1. Medical DOCTOP
  2. 矯正するときは、歯を抜いたほうがいい? 抜かないほうがいい?

矯正するときは、歯を抜いたほうがいい? 抜かないほうがいい?

限られた顎のスペースより、歯全体のスペースのほうが大きいケースが多いため、矯正治療は「椅子取りゲーム」に例えられることがあります。そこで、余った歯を生じさせないための工夫としておこなわれてきたのが「抜歯」です。たしかに理屈としてはわかるものの、弊害などはないのでしょうか。名古屋ステーション歯科・矯正歯科の伊藤先生に、詳しい話を伺いました。

監修医師
伊藤 竜也(名古屋ステーション歯科・矯正歯科 院長)

プロフィールをもっと見る
愛知学院大学歯学部卒業。三重大学病院歯科口腔外科入局後、中京地区を中心に数々の歯科医院院長、医療法人理事などを歴任する。2018年には、名古屋駅の近くに「名古屋ステーション歯科・矯正歯科」を開院。「あなたの素敵な笑顔を作るための歯並び治療」をモットーとして掲げている。日本口腔外科学会、日本矯正歯科学会の各会員。三重大学病院口腔外科非常勤歯科医。

 

歯を抜いたほうがいい症例

編集部編集部

矯正治療では、抜歯をしたほうがいいのでしょうか?

伊藤先生

歯や顎の状態と主訴によります。一概にどちらが良いといえるものではありません。一般的に、顎が小さいことで歯列に乱れの出ている方は、抜歯を伴うことが多いようです。無理に収めようとすると、前歯が前方へ突出したり、奥歯のかみ合わせが変わってしまう可能性があるかもしれません。

編集部編集部

ほかにも、抜歯が好ましいケースを教えてください。

伊藤先生

年齢や症状によって異なるため、詳しい検査、診断にもよりますが、主に乳歯が残っていて永久歯に悪影響を与えているケース八重歯をはじめとした歯列の乱れが極端なケースいわゆる「出っ歯」や「受け口」などで目立ってしまう前歯をひっこめたいケースなどでしょう。また、歯の矯正より骨格矯正を優先したいケースも散見されます。

編集部編集部

歯を動かすだけでは難しいということですね?

伊藤先生

顎の構造も考えていかなくてはいけない患者さんもいらっしゃいます。この場合、検査結果によっては、抜歯をせずに済むかもしれません。

編集部編集部

抜歯するとしたら、どの歯を抜くのでしょう?

伊藤先生

お口の中の症状にもよりますが、「小臼歯」と呼ばれている部位を選択する場合が多いと思います。6本ある前歯の両隣に生えている歯です。仮にむし歯や歯周病などが進行している歯があったら、その歯を優先して抜くかもしれません。


 

歯を抜かなくてもいい症例

編集部編集部

続いて、歯を抜かないでも治せる症例を教えてください。

伊藤先生

顎のスペースが十分にある方や、顎が成長期にある方「スライス」という方法によって歯並びが収まる方は、無理に抜歯しなくてもいいでしょう。

編集部編集部

「スライス」とはどんな方法でしょうか?

伊藤先生

ひと言で言えば、「歯を抜く代わりに削って小さくする」方法です。削る幅は、歯の表面にあるエナメル質の範囲でとどめます。ですから、むし歯などにかかりやすくなるということはありません。

編集部編集部

抜歯に対して、患者から「嫌だ」と言ってもいいのでしょうか?

伊藤先生

もちろんです。その代わり、矯正治療においてできることが限られてしまう場合があります。必ずしもお望みどおりの結果が得られないかもしれません。抜歯に対するメリット、デメリットを含めて担当医師とよく話し合ってみてください。


 

抜歯とは、健康な歯を手放すということ

編集部編集部

抜歯そのものにデメリットはあるのでしょうか?

伊藤先生

食事のしにくさや話しにくさなどが、一時的に起こりえるでしょう。他方で、乱れた歯列を抱え込んだままにしているデメリットもあります。例えば、見た目や、お手入れのしにくさから生じるむし歯や歯周病などですね。どちらを取るかは、患者さま次第だと思います。

編集部編集部

抜歯治療のリスクについても教えてください。

伊藤先生

担当の先生は、抜歯をしたほうが歯を残す場合と比較してメリットがあるので、“抜歯”を選択します。リスクよりメリットのほうが多いのではないでしょうか。ただし、妊婦さんや授乳中のお母さん、また、全身疾患をお持ちの方で服用しているお薬の内容によっては、麻酔が使えません。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

伊藤先生

症状にもよりますが、「出っ歯」や「受け口」のケースでは、抜歯をおこなったことで、矯正前より食生活や見た目が改善された方も少なくはありません。「抜歯」と聞いた際に、驚かれる方もいらっしゃるかと思われます。しかし、よりよい結果をふまえたうえで患者さまにご提案していることを知っていただければ、治療の範囲は広がるのではないでしょうか。もちろん、みなさんが何を大切にしているかにもよりますので、最終的な結論を主治医の先生とゆっくり話しあって決めていただくことをおすすめします。


 

編集部まとめ

抜歯を伴うかどうかは、歯や顎の状態で決まることが多いようです。一概に「良い」「悪い」とは言えないということでした。また、健康な歯を1本でも多く残したいのか、とにかく見た目をなんとかしたいのかにもよるでしょう。より多くの治療選択肢を提示してくれる歯科医院なら、より最善手を見つけられやすいのかもしれません。


 

医院情報

名古屋ステーション歯科・矯正歯科

名古屋ステーション歯科・矯正歯科
所在地 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目6-23 第三堀内ビル13F
アクセス 名古屋駅 U5出入り口より徒歩1分
診療科目 歯科・矯正歯科

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.