1. Medical DOCTOP
  2. 気管支喘息の症状や原因、治療方法のご紹介

気管支喘息の症状や原因、治療方法のご紹介

気管支喘息(読み方:きかんしぜんそく)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
鈴木 隆之 医師(鈴木内科クリニック 院長)


 

気管支喘息とは

喘息の人の気道は、症状がないときでも常に炎症をおこしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。炎症がおこっている気道はとても敏感になっていて、正常な気道ならなんともないホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも狭くなり、発作がおきてしまいます。 喘息の治療は、発作をおこさないための気道炎症の治療が中心となります。

引用:アストラゼネカ「チェンジ!喘息」
www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=15

鈴木隆之 医師 鈴木内科クリニック 院長監修ドクターのコメント
気管支喘息は、両親のどちらかが喘息を持っている場合、発症する確率が3~5倍になると言われています。しかし、両親が喘息でなかったとしても発症することのある、誰でもかかる可能性のある疾患です。夜間の症状が多い為、自分ではわかりにくい場合もありますので、症状が現れた場合は、昼間に症状が軽減している場合でも早めに受診するようにしてください。



 

気管支喘息の症状

発作時には、せき、たん、ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音(喘鳴・ぜんめい)、呼吸困難が起こり、息を吸うよりも吐くときのほうが苦しくなります。

引用:武田コンシューマーヘルスケア タケダ健康サイト
http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=zensoku

鈴木隆之 医師 鈴木内科クリニック 院長ドクターの解説
気管支喘息は、呼吸をし、息を吐いたときに「ヒューヒュー」という音が聞こえるのが特徴です。運動後などに症状が現れる場合もあります。一度症状が出ると、台風の前や季節の変わり目、黄砂、花粉、ウイルス感染などの環境に影響されます。これらの環境の影響を受けて、一時的には症状を認めてもすぐに症状が治まってしまうケース、発作を起こしてから定期的に症状が持続するケースがあり、人によって「症状が一時的な場合」と「症状が持続する場合」に分かれます。咳や「ヒューヒュー」という呼吸の苦しさから夜眠れないほどの症状が現れることもあります。気管支喘息は夜間に症状が現れることが多く、昼間になると症状が軽減していることもありますが、夜間に症状がある場合や増悪因子が関わるものは気管支喘息である可能性があるので早めの受診が大切です。



 

気管支喘息の原因

原因はチリダニやハウスダスト、ペットのフケ、カビなどのアレルギーによることが多いのですが、その原因物質が特定できないこともあります。

引用:日本呼吸器学会
www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=15

鈴木隆之 医師 鈴木内科クリニック 院長監修ドクターのコメント
人によって原因となる因子や症状の現れ方は違います。ダニ、ネコ、イヌ、ハムスター、モルモット、かび、花粉などのアレルギーの原因となるもの、インフルエンザなどのウイルス感染、大気汚染による環境の影響、喫煙など、様々な環境因子が発症のきっかけになります。小児期に喘息症状があり、一旦は、治療で治まっても、成人期に再発するケースもあります。



 

気管支喘息の検査法

呼吸機能検査で気道の空気の流れが悪くなっていないかどうか調べます。気管支拡張薬を吸ったあとにその流れが改善すれば喘息の可能性が高いです。また、痰の検査や吐いた息の中の一酸化窒素濃度などを測定して気道の炎症がないかどうか、血液検査でアレルギー体質かどうかなども検査します。

引用:日本呼吸器学会
http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=15

鈴木隆之 医師 鈴木内科クリニック 院長監修ドクターのコメント
気管支喘息の場合、聴診器で呼吸音を聞いた際に「ヒュー」という音が聞こえることが多いのですが、普通の呼吸をしている状態では、「ヒュー」という音が聴診できないケースもあります。その場合には、患者さんに“ろうそくの炎を吹き消すようなイメージ”で「強く息を吐いていただいた状態」で聴診をします。普通の呼吸では聴診できなかった「ヒュー」という音が、息を強く吐くことで初めて聴診できるケースもあります。気管支喘息の診断においては、まず「心臓喘息」と呼ばれる「心不全による喘息と似たような症状を認めるケース」を除外する必要があります。心臓喘息と呼ばれる心不全がないかどうかは、胸部レントゲン写真で確認をします。胸部レントゲンで心不全を除外した後、呼吸機能検査で吐く息の量や呼吸をした際に気道が狭くなるかどうかを調べます。この検査で、一定の時間内に、吐く息の量が少ない場合には、気管支喘息と診断することができます。 また、慢性閉塞性肺疾患(COPD)とも症状が似ているため、区別が必要です。



 

気管支喘息の治療方法

喘息患者さんの気道には、慢性の炎症が起きています。この炎症は1ヶ月、2ヶ月では治らないため、毎日治療を続けることが大切です。症状がないときでも、気道の炎症は続いており、ホコリ、ダニなどのアレルゲンやタバコなどの刺激、ストレスなどが加わると、再び症状が現れてしまいます。
ですから、症状がある時だけ、発作が起きた時だけ治療をしても十分ではないのです。
こうしたことから喘息には、「症状が起こらないように毎日行う治療」と「症状や発作が起きた時に行う治療」の2つがあります。

引用:アストラゼネカ「チェンジ!喘息」
www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=15

鈴木隆之 医師 鈴木内科クリニック 院長監修ドクターのコメント
基本的には通院して治療し、症状をコントロールしていきます。気管支喘息は、症状が良くなったと思っても、自己判断で治療を中止してしまうと、インフルエンザ感染などの増悪因子により、喘息発作で入院となってしまうケースもあるので注意が必要です。環境によって左右されやすく、一時的に発作が起きたり、季節の変わり目などに定期的に症状が現れたりと人によって症状の出方が違います。自己判断をしないで、主治医の先生とよく相談をするようにしてください。完治する治療法は確立していませんが、一定の治療をしていくと日常生活に支障がないレベルまで、症状を抑えることができます。さらにコントロールが良くなれば、徐々に薬の量を減らすことができ、最終的には薬をなくせるケースもあります。主治医の先生と相談しながら、それぞれの患者様の状態に応じて、適切な治療を続けていくことが大事になります。



 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.