1. Medical DOCTOP
  2. 霰粒腫の原因や症状、治療方法について

霰粒腫の原因や症状、治療方法について

霰粒腫(読み方:さんりゅうしゅ)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
水谷 泰之 医師(みずのや眼科 院長)

霰粒腫とは?

眼瞼(まぶた)にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。

引用:日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ganken_sanryu.jsp

水谷 泰之 医師 みずのや眼科 院長監修ドクターのコメント
霰粒腫はまぶたの中の瞼板(けんばん)という組織の中にできる腫れもののことを指します。麦粒腫とよく似ていて、違いは腫れものができる位置などが異なるだけで、起こっていることはほぼ一緒です。しかし、めばちこ(麦粒腫)とは異なり発症しやすい年齢や性別などは特になく、さまざまな年代の方が発症します。

霰粒腫の症状

症状は眼瞼の腫れや異物感です。典型例では痛みも赤みもなく、眼瞼にコロコロとしたできもの(腫瘤)を触れます。炎症を伴った場合は麦粒腫と似た症状が出ることがあり、これを急性霰粒腫と呼びます。

引用:日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ganken_sanryu.jsp

水谷 泰之 医師 みずのや眼科 院長ドクターの解説
霰粒腫そのもの自体は瞼板という組織の中にできるものなので、この霰粒腫自体は痛みを感じるものではありません。しかし霰粒腫にはさまざまな種類があり、中には痛みを感じる急性化膿性霰粒腫というものも存在します。普通の霰粒腫は痛みなどは感じず、ただのデキモノといったところですが、急性化膿性霰粒腫は赤くなり腫れたり痛くなったりします。めばちこ(麦粒腫)と急性化膿性霰粒腫の症状は紛らわしく、よく間違われることがあります。

霰粒腫の原因

まぶたの縁にあるマイボーム腺と呼ばれる脂肪の分泌腺がつまってしまい、脂肪のかたまりができることを霰粒腫といいます。
体調が悪くなるとマイボーム腺がつまりやすくなることがあります。また、目のまわりを不潔な状態にしたままにすると、細菌が付いてマイボーム腺が閉塞することもあります。

引用:新宿東口眼科医院
http://www.shec.jp/eye_disease/monomorai/

霰粒腫の治療方法

腫瘤が小さければ自然に吸収されることもありますが、大きい場合は副腎皮質ステロイド薬を腫瘤に注射したり、手術で摘出したりする必要があります。急性霰粒腫に対しては、まず抗生物質などで消炎をはかります。高齢者では悪性腫瘍との鑑別が必要であることもあり、注意が必要です。

引用:日本眼科学会
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ganken_sanryu.jsp

水谷 泰之 医師 みずのや眼科 院長ドクターの解説
霰粒腫はまぶたを触るとしこりのようなものを感じます。そのしこりに痛みや痒みなどがなく、本人が気にならなければ放置しても構いません。しかし何度も化膿したり痛みを感じる場合は、手術でしこりを切除するという方法があります。目薬や塗り薬での治療方法もありますが、しこりが小さくなるだけで完全になくすのにはとても時間がかかり、完全にしこりを切除したい方には手術を勧めています。女性の場合などは、しこりがふたえの幅を変えてしまったり、瞬きをしたときにしこりがわかるなど、見た目を気にされる方が多いので、手術してしこりを取る方が比較的多いです。手術をすればすぐに治る病気ですが、手術をしない場合はなかなか治りにくい病気です。薬や目薬などでは完治は難しく、半年ほどかかって治している患者さんもいらっしゃいます。手術をするかしないかは個人の意見には任せていますが、しこりが残らない可能性は手術をしたほうが高いです。


この記事の監修ドクター

PROFILE

外科医である父の背中を見て育った私は、器用な手先を活かし顕微鏡手術のスペシャリストを目指したいという思いから、眼科医の道を選びました。大学病院や総合病院で実績を積み上げた後、長年在籍した大阪医科大学眼科学教室、最後の勤務先となった高槻病院の近くで開業させて頂きました。
『町の眼医者』として患者様に向き合う上では、「患者様が本当に望んでいることは何か」を正確に把握することが最も大切だと私は感じています。症状やデータだけではなく患者様の思いや希望をしっかりと受け止めた上で、一緒に治療計画を立てるように心がけています。
また当院は近隣の大学病院や総合病院と協力・連携しながら、安全で質の高い眼科医療を提供しています。小さいながらも、設備や治療機器は最新のものを取りそろえています。患者様に心から納得の行く治療を受けて頂ける眼科医院であり続けるため、これからも院長をはじめスタッフ一同切磋琢磨して参ります。