1. Medical DOCTOP
  2. 気軽に受けられる審美歯科!ダイレクトボンディングとは?

気軽に受けられる審美歯科!ダイレクトボンディングとは?

「芸能人は歯が命」とは一世を風靡したCMの決め台詞ですが、笑顔から覗く白くて美しい歯には、誰もが憧れるものでしょう。
反対に黄ばみ・黒ずみ・すきっ歯などがあり、口元に自信がないと屈託なく笑うことすらためらってしまいますよね。
歯をきれいにしたいけれども、「施術には長い時間がかかるのでは…」「費用が不安」などと、審美歯科の診療を受けることに気後れしてしまっている方もいらっしゃるでしょう。
歯をきれいに魅せるための施術の方法はいくつかありますが、その中でも比較的気軽に受けられる施術方法として『ダイレクトボンディング』があります。
今回はこのダイレクトボンディングの施術方法や利点について、Medical DOC編集部がお届けします。
この記事の監修ドクター:
齋藤 徹 歯科医師 さいとう歯科医院 院長


 

 ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、コンポジットレジンと呼ばれる歯科用の樹脂を歯科用の接着剤を使用して歯の表面に直接貼り、何層も重ねていく施術方法です。
コンポジットレジンは通常の虫歯治療でも活躍しますが、こちらの場合は貼り重ねるのではなく患部に充填して隙間などを埋めるために使われます。
虫歯治療のレジンの使われ方が機能重視である一方、ダイレクトボンディングは審美性も重視した施術方法と言えるでしょう。
それでは、ダイレクトボンディングを選択できる具体的なケースとメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

ダイレクトボンディングにできること

ダイレクトボンディングは、以下のような場合に効果があります。
・すきっ歯の間を埋める
・歯の先端の凹凸を埋める
・欠けてしまった歯や虫歯治療で削られた歯の表面を目立たないように修復する
・虫歯などで変色してしまった歯を目立たなくする
・金属製の詰め物と入れ替える

 

ダイレクトボンディングにできないこと

審美性を重視した虫歯の治療にも対応できるダイレクトボンディングですが、次の2つのケースでは適用できません。
・歯が大きく欠損している
・歯周病が進行している
ダイレクトボンディングに使用するコンポジットレジンは、セラミックなどに比べて強度が落ちます。そのため、虫歯治療で歯を大きく削られてしまった場合などには、セラミッククラウンなどの被せ物を使った施術が適当です。
また、歯周病によって歯に隙間がある場合や出血が見られる場合は、ダイレクトボンディングを行う前に歯周病治療を行う必要があります。

 

ダイレクトボンディングのメリット

・歯への負担が少ない
・金属を使用しない
・短時間の施術で済む
・破損しても容易に修復できる
・自然歯に近い仕上がりになる
・ほかの自費診療に比べて安価(後述)
ダイレクトボンディングでは歯に直接コンポジットレジンを貼り付けていくので、セラミックや金属の被せ物をする場合と違ってほとんど歯を削る必要がありません。被せ物の施術には必要な型取りの手間がないため、30分~1時間程度の短い時間で施術を終えることができます。
ただし、すきっ歯を埋める場合などは型取りが必要になるので、数回通院しなければなりません。
また、レジンを貼り重ねていくだけの施術なので、施術後に経年劣化などによって修復が必要になった場合でも容易に対応できます。
さらに様々な色調のレジンを使用することで最終的な色調の微調整が効き、自然歯と遜色のない見た目を手に入れることができます。
加えて、ダイレクトボンディングで使用するレジンは金属材料ではないので、金属アレルギーのある方でも安心して施術を受けられます。

 

ダイレクトボンディングのデメリット

・施術する医師の腕前に出来栄えが左右される
・耐久性が低め
・年数が経つと変色する可能性がある
・施術後の歯は少し太くなる
・保険外診療による治療費負担
ダイレクトボンディングは精細さの要求される施術ですので、歯の形状の復元や色の選択など医師のセンスによって仕上がりに差が出やすいです。
ダイレクトボンディングに使われるレジンは虫歯治療などの保険診療で使用されるものよりも硬い素材でできていますが、セラミックや金属と比べると耐久性は弱くなります。歯よりも柔らかいので、強い力が加わると欠けてしまうこともあります。
また、セラミッククラウンは変色しませんが、樹脂を使うダイレクトボンディングでは年月が経つと歯とレジンとの境目が色づくことがありますのでご注意を。

 

 費用について

ダイレクトボンディングは短時間で比較的簡単に口元をきれいにできる診療ですが、保険が適用されません。
虫歯治療でコンポジットレジンを使う場合は保険が適用されますが、色の指定などはできません。自費診療の中では比較的安価とは言うものの、診療を受けるにはやはり費用は気になるものです。
ダイレクトボンディングの相場は、1本あたり10,000~50,000円ほどです。保険が適用される虫歯治療の場合は700~1,000円ですので、やはり高価な診療と言えるでしょう。
ただ一方で、歯を大きく削ってセラミッククラウンを被せる『オールセラミック』では、1本あたり80,000~150,000円ほどが相場となるため、保険が適用されない審美歯科の診療の中ではリーズナブルと言えるのではないでしょうか。

 

 ダイレクトボンディングの注意点

比較的安価で手の出しやすい審美診療であるダイレクトボンディングですが、施術を受けるにあたってはいくつか気を付けたほうがよい点があります。

 

実績豊富な歯科医院にかかりましょう

すでに述べたようにダイレクトボンディングはとても細やかな作業が必要な診療なので、歯科医院選びは慎重におこなう必要があります。
最近は虫歯などをただ治療するだけではなく、よりきれいな仕上がりを求めて歯科医院を訪れる方が増えています。これを受けてお手軽な審美診療であるダイレクトボンディングを手掛ける歯科医院も増えています。
後悔のない診療のためには、歯科医院を選ぶ際にダイレクトボンディングの実績や医師の技術をチェックすることが重要です。

 

歯の日常ケアは入念に

ダイレクトボンディングの施術後は歯がレジンに覆われた状態になりますが、きちんとケアをしなければ虫歯になる可能性があります。すきっ歯を埋める施術を行った場合は特にご注意ください。
歯と歯の間に隙間があると汚れなどが溜まりにくいですが、そこをレジンで埋めると元よりも汚れの留まりやすい場所になります。
歯並びや歯の形状によってはブラッシングが届きにくくなることも考えられますので日常ケアは入念に行うようにしてください。

 

歯ぎしりと噛みしめ癖に注意

セラミックや金属と比べて強度の低いレジンでは、歯ぎしりや噛みしめなどによって力が加わると欠けてしまうことがあります。
歯ぎしりと噛みしめが癖になっている場合は、マウスピースを作ってもらうなどの対策を行って症状を緩和させることをおすすめします。これらの癖は歯だけではなく頭痛や肩こりにまでつながってくるため、歯ぎしりしにくいようにかみ合わせの矯正治療を受けるのもよいでしょう。

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、審美歯科診療の中でも気軽に受けられるダイレクトボンディングについてご紹介してきました。
ダイレクトボンディングは強度面にデメリットはあるものの、セラミックよりも安価で手を出しやすく、破損しても修復が容易であるなどの魅力があります。
前歯など人目に付きやすい口元の問題は、どうしても気になってしまうものです。
「口元をきれいにしたいけれど高額な診療費はかけられない…」という方に、ダイレクトボンディングはおすすめです。
すきっ歯などを気にして笑うことをためらってしまうのは大変残念な事。
ダイレクトボンディングできれいな口元を手に入れて、心置きなく素敵な笑顔を見せましょう!

齋藤 徹 歯科医師 さいとう歯科医院 院長監修ドクターのコメント
笑顔が素敵な人はとても魅力的です。自信を持って笑いたくても、
「銀歯が目立って恥ずかしい」「歯の黄ばみが気になる」「白く輝く歯に憧れる」などのお悩みはありませんか?
当院では、審美セラミック治療をはじめ、エステ感覚で心地よく歯と口元を美しく健康にするお手伝いをしています。
また、私たちは当院を「痛くなったら行く場所」ではなく、健康的で自信の持てるお口になり、「楽しく、喜びいっぱいの上質で素敵な人生」を送るための場所にしていきたいという思いを持ちながら、日々全力で診療しております。
それでは、あなたがお越しになる日を楽しみにしております。
 
監修ドクター:齋藤 徹 歯科医師 さいとう歯科医院 院長



 

 ダイレクトボンディングでおすすめの歯医者さん 関東編


 

さいとう歯科医院

出典:http://www.saitoudental.com/

電話番号 046-833-5582
住所 神奈川県横須賀市久里浜4-11-15 ライフコンフォート久里浜3F
アクセス JR横須賀線 久里浜駅 徒歩7分
京浜急行久里浜線 京急久里浜駅 東口 徒歩2分
京浜急行バス「京急久里浜駅」バス停留所より徒歩2分
診療時間 【月〜土】9:30~13:00/14:30~18:00
※予約制
・初診の方の最終受付時間は17時00分までとなります
・初診の方は予約時間の10分前までにお越しください
・継続の方の最終受付時間は17時30分までとなります
・電話予約受付時間は9時30分~18時までとなります
休診日 水曜日・日曜日・祝日
URL http://www.saitoudental.com/


 

この記事の監修ドクター

© Medical DOC.