1. Medical DOCTOP
  2. 「シミ」と「そばかす」の違いって? 消す方法は?

「シミ」と「そばかす」の違いって? 消す方法は?

お肌にくすんだ印象を残してしまう「シミ」や「そばかす」。もし治療を受けるとしたら、どのような方法があるのだろう。1回の治療できちんと消せるのか。手術のほか、内服薬や美白クリームなどの効果も含めて、「みやもと美容クリニック」の宮本先生に解説いただいた。

監修医師
宮本 英治(みやもと美容クリニック 院長)

プロフィールをもっと見る
藤田保健衛生大学医学部卒業。藤田保健衛生大学医学部形成外科入局後、一般医院の勤務を経て医学博士取得。2015年には、愛知県海部郡に「みやもと美容クリニック」開院。内面からきれいになることで、精神や肉体の健康が保てるよう、正しい知識に裏付けられた医療サービスを提供している。日本形成外科学会専門医。国際形成外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会、日本美容外科学会(JSAPS)の各会員。

 

「シミ」と「そばかす」に大きな差はない

編集部編集部

「シミ」と「そばかす」の違いって何なんでしょうか?

宮本先生

「そばかす」は「シミ」の一種で、とりたてるほどの違いはありません。あえて言うなら大きさでしょうか。「そばかす」のほうが小さく、そのほとんどは、頬と鼻の近くにできてきます。

編集部編集部

たしかに「そばかす」のほうが小さなイメージです

宮本先生

「そばかす」のでき方は、スズメの卵の模様にとても似ているので、医学用語として「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ぶことがあります。それくらい、小さいということですね。

編集部編集部

できる原因も一緒なのですか?

宮本先生

ほとんど一緒です。さまざまな原因が考えられるものの、主に日焼け老化によってできます。ただし、「そばかす」の場合は、遺伝的な要素が絡む場合もあります。もしくは、妊娠出産をきっかけに「そばかす」ができる女性もいらっしゃいます。

編集部編集部

発症する範囲は決まっているのですか?

宮本先生

おでこや口の周り、顔全体にできるケースもありますが、やはり、頬と鼻に多いのが特徴です。


 

治療後に必要な「ダウンタイム」は短くできる

編集部編集部

「シミ」「そばかす」を消すことは可能でしょうか?

宮本先生

レーザー治療によって、「ほぼ」消すことが可能です。レーザーを当てる際には、患部へ麻酔クリームを塗り、それから施術していきます。1回あたりの施術時間は早くて数分、広範囲でも10分か15分程度です。比較的短時間で施術することができます。

編集部編集部

施術後の患部は、赤くなったりするのですか?

宮本先生

一時的にですが、赤くなり、かさぶたも発生します。こうした症状が落ち着くまでの期間を「ダウンタイム」といいます。個人差にもよりますが、おおむね1週間くらいは、塗り薬やテーピングなどによるケアが必要です。人によっては、外出をためらう方もいらっしゃるでしょう。

編集部編集部

「ダウンタイム」は患者にとって、かなり抵抗感がありませんか?

宮本先生

患部が1箇所や2箇所だったら、そんなに目立たないんですけどね。一方、複数箇所の細かい「シミ」や広範囲の「そばかす」には、ダウンタイムの少ない特殊なレーザーによる治療をお勧めしています。このレーザーなら、お顔全体に当てることも可能です。

編集部編集部

患者にとっては朗報ですね、そのレーザーの名前を教えてください

宮本先生

当院が導入している機器は、「フラクショナル付きQスイッチルビーレーザー」といいます。施術直後は赤くなるものの、翌日になると赤みが引いてきます。同様のレーザーの中には、「フラクショナル」という機能の付いていない「Qスイッチルビーレーザー」もありますので、ご注意ください。


 

施術を追えても、再発防止には注意

編集部編集部

レーザーによる施術回数について教えてください

宮本先生

ポイントのシミや日焼けのシミに関しては、おおむね1回で済みます。他方、広範囲な「そばかす」の場合、2回から3回にかけて取っていくことが多いですね。

編集部編集部

完全には消せないケースもあるのですか?

宮本先生

シミの種類によっては、完全に消えない場合もあります。ただし、日焼けによる「シミ」「そばかす」なら、効果的に治療することができます。

編集部編集部

レーザー以外の治療法には、どのようなものが?

宮本先生

クリニックで処方できる美白クリームもありますが、個人差の出る傾向にあるようです。効果の出る方と出ない方がいらっしゃるんですね。その意味で、やはりレーザー治療をお勧めしています。

編集部編集部

最後に、再発防止も含めたアドバイスをお願いします

宮本先生

「シミ」や「そばかす」は、せっかくレーザー治療で消しても、その後の日焼けなどにより再発する可能性があります。日焼けには十分注意し、日焼け止めをこまめに塗っていただくといいでしょう。当院では、塗りむらや塗り忘れ対策として、「のむ日焼け止め」もご用意しています。上手に活用してみてください。


 

編集部まとめ

「シミ」「そばかす」の治療で迷っている方にとって、「フラクショナル付きQスイッチルビーレーザー」の存在は、かなり強い味方となってくれるでしょう。それでも、宮本先生のおっしゃるように、予後のケアが欠かせません。日差しが強くなる5月から初秋にかけては、小まめなUV対策をしてください。


 

医院情報

みやもと美容クリニック

みやもと美容クリニック
所在地 〒497-0034 愛知県海部郡蟹江町本町9-48
アクセス 近鉄名古屋線「蟹江駅」徒歩5分
JR関西本線「蟹江駅」徒歩15分
蟹江インターチェンジから車で10分
診療科目 美容皮膚科・美容外科

© Medical DOC.