ぶどう膜炎での日帰り手術って?
  1. Medical DOCTOP
  2. ぶどう膜炎での日帰り手術って?

ぶどう膜炎での日帰り手術って? 2017.11.07

ぶどう膜炎とは、ぶどう膜と呼ばれる、脈絡膜、毛様体、虹彩に発生する炎症の総称です。炎症の原因は様々で、状況によっては、失明にもつながる重篤な症状となる場合があります。気長に長期に渡って付き合っていくことが必要になるぶどう膜炎ですが、早期に発見対応することで、症状を軽く抑えることや、症状の再発を防ぐことができる場合もあります。早期発見、早期対応がキーとなります。症状や原因、手術の情報について、Medical DOC編集部がお届けします。

ぶどう膜炎の詳細

そもそもぶどう膜とは?

ぶどう膜とは、眼球の内側にある、脈絡膜、毛様体と虹彩をまとめた総称です。これらは眼球を包み込むような球状になっており、血管や紫外線を防ぐメラニン色素を作るメラノサイトが豊富で、球状な形、そして色も果実のぶどうの色に似ていることから「ぶどう膜」と呼ばれます。ぶどう膜炎は、このぶどう膜と呼ばれる部分に何らかの原因で炎症が起こった状態のことを指します。ぶどう膜炎は、内眼炎とも呼ばれます。

ぶどう膜炎の症状は?

ぶどう膜炎が疑われる際に、現れてくる自覚症状としては、以下のものがあげられます。

  • 眼が赤い(充血)
  • 眼に鈍痛がある
  • まぶしい
  • 涙っぽい
  • 視力がおちる/みにくい
  • 霧がかかったように見える
  • ゆがんでみえる
  • ものが小さくみえる

これらの症状は、片目のみに表れることもあれば、両目にあらわれることもあります。気になる症状があるときには、早めに眼科を受診しましょう。

ぶどう膜炎の原因は?

ぶどう膜炎自体は、ぶどう膜に現れる炎症の総称で一口にぶどう膜炎といっても、原因は様々なものが考えられます。考えられる病気の中でも、原因として頻度の高いものは以下が上げられます。

  • サルコイドーシス
  • フォークト・小柳・原田病
  • ベーチェット病
  • 急性前部ぶどう膜炎

ただ、どれも原因が明確にわかっておらず、難病指定されている病気もあります。

ぶどう膜炎の原因と主な治療法

サルコイドーシス

サルコイドーシスは厚生省の特定疾患医療に認定されています。全身の至る所に肉芽腫ができる、原因不明の慢性病です。眼以外にも肺、皮膚、心臓、リンパ節、唾液腺、神経、肝臓、脾臓、筋肉、腎臓、胃等と様々な臓器に肉芽腫性病変を起こします。眼の症状をきっかけに、病院を受診してサルコイドーシスであることが判明することもあります。治療は、ステロイド薬や癒着を防ぐための散瞳薬の点眼が中心となります。

フォークト・小柳・原田病

フォークト・小柳・原田病は東洋人に多く発症しやすいという傾向を持つ病気です。メラノサイトの多い部分に炎症が起こり、眼の症状のぶどう膜炎以外に、めまい、難聴、耳鳴りや髄膜炎を併発してそれにより頭痛が発生することもあります。眼については、炎症が強い場合、両眼に網膜剥離が発生することがあります。この病気は、発病初期にしっかり治療して慢性化させないことが大切です。ステロイド薬が大変有効のため、入院をして点滴で大量投与を行います。ステロイドを大量に投与する場合は、その後の減量と副作用のチェックが重要になってきます。

ベーチェット病

ベーチェット病は、厚生省の特定疾患医療に認定されている難病です。全身の皮膚や粘膜に、炎症が繰り返し発生する慢性の病です。このベーチェット病のぶどう膜炎は男性に多く発生し、重症化しやすいという傾向があります。突然視力が低下するぶどう膜炎の発作を繰り返すことが多く、一回一回の炎症からはすぐ回復するものの、繰り返すことにより細胞が傷つき、視力が低下し失明に至ることもあります。そのため、いかに発作を軽症化し、且つ回数を減らすかが課題となってきます。治療としては、免疫抑制薬や生物学的製剤の投与が行われます。

ぶどう膜炎での手術

硝子体手術

硝子体手術は以下のような症状に有効な手術です。

  • ぶどう膜炎
  • 糖尿病網膜症
  • 硝子体出血
  • 網膜剥離
  • 黄斑円孔

ぶどう膜炎では、炎症によって硝子体の濁りが強い場合や、網膜剥離が発生している場合に行われることがあります。硝子体とは眼球内の透明なゼリー状組織です。硝子体に何らかの原因により、炎症、混濁、出血が発生することによって網膜への光の到達を妨げます。

手術では、この炎症や混濁が発生した硝子体を切除する為、角膜に小さな穴を3つあけ、そこから細い器具を用いて、眼球内の出血や濁りを硝子体と共に取り除きます。網膜の病変に治療を行い、手術終了時に眼内を水・空気・ガス・シリコーンオイルのいずれかに置換します。

緑内障手術

ぶどう膜炎の合併症として、緑内障が発生することもあります。

緑内障とは、何らかの原因で視神経が阻害されて、視野が徐々にせまくなったり、欠損したりする病気です。緑内障の進行は、眼内の固さを表す眼圧と大きなかかわりがあります。

手術には主に2通りあります。

◎線維柱帯切除術
眼圧を下げるには、最も効果が期待できる手術です。房水の流れる通路を新しくつくります。 つまり、眼内と結膜下の間にバイパスを作成していきます。これにより、房水は強膜(目の壁)のすき間を通り、結膜下まで流れるようになります。10日~2週間程度の入院が必要となります。

◎線維柱帯切開術
房水の流れ出る際に最も抵抗となる部分(線維柱帯)を切り、房水の流れを良くする手術です。1週間程度の入院が必要となります。

白内障手術

ぶどう膜炎の合併症として、白内障が発生することもあります。

白内障とは、水晶体と呼ばれる部分が何らかの原因でにごってくる状態です。水晶体はカメラに例えるとレンズにあたる部分であるため、水晶体が濁ってくると視界がかすんだりぼやけたりします。水晶体は袋の様な嚢に包まれています。白内障手術では嚢を切り取り、中の水晶体を取り除き眼内レンズを入れます。白内障の手術は、日帰りでも手術可能です。

眼の違和感や気になる症状には早めの受診が重要

今までぶどう膜炎は、失明につながる難病とされていましたが、近年は新しい治療法も研究され、早期に発見し適切な治療を行えば、失明を防げるようになってきました。重篤な状態にならないためにも、気になる症状がある場合は眼科を早めに受診することが重要です。眼の症状がきっかけで、原因となる病気が発見されることもあるようです。日ごろから何かあったときに、すぐ受診できるかかりつけの病院を見つけておくことも有効です。

そして、万が一ぶどう膜炎にかかってしまった場合は、あきらめず長期的に病気と付き合っていくことが必要です。炎症の発生に対して早期の対応が重要となることが多いので、よりこまめに受診をして、チェックをしっかり行いましょう。体を大事にケアして健康で元気な日々を送りたいですね。