虫歯になりかけている状態の見つけ方&見つけた後の対策

虫歯は、進行すればするほど治療期間が長くなり、治療費用もかさみます。また、末期まで進行してしまうと元の歯を残せる可能性はとても低くなります。「早めに見つけて早めに治療する」というのが世間一般の共通認識ではないでしょうか。
しかし、実際に「虫歯になりかけの歯」や「初期の虫歯」の見つけ方を知っている人は多くありません。この記事では、虫歯になりかけている歯や初期の虫歯の見つけ方、見つけた後の対策や虫歯にならないための予防策について、エルモ歯科の院長 石塚 淳人先生に伺ってみました。。

 

この記事の監修歯科医師
石塚 淳人 (エルモ歯科 院長)

 虫歯の進行度分類


虫歯はその進行度によって、「虫歯になりかけ(Co)」〜「末期の虫歯(C4)」まで5つに分類されています。ここからは、これらの進行度分類ついてみていきましょう。

「Co」…虫歯になりかけの状態

歯の表面にある「エナメル質」という部分が溶け出している状態です。厳密に言えば虫歯ではありませんが、そのまま何の処置もせずに放っておくと虫歯になってしまうので気をつけてください。この状態は、外見上歯の表面が白っぽくなるという特徴があります。ただ、虫歯特有の痛みや知覚過敏(=歯がしみる)などはこの段階では感じることはないでしょう。

「C1」…軽度の虫歯

「Co」から症状が進行し、エナメル質がかなり溶けたり、他にも虫歯によって小さな穴ができたりした状態が、この「C1」です。「C1」になると自宅のブラッシングだけでは治療が難しくなります。虫歯によってできた穴が茶色や黒色に変色するので、見た目からでも虫歯があることがわかるようになるでしょう。この状態では、虫歯が神経まで到達していないため、痛みを感じることはほとんどないでしょう。

「C2」…中度の虫歯

エナメル質の下にある「象牙質」まで虫歯が達した状態です。象牙質の下には歯の神経があるので、このレベルになると歯がしみたり、ズキズキとした虫歯特有の痛みを感じることが多くなります。

「C3」…重度の虫歯

象牙質のさらに下にある歯の神経まで虫歯が到達した状態です。こうなると、痛みは激しさを増し、歯のしみる症状もより一層強くなります。虫歯の範囲も広範囲になってくるため、治療において詰め物ではなく被せ物が適用になるケースが一般的です。

「C4」…末期の虫歯

歯の神経が腐って、歯自体が死にかけている、もしくは死んでいる状態です。こうなると、元の歯を残して治療(例:銀歯などの被せ物)を行うことは困難となり、抜歯をして入れ歯やインプラントをするなどの治療が適用となるでしょう。

 「虫歯になりかけの歯」・「初期の虫歯」の見つけ方


虫歯は早期発見、早期治療が何より大切です。そのため、ここからは虫歯の進行度分類の「Co(虫歯になりかけ)」と「C1(初期の虫歯)」を見つけ方について解説していきます。

簡単なチェックリスト

以下のような症状に心あたりがあれば、虫歯になっている恐れがあります。該当する方は速やかに歯科医院を受診しましょう。

    • 奥歯の溝が黒くなってきた…虫歯により歯に小さな穴があき、それが変色しているかもしれません

 

    • 歯と歯茎の境目部分が白くなってきた…歯のエナメル質が溶け出し白っぽく見えているかもしれません

 

  • 冷たいものや熱いものを飲んだり食べたりしたときにしみる…歯の神経を虫歯が刺激しているかもしれません

表面は「歯垢」をチェックして隣接部は「フロス」を活用する

先に紹介したチェックリスト以外にも、以下のような見つけ方もあります。

  • 歯の表面の歯垢と色

歯の表面に常に歯垢が付着してザラついている状態だったり、歯の表面が白っぽくなっていたりしたら要注意です。歯垢はそのまま放っておくと固まって歯石となり、虫歯や歯周病の原因となります。また歯の表面が白っぽいのはエナメル質が溶け出しているサインかもしれません。

  • 歯と歯の隣接部はフロスのひっかかりに注意

虫歯は、歯の表面よりも歯と歯の間にできたものの方が見落としがちです。この部分にできる虫歯を見つけるには、フロスを使ってみるとよいでしょう。エナメル質が溶け出すと歯の表面がざらつき、フロスが引っかかりやすくなります。その引っかかりを判断材料のひとつにしてみてください。

 「虫歯になりかけの歯」・「初期の虫歯」の治療法

まず、虫歯になりかけの歯(=Co)であれば、丁寧なブラッシングをするだけで症状の進行を食い止め、状態を改善することが可能です。歯ブラシだけでは歯間にどうしても歯垢が溜まってしまうため、デンタルフロスも併用することをおすすめします。また、ブラッシングの仕方は自己流ではなく、必ず歯科医院に行って正しい方法を学んでおきましょう。
ただ、自宅で行うブラッシングでしっかり歯垢が取り除けているかは、自分では判断できません。そのため、虫歯や歯周病の症状がなくても、1年に3〜4回は定期的に検診を受けることをおすすめします。

初期の虫歯は「詰め物」が適用になる場合も

初期の虫歯(=C1)の中でもごく軽度のものであれば、 「Co」と同じくブラッシングのみで経過観察となる場合もあるでしょう。ただ、ブラッシングでは改善が困難なほど症状が進行していれば、虫歯になった部分を削って詰め物をする治療が適用となります。治療は1〜2回で終わるため、体への負担はほとんどありません。

虫歯になりかけであれば「フッ素塗布」も有効

ブラッシングやデンタルフロスを使った口腔ケアに加えて、フッ素を添付する方法も有効です。市販の歯磨き粉にもフッ素が配合されたものがあるのでそれを使ってブラッシングしてもよいですし、歯科医院で高濃度のフッ素を直接塗布してもらうのもよいでしょう。
また、「シーラント」というフッ素加工されたプラスチックの素材を、歯の隙間に埋め込む治療が用いられることもあります。シーラントは保険適用となるので治療費用も高くなく、簡単に歯をフッ素でコーティングできるので人気の治療法のひとつです。

 虫歯を防ぐのは日々の予防意識

この記事では、虫歯になりかけの歯や初期の虫歯の見つけ方をいくつか紹介してきました。これらの知識をしっかりと頭に入れ、日々のブラッシングの際に意識しましょう。虫歯はなりかけの状態ならブラッシングだけで改善治療ができますし、虫歯を早期治療できる確率はグンと上がるでしょう。
歯の表面は白っぽくなっていないか、小さな黒っぽい点が奥歯の溝などにできていないか、デンタルフロスを使ったときに引っかかりを感じることはないかなど、ポイントをしっかり押さえて毎日チェックしてみてください。
虫歯はなってから治すものではなく、虫歯になることを防ぐ「予防歯科」の観点を常に持っておくと、歯の健康が保てるだけでなく、治療費も最低限に抑えることができるでしょう。

石塚 淳人 歯科医師 エルモ歯科 院長監修ドクターのコメント
残念ながら、虫歯はほとんどの場合、「治癒」しません。歯医者ができることはあくまで「修復」になります。まずは虫歯にならないように正しいブラッシングおよび補助的な清掃用具を用いて予防をしましょう。そしてもし虫歯になってしまったら早期に発見、治療をし、これ以上トラブルを大きくしないことが大切です。当院では患者さん自身では見つけにくい虫歯に対しても、口腔内カメラやレントゲン写真を用いてご説明しています。
 
監修ドクター:石塚 淳人 歯科医師 エルモ歯科 院長

 虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

エルモ歯科

出典:https://www.elmo-dental.com/

電話番号 03-6904-8028
住所 東京都練馬区上石神井1-10−6
アクセス 西武新宿線「上石神井駅」より徒歩3分
診療時間 [月〜金]10:00~13:00 / 14:30~20:00
[土]10:00~13:00 / 14:00~17:00
[日]10:00~13:00 / 14:00~17:00
休診日 祝日
URL https://www.elmo-dental.com/

この記事の監修ドクター