虫歯の放置が起こす影響とは?危険性などを徹底解説

現在、虫歯を患っている方もいるのではないでしょうか。虫歯は誰でもなる可能性のある病気ですが、その危険性はやや軽く見られがちです。

実は、非常に怖い病気のひとつが虫歯です。その影響は歯だけにとどまりません。

いつでも病院に行けると思って放置していると、考えてもいなかった事態を招きかねないでしょう。そこで今回は虫歯が及ぼす影響に関して、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
松本 正洋 歯科医師 医療法人真摯会 院長

 虫歯はどのような病気?

虫歯とは菌が出す酸によって歯を溶かしてしまう病気のことです。チョコレートやキャラメルなどに多く含まれている糖分は菌と深い関係にあり、糖分の摂りすぎによって菌の活動を活発化させてしまいます。その結果、菌がより酸を出し、歯を溶かしてしまうのです。

その原因となる菌の代表格が『ミュータンス菌』です。この菌は歯垢の中で糖分から酸を作り出し、虫歯として侵食していくのです。

歯垢を取り除くのが大切な予防

上記のことから考えていくと、ミュータンス菌の温床でありむし歯の原因となる歯垢をしっかり 取り除くことが虫歯を防ぐのに最も効果的な予防方法と言えるでしょう。

歯垢を取り除けば、菌が酸を作り出す環境も無くなるため、虫歯になりづらくなります。

このようにすれば虫歯の予防は可能ですが、それでも虫歯を発生させてしまうことがあります。誰でもなる可能性のある虫歯でどのような影響が生じるのかを説明していきます。

 危険!虫歯を放置し続けたことによる影響

虫歯は誰にでも起こる病気のひとつです。虫歯が発生した時にもっともしてはいけない行為が『放置』。

初期の虫歯なら再石灰化が起こり、治療なしで虫歯が治ることもあります。しかし、これはあくまで初期の状態で進行もしていない状態に限ります。

進行している虫歯は自然に治すことはできません。その虫歯を放置し続け悪化させてしまうと以下のような悪影響が出てしまいます。

・激しい痛み
・膿が溜まってしまう危険性
・顎関節症を起こしてしまう危険性
・顔面の筋肉が硬直する危険性

どの症状も非常に重く、虫歯を放置すれば放置するほど危険であることがよくわかります。今度はこれらの影響を詳しく説明していきます。

激しい痛み

虫歯は進行していくと歯を溶かし、神経にまで到達してしまう場合があります。虫歯が神経に到達すると、激しい痛みが発生してしまうことも。

個人差はあるものの、人によっては我慢できないほど痛くなる場合もあります。放置しないことが大前提であるものの、もし痛みが出てきたらすぐにでも治療しましょう。

膿が溜まってしまう危険性

上記でも説明した通り、虫歯を放置し続けると神経に到達することがあります。神経に到達した虫歯は、やがて歯の神経を殺してしまいます。

そうなると歯の根っこの中へ膿が溜まり、炎症により歯茎が腫れ上がってしまうことも。歯茎が大きく腫れ上がることで、口が思った通りに動かせなくなる、食事が上手くできなくなるなど、生活に支障をきたしてしまう恐れもあります。さらに、膿を取り出す根管治療をしなければいけません。

顎関節症を起こしてしまう危険性

虫歯を放置していると、噛み合わせにも影響を及ぼしてしまいます。さらに、虫歯が骨にまで到達し顎の骨にまで影響を与えだすと、顎骨骨髄炎を引き起こしてしまうことも十分あります。

体調不良はもちろん、顎関節症に至る可能性もあるため、放置はあまり得策と言えません。

顔面の筋肉が硬直する危険性

虫歯菌が顔の筋肉や神経に到達すると、顔面神経麻痺を起こす場合があります。顔面神経麻痺は顔面の筋肉が硬直してしまい、思うように顔が動かせなくなる病気のことです。

最も怖いのは、虫歯を原因とする後遺症です。例えば顔面神経麻痺の場合、虫歯を完治しても後遺症として続いていく可能性があります。こうなってしまわないよう早めの治療が大切になります。

 虫歯が原因を起こる病気

虫歯は菌による感染症です。そのため、悪化すると上記以外にもさまざま病気を発症してしまう恐れがあります。その一例として以下の病気が挙げられます。

・誤嚥性肺炎
・心内膜炎
・早産
・低体重児出産

これらがどのような病気なのか詳しく説明していきます。

誤嚥性肺炎

細菌を含んだ唾液や食べ物は、誤って飲み込むことで肺へ送られると、肺炎の原因となります。肺炎を発症することで、体が気だるくなったり、発熱や咳、膿が発生したりすることもあります。

薬で治療できるのですが、放置しておくと症状が悪化してしまうこともあります。

心内膜炎

血液に侵入した細菌が心臓弁に付着することで発症する病気です。発症すると悪寒や関節痛、皮下結節などを引き起こしてしまいます。

最悪の場合、死に至ることもある病気なので非常に危険です、抗菌薬で治るのですが、時に心臓手術が必要となることもあります。

新生児・乳児の虫歯

虫歯を悪化し続けると血液にまで菌が侵食し、お腹の赤ちゃんにまで影響を及ぼす可能性があります。妊婦の方は虫歯を放置するのはあまり良いとは言えないでしょう。

低体重児出産

先ほども説明した通り、虫歯を放置し続けると胎児にまで影響を与えてしまいます。最悪の場合、早産という結果にもなることもあります。その他に低体重児出産になることも。

 虫歯による影響を減らし健康な歯を

虫歯を放置したことで起こる影響について、ここまで説明してきたことをまとめると、

・虫歯は放置しているとさまざまな悪影響が発生する
・激しい痛みや最悪の場合は顔面神経麻痺などが起こることもある
・虫歯による併発症は、虫歯の完治後も後遺症として残る場合がある
・心内膜炎など死に至る病気も発症する可能性がある
・早産や低体重児出産など胎児への影響もある

虫歯は歯だけの病気と思われがちですが、放置し重篤化していくことで体全体に影響を及ぼしてしまう怖い病気なのです。たとえ初期状態でも虫歯に気づいたら、早めの治療が望ましいでしょう。早めに治療すればこれまで説明してきた影響をできる限り小さくできます。

松本 正洋 歯科医師 医療法人真摯会 梅田クローバー歯科クリニック 総院長監修ドクターのコメント
虫歯の治療を怠たると、いろいろと悪いことが起こってしまいます。歯をたくさん失っている方も、最初は1本の歯の欠損から始まったのです。また、小さな虫歯だからといって放置していたら、いずれ抜かないといけなくなるでしょう。歯を1本抜くと、保険治療ではブリッジ治療を行うために、両サイドの歯を削らなければいけません。その両サイドの歯は10年くらいでダメになる場合が多く、また抜かないといけないことがよくあります。このように、どんどん歯を失っていくわけです。加えて、虫歯菌が全身を回っていろいろな病気を起こすことも証明さています。結構、重い病気のこともあります。ご自身の歯と全身の健康のため、虫歯は必ず早めに治すようにしてください。
 
監修ドクター:松本 正洋 歯科医師 医療法人真摯会 総院長

 虫歯治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

梅田クローバー歯科クリニック

出典:http://www.umeda-clover.com/

電話番号 06-6345-0840
住所 大阪府大阪市北区梅田1-1-3-1800 大阪駅前第3ビル18Fクリニックフロア
アクセス 地下鉄御堂筋線 梅田駅より徒歩5分
阪神梅田駅より2分
阪急梅田駅より7分
診療時間 【月〜日】9:00〜13:00/14:00~20:00
※完全予約制
休診日 祝日・年末年始・夏季休暇(お盆)
URL http://www.umeda-clover.com/

この記事の監修ドクター