明らかに大きいものは分かりますが、中には類似疾患(偽翼状片や結膜悪性腫瘍など)もありますので、翼状片と決め付けて放置せず、一度眼科を受診することをお勧めします。

引用:たけだ眼科
http://www.takedaganka.com/inspection6/

嘉山尚幸医師 かやま眼科クリニック院長ドクターの解説
検査方法としては、見た目での判断になります。患者さん自身も見た目で気づくことが多いですが、眼科ではより精密に顕微鏡を使い検査し、診断していきます。

翼状片の治療方法

翼状片自体は悪性の組織ではなく、症状がなければ放置しても問題はないのですが、充血や異物感が強くなってくれば点眼などの治療を行います。根本治療には手術が必要です。また、翼状片が瞳の近くまで伸びてくると乱視が発生して見えにくくなるため、この場合も手術が必要となります。ただし、手術を行っても再発することが多く、この傾向は年が若いほど顕著です。

引用:日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ketsumaku_yokujyo.jsp

嘉山尚幸医師 かやま眼科クリニック院長ドクターの解説
治療方法ですが、特に翼状片は悪性のものではないので、基本的には経過観察となります。しかし、乱視が強かったり、視力が低下してきてしまったなどの影響が出てきてしまった場合は、抗アレルギー薬を使用して治療していきます。また翼状片が瞳の方まで伸びてきてしまっている場合は乱視が強く出てくる可能性があります。その際は手術を行う場合もあります。


この記事の監修ドクター

嘉山尚幸医師 かやま眼科クリニック院長嘉山尚幸医師 かやま眼科クリニック 院長

PROFILE

私はこれまでに白内障手術、網膜硝子体手術を中心に約6500件の眼科手術を執刀してきました。特に網膜硝子体手術は眼科手術の中でも最も難しい手術の一つとされています。
この豊富な経験と実績をいかして、当院では日帰り白内障手術と網膜硝子体疾患の治療だけではなく、一般眼科、緑内障、ドライアイ、小児眼科など、高い専門性が求められる分野にも幅広く対応しています。

経歴

平成8年(1996年) 聖マリアンナ医科大学卒業
聖マリアンナ医科大学眼科入局
平成14年(2002年) 聖マリアンナ医科大学大学院卒業・医学博士取得
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院眼科医長
平成18年(2006年) 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院眼科主任医長
平成19年(2007年) 聖マリアンナ医科大学眼科講師
平成25年(2013年) 川崎市立多摩病院眼科副部長
平成28年(2016年) かやま眼科クリニック開院

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会認定 眼科専門医
  • 眼科PDT研究会 認定医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本緑内障学会