1. Medical DOCTOP
  2. 大腸でポリープが見つかったら全部切ったほうがいいの?

大腸でポリープが見つかったら全部切ったほうがいいの?

大腸がんの初期症状ともいえる「大腸ポリープ」。状況によって、切除する場合と要観察で済ませる場合があるようだ。その違いはどこにあるのだろう。また、がんの原因を腸内に残しておいていいのだろうか。そんな不安と疑問を、「センター南駅前内科おなかクリニック」の小川先生に投げかけてみた。

監修医師
小川 修(センター南駅前内科おなかクリニック 院長)

プロフィールをもっと見る
滋賀医科大学医学部卒業。亀田総合病院初期研修医、国立国際医療研究センター後期研修医、昭和大学藤が丘病院消化器内科、虎の門病院消化器内科医員を経た2016年、神奈川県横浜市に「センター南駅前内科おなかクリニック」開院。胃大腸カメラを活用し、拡大観察やNBI観察による高精度な画像診断に努めている。医学博士、難病指定医、日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会消化器病専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医、日本カプセル内視鏡学会認定医・指導医。

 

ポリープの性質と大きさが、切除か否かを左右する

編集部編集部

そもそも大腸ポリープとは何なのですか?

小川先生

大腸の粘膜が盛り上がったものを大腸ポリープと呼びます。主に「過形成性ポリープ」と「腺腫」に分けられ、このうち「過形成性ポリープ」は、腫瘍に分類されない病変のことです。発見したとしても、小さければ経過観察でいいでしょう。場所や大きさによっては腫瘍の性格をもつので切除します。それより怖いのは「腺腫」タイプのポリープです。

編集部編集部

「腺腫」について詳しく教えてください

小川先生

腺腫とは大腸粘膜から発生した「良性の腫瘍」です。一般的に大腸ポリープと言っているのは、この腺腫であることがほとんどです。

編集部編集部

大腸がんに発展するのは、主に「腺腫」であると?

小川先生

そう言っていいでしょう。腺腫は良性腫瘍なのですが、中にはがん化するものがあるため、切除の検討が必要です。とくに直径6mm以上の腺腫は、がん化する危険性が高いとされています。逆に、直径5mm以下の腺腫は、がんになる可能性が少ないのです。

編集部編集部

ポリープの切除についてまとめると、どうなりますか?

小川先生

大体の目安としては、

 

9mm以下の「過形成性ポリープ」は、特定の疑わしき場所を除き、切除の必要性ナシ
10mm以上の「過形成性ポリープ」は、がん化の可能性こそ低いものの、場合によって切除
5mm以下の「腺腫」は、将来のがん化に備えて要観察
6mm以上の「腺腫」は、がん化のリスクが高いため切除

 

もちろん実際は、家族歴や生活歴を加味して判断します。医師の見解にもよるでしょう。


 

切除に必ずついて回るのが、出血というリスク

編集部編集部

がん化する可能性があるんだったら、「腺腫」は全部切除しておけばいいのにと思ってしまいます

小川先生

簡単に切除と言っても、出血や大腸に穴が開くなどのリスクが伴うのです。それに、今は「拡大内視鏡」という機器があって、拡大観察で「腺腫」か「がん」なのかがわかるんです。あきらかに「腺腫」で5mm以下だったら、取らなくてもいい。そういう考え方もできますよね。

編集部編集部

単に「切ればいい」というものでもないと?

小川先生

そういうことです。出血リスクは、患者さんが血液をサラサラにするお薬を飲んでいたりすると、高まります。一時的な止血処置に努めるものの、その後のことを考え、入院していただくこともあるでしょう。

編集部編集部

内視鏡での切除が難しい大きさは?

小川先生

2cmを越えてくると、出血のリスクが高まります。手術するとしたら、入院できる医療機関が望ましいでしょう。内視鏡で対応すべきか、ほかの切開手術などで対応すべきか、高度医療機関の判断に委ねます。

編集部編集部

内視鏡で切除するとしたら、どのような方法があるのですか?

小川先生

投げ縄のようにひもで縛って切除する電気で止血しながら切るポリープの下に液体を注入し浮かび上がらせて切るなどさまざまです。


 

ポリープ切除は保険の適応が可能、気になる費用について

編集部編集部

ポリープやがんを発見する確率はどれくらいでしょう?

小川先生

主観を交えた数字になりますが、大腸カメラの適応がある人の中で、「腺腫」は10人に2人くらい、「がん」で100人に2人くらいでしょうか。

編集部編集部

内視鏡でポリープを切除した場合の費用は?

小川先生

保険の適応が可能で、3割負担の場合で2万円前後となっています。ポリープが複数の臓器で発見された場合、1臓器あたり3000円から4000円を加算します。自費で大腸内視鏡を受けた場合でも、ポリープが発見されれば、保険診療に切り替えられます。

編集部編集部

ちょっと待ってください、同じ大腸なのに「1臓器あたり」とはどういうことでしょう??

小川先生

難しい話になってしまいますが、大腸の中にも「盲腸」「結腸」「直腸」などの部位があり、保険の算定においては結腸がさらに2つに分けられ、それぞれを1臓器とします。ちなみに、1臓器の中でいくつポリープを切除しても費用は変わりません。

編集部編集部

最後にメッセージがあれば、お願いします

小川先生

特定健診に含まれる「大腸がん検診」を有効活用しましょう。便潜血検査は大腸がんの早期発見につながります。もし陽性反応が出たら、大腸内視鏡検査を受けてください。女性の患者さんでも恥ずかしがらず、女医さんのいる医院など選んで受診してはいかがでしょうか。


 

編集部まとめ

内視鏡でのポリープ切除については、「過形成性ポリープ」と「腺腫」の違いにより、同じ医療機関でも考え方が異なるようです。小川先生の場合、「腺腫」ならなるべく切除しておいて、「2~3年後に再検査しましょう」と提案するそうです。なるほど、大腸内視鏡の検査サイクルとも関わってくるのですね。医院選びの参考としてください。


 

医院情報

センター南駅前内科おなかクリニック

センター南駅前内科おなかクリニック
所在地 〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央6-1 サウスウッド3階
アクセス 横浜市営地下鉄(ブルーライン、グリーンライン)「センター南駅」より徒歩2分
診療科目 内科・消化器科・内視鏡内科

© Medical DOC.