腹痛の原因を知りたい!内科でできる診療や治療を解説

公開日:2020/08/12  更新日:2020/08/19

我慢できないほどの腹痛が発生したら、病院の何科で診てもらえばいいのでしょうか。どの科で診てもらうべきかわからない、という方は多いと思います。

また、慢性的な腹痛があり、原因が知りたいという方もいるでしょう。腹痛は内科や外科、どの科で診察してもらえばいいのか、腹痛にはどのような病気の可能性があるのかについて、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修医師
樋口 俊哉 (医療法人聖俊会 樋口病院 副院長・健診センター長)

トイレに行っても痛みが治らない!腹痛に潜む病気

便や下痢が原因の一般的な腹痛は、トイレに行けば痛みが治まりますが、トイレに行っても痛みが続く場合は病気が潜んでいるのかもしれません。腹痛は、痛む部分によって痛みが発生する原因の臓器や考えられる病気が予想できます。

みぞおちまたは左上腹部の痛みの原因

この部分が痛むときは、胃または十二指腸、膵臓、小腸、大腸のいずれかに異常が起きている可能性が考えられます。痛みが慢性的に続く場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性膵炎などの病気が潜んでいるかもしれません。

右肋骨下の痛みの原因

痛みが腹部ではなくても、腹部周辺の部位なら腹痛と勘違いしてしまう人が多いかもしれません。右肋骨下が痛む場合は、胆のう、十二指腸、大腸のいずれかに異常が起きている可能性があります。激痛が起こる場合は、胆石、慢性的に痛みが続く場合は、十二指腸潰瘍の可能性が考えられます。

左下、または右下腹部の痛みの原因

腹部の痛みは、左右で考えられる痛みの原因が異なります。左下腹部の場合は、大腸や左卵巣に病気が潜んでいる可能性が考えられます。右下腹部の場合は、盲腸、大腸、右卵巣などに異常が起きているかもしれません。

卵巣に原因がある場合は、卵巣捻転や子宮外妊娠など、婦人科系の病気が考えられるため、診療や治療は産婦人科で行われます。このように腹痛といっても、痛む部位によって原因は様々なのです。

腹痛のときは内科?外科?腹痛を診てもらえる科

腹痛は痛む部位によって様々な原因が考えられるため、どこの科で診てもらうべきか迷うかもしれません。特に女性は、生理痛や婦人科系の病気の可能性もあるため、産婦人科で診てもらうべきか迷うでしょう。迷った場合は、総合病院で診療を受けてください。

総合病院なら、外科で診てもらって原因が内科で担当しているものなら、すぐに内科に移動して再検査を受けられます。しかし、自宅の近くに総合病院がない、できるだけ早く診てもらいたい場合は、総合病院以外で診てもらえる病院に行きましょう。その際にどの科の病院を選ぶべきか解説します。

どの部位が痛むのか自己判断できないときは内科

腹痛の痛む部位によって、どの臓器が原因なのか自己判断で目安がつきますが、どの部位が痛むのかわからない、という場合もあります。また、自宅の近くに内科しかないという人もいるでしょう。

その場合は、内科で診断してもらってください。内科で腹痛を診てもらい、内科で治療ができない場合は、外科を紹介してもらって詳しい診療や治療を受けられます。

痛む部位が胃や腸の部分なら消化器内科

総合病院では、腹痛の場合は消化器内科に案内されることが多いです。消化器内科では、胃、十二指腸、小腸、大腸、膵臓、肝臓など腹痛の原因が考えられる内臓を詳しく診察できます。診察や治療には、内視鏡検査を行うことがあるので、より詳しく腹痛の原因を探ることが可能です。

産婦人科では婦人科系の病気が発見されることがある

女性の場合は、腹痛が婦人科系の病気のサインの可能性があります。腹痛の原因が子宮や卵巣などにある可能性も考えられるため、婦人科系で診察をしてもらって、婦人科系の病気がないかどうか診てもらうことが可能です。子宮外妊娠などは重症となります。

生理の期間が短い、または長い、月経血の様子がいつもと違うなど、生理に異常がある場合や、妊娠の可能性がある時は、産婦人科で診てもらうと良いでしょう。

腹痛の検査の流れや検査方法

内科や消化器内科などでは、腹痛の検査を順に行います。まずは問診、触診をして、どの部位が痛むかを医師が確認をして、順に血液検査、エコー、レントゲンや胃カメラなどを使った詳しい検査を行います。痛みの部位や、痛みの頻度によって原因や潜んでいる病気の判断が異なるため、最初の問診・触診は非常に重要です。

問診、触診で痛む部位を診断

一般的には、腹痛の検査は医師による問診や触診から行われます。問診では、食事内容や空腹時または食事中に痛むかどうかなど、詳しく訪ねて原因を考えます。

触診では、医師自ら患者の腹部周辺を触り、どの部位が痛いかを患者に直接確認します。病院によっては、まず腹部の様子を詳しく診るために、腹部CTを行うこともあります。

血液検査で炎症状況や疑わしい臓器を予測

問診、触診を終えたら血液検査を行います。血液を採血し、血液に含まれる様々な情報から、体内で腹痛による炎症がどのくらい起きているのか、どの臓器に異常があるのかを詳しく診察します。

臓器に合わせてエコーや胃カメラなどを使って検査

異常が考えられる臓器が判明したら、臓器を詳しく検査するためにエコーやカメラを使って詳しく診察します。エコーの場合は、肝膿瘍や胆石や胆のう炎、尿路結石があるかどうかなど、内臓の詳しい状況を確認できます。胃カメラは、胃・十二指腸潰瘍や、アニサキスによる食中毒が疑われる際に使用され、胃の内部を詳しく診察します。部位によって用いられる検査道具は異なりますが、検査によって詳しい原因が解明できるため、その後の治療に大きな影響を与えます。

内科や消化器内科で行う腹痛の治療方法

腹痛の原因が判明したら治療に入ります。腹痛の治療は、原因によって異なりますが、手術による治療、内服薬による治療、抗生剤による治療に分けられます。

手術が必要な病気

がんや盲腸、胆のう炎、胆石発作、肝膿瘍、心筋梗塞などによる腹痛は、手術を行って治療します。盲腸の場合は、程度が軽い場合は抗生剤の点滴や、内服薬を服用することで痛みを散らすことが可能です。
症状が進行し、手術が必要な盲腸や胃・十二指腸潰瘍の場合は、内科から手術可能な病院に移送して手術を行います。

抗生剤や内服薬で治療する病気

胆のう炎や膵炎、子宮付属器炎、前立腺炎などが原因で起こる腹痛には、抗生剤を投与して治療を行う場合があります。内服薬による治療は、症状の進行が浅い胃潰瘍や、十二指腸潰瘍、胃炎、逆流性食道炎、尿路結石などで行われます。

迷ったときは内科へ!腹痛は適切な診断と検査で早急に解決

今回は、腹痛の時に行くべきなのは何科か、どのような検査や治療が行われるかについて解説しました。ベストなのは総合病院ですが、総合病院が近隣にない場合は内科や消化器内科へ行きましょう。

特に痛む部位がはっきりわからない、原因不明というときは内科で診てもらうと、詳しい診察ができる病院を紹介してもらえるというメリットがあります。

治療方法は考えられる病気によって異なりますが、正しい治療を行うためには、適切な診断と検査が必要不可欠です。信頼できる病院でしっかりと診察をしてもらい、病気が潜んでいる場合は早期発見、解決しましょう。

また、普段服用している薬がある場合は、診察の際に念のため薬、もしくは薬手帳を持っていき、薬を服用していることを医師に伝えましょう。

腹痛の痛みは、我慢できるから病院に行く必要はない、と軽く考えてはいけません。腹痛が病気の発生サインの可能性があるので、症状が進行しないように早急な解決が必要です。

監修ドクターコメント

樋口先生

臨床の現場では、腹痛の原因の大半は便秘であることが多いです。それ以外の病気については、部位の他、年齢や性別によっても考える病気の優先度は変わってきます。軽いものから重症のものまでありますが、痛みがある時にはなおさら自分での判断は難しいので、迷ったら近くの内科、もしくは消化器内科の医院や病院の受診をするとよいでしょう。

腹痛の痛みでお悩みの方へおすすめの内科 中部編

医療法人聖俊会 樋口病院

出典:http://seishunkai.or.jp/higuchi-hp/

電話番号 0533-86-8131
住所 愛知県豊川市諏訪2丁目145番地
アクセス 豊川ICより車で15分、名鉄諏訪町駅より徒歩3分
診療時間 【平日】9:00~12:00/15:30~18:30
【土曜】9:00~12:00
休診日 土曜日午後、日曜日・祝日
対応検査項目 ・大腸内視鏡検査
・胃内視鏡検査
・経鼻内視鏡検査
・麻酔を用いた(静脈内鎮静法)内視鏡検査
URL http://seishunkai.or.jp/higuchi-hp/