1. Medical DOCTOP
  2. マイクロスコープって保険治療で使えるの?

マイクロスコープって保険治療で使えるの?

マイクロスコープとは口の中を拡大して見ることができる顕微鏡のこと。肉眼では見ることのできない細かな部分を拡大することで従来よりも精密な治療が可能になるといわれているが、保険内治療でも使えるのか、それとも自費治療となるのかは大いに気になるところ。なかがわ歯科医院副院長の中川兼佑歯科医師に詳しくお話を伺った。

監修ドクタープロフィール:

中川 兼佑 歯科医師(なかがわ歯科医院 副院長)

東京歯科大学卒業。大学院では補綴科を専攻、マイクロスコープを用いた豊富な治療経験に基づく歯内療法も得意とする。なかがわ歯科医院の副院長として、患者さまの希望をしっかりとお聞きし、できるだけ痛みのない治療を行えるよう心掛けている。臨床研修指導歯科医、歯学博士。


 

マイクロスコープを保険内治療で使うかどうかは歯科医が決める

マイクロスコープを保険内治療で使ってしまっても問題ないんですか?

中川先生

問題はありません。別にマイクロスコープを保険で使ってはいけないというルールはないですから。例えば薬剤や口の中につけたりするものは保険でいろいろと決まっていますが、マイクロスコープはあくまでも道具なので、その道具を使うことに関しては医療保険上の制約はないですね。

マイクロスコープを使うと診療報酬に加算される部分はないんですか?

中川先生

根管治療や歯内療法と呼ばれる歯の根っこの治療では、歯の神経や血管が通っている根管が複雑な形態をしている場合だけ、保険請求で顕微鏡加算があるので、その場合に限っては保険点数分を請求させいただきます。

中川先生のところでは保険内・保険外の区別なくマイクロスコープを使っているんですね?

中川先生

マイクロスコープは自分が必要だと思った時に使っているので、保険内だから使わないとか保険外だから使うというようなことはしていません。

 

ただし、マイクロスコープを使って治療をしているということが地域の人たちの間に広まって、マイクロスコープを使うことが前提での治療を希望する患者さんが来られるようになれば、そういう方たち向けに自費治療のコースを作ることも一つの方法だと思います。

マイクロスコープを使った治療は時間も手間もかかるから自由診療で使うという歯科医院も多いようですが?

中川先生

自分では逆にマイクロスコープを使ったほうが治療は早くなると思っています。これは使い慣れているからというのもあると思うんですが、マイクロスコープを使うと「ここまでやれば大丈夫」というエンドポイントが目で見てわかるんです。

 

マイクロスコープを見ないで治療をすると、「もう少しかな? どうかな?」と考えながら治療をするので、「ここまでやったから大丈夫」ということを自分でなかなか決めづらいという部分があります。マイクロスコープを使ったほうが自分でOKが出せるのでいいと思いますし、トータルでみれば治療時間がそれほど長くなるというイメージはないですね。

むしろマイクロスコープを使ったほうが時間短縮になるんですか?

中川先生

自分の場合はそうですね。でも、その一方でマイクロスコープを使うと治療に時間がかかるという話も理解できます。
マイクロスコープを使うと肉眼で見えないものも見えてしまうので、本来治療しようと思っていたところ以外の部分でも、見えてしまったからにはもう目をつぶるわけにいかないということで、結果的に治療が長くなるという意見もわからなくはないですね。

 

実際、そういうケースもあるのは事実ですが、それが結局診査・診断や早期発見につながるので、むしろ見つかってよかったなと捉えています。

マイクロスコープを使うと時間がかかるかどうかは、歯科医によって個人差がありますか?

中川先生

ハードウェア、つまり治療器具がどんなに良くても、使う人間がうまく使えないと逆にうまくいかないと思います。マイクロスコープもただ使えばいいということではなくて、使うことによって治療が必要以上に長くなってしまう部分があります。その一つの要因としては、拡大して見ている分、肉眼で見るよりもゆっくり削ってしまうということがあります。特にキャリアの浅い若手の歯科医が使うとそうなりやすいんですね。

どんな治療のときも常にマイクロスコープを使うほうがいいのでしょうか?

中川先生

そうとは限りません。口の中全体を見ながらなおかつ細かいところを見るということが大切で、細かいところばかりを見ていると大きなものを案外見逃しやすいですね。
ですから、ある患者さんを治療するときに、その人には100%マイクロスコープしか使わないというのはおかしいと思うんですよね。口の中全体を見ながら、必要に応じてマイクロスコープを使うというのがやはり正しいと思います。


 

マイクロスコープありきではなく、患者さんにより良い治療を提供することが大事

保険内診療でもマイクロスコープを使うとなると、歯科医院にとって金銭的なメリットはあまりないのでは?

中川先生

それは難しいところですね。より良い治療のために機材を設備投資しているわけですから、本来ならばマイクロスコープを使うから自費治療にしてくださいというのは、ある意味当たり前のことだと思います。しかし、僕が勤務していた開業医のクリニックも、そういうことはまったくしていませんでしたし、普通にマイクロスコープを使って治療しなさいという指導を受けていました。

では、なかがわ歯科医院にとってマイクロスコープを導入するメリットにはどんなことがありますか?

中川先生

患者さんが質の高い治療を受けることでご自分の歯に関心を持っていただき、できるだけいい歯を入れたいという気持ちになれば、そこから自費診療に発展するという副次的な効果もあると考えています。ですから、マイクロスコープを使うかどうかというところで間口が狭くなってしまうのはあまり好ましくないと思っています。

 

個人的にはマイクロスコープを使うことによって治療が長くなったりするとは感じませんし、逆に自分がやりたいように治療ができないストレスのほうが大きいので、あくまでも自分の判断でマイクロスコープを使っています。

マイクロスコープを使うと費用が高くなるんじゃないかと心配する患者さんもいると思うのですが?

中川先生

たしかに「マイクロスコープを使ってもらうとお金がかかるんですか?」と聞かれる方はたまにいらっしゃいますが、「別に変わらないですよ」とご説明しています。

 

ただし、最初にも申し上げたように、「マイクロスコープを使った治療を受けられる」ということを期待して来られる患者さんが増えた場合は、別のやり方も考えなければならないと思います。

マイクロスコープを使う自費治療のコースを別に設けるということでしょうか?

中川先生

そうですね。例えば、最初から最後まで一貫してマイクロスコープを使って治療してほしいという方に関しては、今後自費治療でお願いするという可能性はあるでしょう。

 

しかしその一方で、マイクロスコープを使うかどうかは全体を見た上で必要に応じて判断することなので、例えばそれが根管治療であれば僕は100%マイクロスコープを使いますが、患者さんが自費治療を選んだからといって何でもかんでもマイクロスコープを使うべきではないと思います。

 

それよりもむしろ、この歯医者さんに行けばきちんと診査・診断してもらえる、きちんとした治療が受けられるというような認識が地域の皆さんに広まっていくことが一番ではないでしょうか。


 

編集部まとめ

マイクロスコープを使うと自費治療になって費用がかさむのでは?と心配している方もいらっしゃることと思いますが、保険内の治療でもマイクロスコープを使うという歯科医院もある中で、その判断は歯科医の裁量によってそれぞれ異なるようです。この記事では、質の高い治療を提供することで自分の歯に関心を持って大切にしてほしいという中川先生の治療に対する考え方を伺うことができました。これは患者さんにとっても大いに参考になるのではないでしょうか。

 

 


 

医院情報

なかがわ歯科医院
電話番号 047-321-1541
住所 千葉県市川市新田5-4-19市川真間マンション1F
アクセス 京成市川真間駅南口から徒歩2分、JR市川駅より徒歩6分
診療時間 9:30~14:00 15:30~19:00
【火・木曜】 9:30~14:00
休診日 日曜・祝日
診療科目
・一般歯科
・予防歯科
・インプラント
・審美歯科
・ホワイトニング
・スポーツ歯科
URL http://nakagawa-d-c.com/