1. Medical DOCTOP
  2. 全部の歯をインプラントにした場合の費用や治療期間

全部の歯をインプラントにした場合の費用や治療期間


歯を失った際の治療として、インプラントと呼ばれるものがあります。インプラントは金属などの強固な素材でできたインプラント体と呼ばれる人工歯根をお口の中に埋め込み、その上部に人工歯冠を被せる治療を指します。
そんなインプラントは部分的に取り入れることの多い治療ですが、人によっては審美的観点や欠損の状態から全部の歯にインプラントを入れるということもあります。
ここでは全部の歯をインプラントにした場合の費用や治療期間について、歯科アプリ編集部がお届けします。
この記事の監修ドクター:
秋築 宏志 歯科医師 あきづき歯科クリニック 院長


 

 部分的なインプラントと全体的なインプラント


部分的なインプラントと全体的なインプラントでは、治療方法や特徴に大きな違いがあります。この項目ではそれぞれの特徴を中心に解説していきます。

 

部分的なインプラントの特徴

インプラントは欠損した箇所に施す治療ということもあり、一般的には一本や二本など部分的に取り入れることが多いです。一回法や二回法など手術方法には複数の種類がありますが、インプラント体を欠損箇所の顎骨に埋入するという手段は同じです。
欠損した箇所だけに処置を行うので、両脇を含めた他の歯への負担がないのが特徴です。顎骨に強固に固定されるということもあり、入れ歯やブリッジと比べて快適な使用感を得られるといったメリットもあります。
一回法は手術を一回で終わらせる治療方法を指し、インプラント体を埋入した後、完全に閉じずにお口の中にインプラントの構造物が見えるようにしておきます。こちらの治療方法はインプラントを埋め込む部分の顎骨に初期固定できていることが必要となります。手術が1回で済むため、体への負担が少なくできます。
二回法は手術を二回に分けて行う治療方法を指し、1回目の手術でインプラント体を埋入して、露出しないように完全に閉じます。その後、インプラント体と顎骨が固定されるまでしばらく経過観察をします。その後、二回目の手術でアバットメントを装着していきます。こちらの場合は治療期間が長くなってしまいますが、顎骨の強度や密度に不安がある場合はこちらの治療を用いる必要があります。また、1回目の手術で完全に粘膜の中に閉じておくため、感染しにくいというメリットもあります。

 

全体的なインプラントの特徴

全体的なインプラントでは、部分的なインプラントと同様にインプラント体を顎骨に埋入するという手段は同じですが、全ての歯が失われているため治療方法は大きく変化します。
治療方法としてはオーバーデンチャー治療やオールオン4治療などがありますが、これらについては下で詳しく解説していきます。
全てをインプラントで治療する場合、部分的なものと比べて費用負担や身体的負担はどうしても大きくなってしまいます。しかし、事故や病気などで全ての歯を欠損してしまった場合でも、快適に使用できる歯をもう一度手にすることができるので、楽しい食生活の再現、明朗快活な毎日の実現など、クオリティオブライフの向上に繋げることができます。
<h2全ての歯をインプラントにする人の理由
全ての歯をインプラントで治療する場合には、どのような理由があるのかいくつかピックアップしてご紹介いたします。

 

全ての歯の欠損を補う手段として

全ての歯をインプラントで治療する人の理由として最も多いのは、事故や病気など何らかの事情によって全部の歯を欠損しまったということです。むし歯や歯周病といった口腔疾患が原因でどんどん歯を失い、最終的に一本も残らなかった・・・ということも一つの理由です。
そのほかにも交通事故や何らかの病気によって歯を失ってしまったという人もいます。そのような人がもう一度快適に噛める歯を手に入れる手段の一つとして、全体の歯をインプラントにするという方法があります。入れ歯よりも快適に食生活を楽しみたい、天然歯のように不自由なく毎日を過ごしたいという思いから、このような方法を取られる人もいます。
保険であれば、全ての歯を失った場合には総入れ歯にするしか方法がありません。費用負担や身体的負担の問題はありますが、これらがクリアできるのであれば選択肢の一つとして非常に有用かと思います。

 

審美的問題を解決する一つの手段として

全ての歯をインプラントにする他の理由としては、歯並びや歯の部分欠損といった審美的な問題を解決するためというものがあります。特に芸能界で活躍している人や企業の社長など、他人とコミュニケーションを取る機会が多い人が全ての歯をインプラントにすることもあるようです。
また、白く綺麗な歯を長く維持するという目的から天然歯を抜いてインプラントにするということもあるようです。しかし、歯科医師は健康的な天然歯の抜歯を良く思わない人がほとんどです。審美的問題を解決する手段としては、矯正治療やセラミック治療など、他の治療方法を提案する歯科医院の方が圧倒的に多いかと思います。

 

 全ての歯をインプラントにする治療の種類

全ての歯をインプラントにすると言っても、その治療方法は様々です。その中から代表的なものをご紹介していきます。

 

インプラントオーバーデンチャー

全ての歯を失ってしまった場合の治療方法として以前から存在するのが、「インプラントオーバーデンチャー」と呼ばれるものです。「インプラントオーバーデンチャー」とは簡単に言えばインプラントと総入れ歯を組み合わせた治療です。
顎骨に2~4本程度のインプラント体を埋め込み、ボタンやマグネットによって総入れ歯を固定します。半固定式となっており総入れ歯部分は取り外すことも可能なので、メンテナンスや清掃が行いやすく、清潔な状態を長く維持しやすいのも特徴の一つです。
治療の費用は処置を行う歯科医院にもよりますが、70万円から150万円程度になります。部分的なインプラントが一本30万程度なので、比較すると費用負担は大きくなります。また、数本のインプラント体を埋め込むので、当然ながら1本埋め込む場合よりも身体的負担は大きくなります。

 

インプラントブリッジ

これはインプラント体を6~8本程度埋め込み、固定式のブリッジを装着する方法です。本数を多くするため、安定が良くしっかりと噛むことができます。ネジ止めで固定しておけば、歯科医院で外して清掃することも可能です。
実績のある治療法ですが、本数が多く骨が足りない場合は骨造成の必要が出てくることもあるので、数回の手術を行ないます。近年では、長さの短いショートインプラントも登場しているので、骨造成をしなくても治療ができることもあります。
費用は本数分+αになるので、250万~400万程度かかります。

 

オールオン4

オールオン4は近年注目されている治療で、こちらもインプラントと総入れ歯を合わせたような治療になります。他のインプラント治療と違い、顎骨に4~6本程度のインプラント体を強固に固定できるように傾斜させて埋め込み、そのインプラント体と人工歯をボルトで固定します。
従来の入れ歯のように吸着させるのではなく、支えとなるインプラント体に装着するので、ズレや違和感が少ないといった特徴があります。以前から総入れ歯を使っていて、入れ歯の使用感に満足していないという人に適した治療です。
オールオン4の最大のメリットは、比較的少ないインプラント体の本数での治療が可能で、手術当日に固定式の仮歯が入るということです。上手くいけば、当日から食事ができるようになります。
しかし、まだまだこの治療に対応している歯科医院が少ないのが現実で、デメリットもあります。オールオン4治療を希望する際は、「オールオン4を専門に治療している」ような実績のある歯科医院が推奨されます。歯科医院にもよりますが、おおよそ200~300万円前後で治療を受けられます。

 

 じっくりと考えた上で決断することが大切

ここまでお話してきた通り、全ての歯をインプラントで治療するのには様々な理由があります。特に事故や病気など何らかの理由によって全部の歯を欠損した人にとっては、多様な選択肢が存在するのは嬉しいことだと思います。歯科医療の発展と共にどんどん新しい技術や治療方法も生み出されているので、これからまた違ったインプラント治療が出てくるかもしれません。
全ての歯をインプラントで治療にする場合は、どうしても費用負担や身体的負担が大きくなってしまいます。そのため、治療を受ける際は、自身の経済状況や身体のことを踏まえてじっくりと考えてから決断することが大切です。
また、全ての人にインプラント治療が適しているとは限らないので、治療を希望する際はお口の専門家である歯科医師に一度相談してみるのが良いかと思います。

秋築 宏志 歯科医師 あきづき歯科クリニック 院長監修ドクターのコメント
全ての歯を失ってしまった場合、保険だと「総入れ歯」しか方法がありません。
上手く入れ歯が使えればいいのですが、そうではない方も多いのが現実です。
しかしインプラントとなると、費用や外科手術の面で不安な方もいらっしゃると思います。
その中でインプラントオーバーデンチャーは、2本のインプラントでも可能な場合もあり、費用と体への負担を少なくできますし、取り外してご自身で簡単に清掃ができます。
高齢者の方や介護の方でも簡単に取り扱いができますので、今注目の治療法です。
 
監修ドクター:秋築 宏志 歯科医師 あきづき歯科クリニック 院長



 

 インプラント治療でおすすめの歯医者さん 九州編


 

あきづき歯科クリニック

出典:http://www.akizuki-dc.com

電話番号 093-616-0470
住所 福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階
アクセス 筑豊電鉄 三ヶ森駅 徒歩13分
西鉄バス「愛宕神社」バス停 徒歩すぐ
北九州都市高速 小嶺インター・黒崎インターより車で約10分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~20:00
【土曜】9:30~13:00/14:30~18:00
【日・祝】9:30~14:00
※受付終了は診療時間の30分前
休診日 水曜日
URL http://www.akizuki-dc.com/


 

この記事の監修ドクター

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.