20代のインプラント治療の実際と注意点

部分的に歯を失った場合、審美性や機能性から、インプラント治療を選択する20代が増えてきています。
技術の発展とともにインプラント治療が知られる機会が増えただけでなく、体力がありお口の状態が良く、歯周病などによる影響の比較的少ない20代でインプラント治療をすることは、他の年代で同じ治療を受けるよりもメリットが高いからという理由もあります。
今回は、20代のインプラント治療の適応やメリットデメリットについて、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修歯科医師
西尾 和彦 (小倉オリーブ歯科・矯正歯科 院長)

20代でインプラント治療の適応になる場合


歯を何らかの原因で失った場合、以前では技術やコスト、安全面からブリッジや入れ歯を採用していました。しかし最近では、見た目や機能性の観点から、費用をかけてでもブリッジや入れ歯よりメリットの多いインプラント治療を選択する人が増えています。
とりわけ見た目や将来的なお口の健康を気にする20代では、進んでインプラント治療を受ける若者が多いです。20代でインプラント治療になる適応例とは?

虫歯や事故などで歯を失った場合

虫歯で歯が溶けたり、事故で歯が折れたりした場合、折れた本数や程度により治療法が変わります。

ほとんどの歯を失った場合や部分的に歯が残っている場合

歯が全て失われている場合は総入れ歯の対象になりますが、部分的に歯が残っている場合は部分入れ歯を入れることになります。総入れ歯は、接着が悪いと話すたびにカタカタと音が出たり、食事中に総入れ歯が外れたりと不自由が生じます。入れ歯独特の不快感に慣れるまで、かなりの時間とストレスが生じます。
部分入れ歯は総入れ歯に比べると安定していますが、残っている歯に金属のバネを引っ掛けて入れ歯を安定させる為、かみ合わせによっては他の歯に負担がかかり、治療を要する歯をさらに増やしてしまうというリスクもあります。部分入れ歯だからといって、入れ歯の不快感がゼロになるわけではありません。また、入れ歯は毎日ご自宅で取り外しと手入れが必要なため、面倒に思う人も。

歯を多く失ってしまった場合、全てインプラントで治そうとすると費用的にも数百万単位になってしまいます。またその場合には、治療後のメンテナンスなども大変になってしまいます。同じ入れ歯であっても、入れ歯の支えにインプラントを使う『インプラントオーバーデンチャー』と呼ばれる入れ歯もあります。
失ってしまった歯の場所すべてにインプラントを入れるより費用を低く抑えることができます。

失った歯が1-2本の場合

失った歯が1,2本と少ない場合はインプラント治療の適応になります。インプラント治療は1本につき数十万円(医院によって異なる)と高額ですが、隣り合う歯を支えにしてブリッジにする治療に比べて歯の機能が長期間保つことができ、しっかりと顎の力で食べ物を噛むことが可能です。
また、ブリッジよりも審美性が高く、会話していても自然な歯に馴染んでいるため見た目が気になりません。他の歯まで削るブリッジと異なり、インプラントのメリットとしては、他の歯に全く悪影響を及ぼさないところです。一度削った歯や取ってしまった神経は戻りません。ブリッジで健康な歯を削ってしまうことにより、装着した銀歯などのすき間から再度虫歯になる可能性も高まります。また、前後の歯で噛む力を支える為、将来的にその支えていた歯が弱ってしまう可能性が高まります。

もし健康な他の歯を持っているのであれば、あえて削らずインプラントにする方が将来的には安心です。現在では、特に異性や友人関係などから見た目を気にする20代の若者が、少し高額であっても見た目が自然で他の歯に影響を及ぼさないインプラント治療を望む例が増えています。

20代でインプラント治療をするメリット

20代でインプラント治療に臨むことには、実はメリットがあります。

若い間は骨が強い

インプラント治療は、顎の骨に直接チタン合金を埋め込む治療法です。そのため、顎の骨が強くなければ、いつまでも骨とインプラントが癒合せず、歯を使う時に骨が耐えられず、途中で治療を断念せざるを得ない状況に陥ってしまうこともあります。
歯周病などであごの骨が溶けてしまっている場合には、そのままインプラントを入れることができないこともあります。その際には、骨造成と言われる人工的にあごの骨を作る処置が必要となり、治療期間・治療費ともに増えてしまいます。
また閉経後の女性に起こりやすい骨粗鬆症では、程度によってインプラントを入れられないケースも。特に骨を強くするために内服治療や注射を行っている方の場合、お薬の種類によってはかかりつけの病院の先生と相談させていただき、飲んでいるお薬を一次的に止めていただく必要性もあります。半年以上もお薬を止めてようやく治療を受けられる人もいます。
その点で20代のような若い世代では、よほど栄養失調ではない限り、骨の強さを気にせずインプラント治療を選択することができるのです。

手術に耐えられるだけの体力がある

インプラント治療は、チタンを顎の骨に埋め込む手術ですので全身状態を管理し、ようやく成功できるものです。手術に使用する麻酔や、手術時間によっては術後に合併症を起こし、重体になることもあります。手術に耐えられるだけの体力がなければ、手術そのものも受けることができません。
その点で、20代は体力もあり持病も少ないため、手術するには適しているといえます。仮に合併症を起こしたとしても、20代では回復が早く、重体になる前に食い止めることができます。

見た目が美しいので対人関係で自信が持てる

入れ歯やブリッジに抵抗がある20代のほとんどは、その見た目から入れ歯やブリッジを断念しています。インプラント治療であれば、自然な歯と見た目が変わらないため、異性や友人関係、職場の同僚などの目を気にすることもありませんし、噛み合わせもよくなってより口元に自信を持てるようになります。

20代でインプラント治療を受けるデメリット

インプラント治療は手術であるため、メリットだけではなく、デメリットも存在します。20代でインプラント治療を受けるデメリットとは何でしょうか。

インプラント治療は高額

インプラント治療を受けるには、1本数十万円からと高額な治療費がかかります。20代のうちは職業にもよりますがまとまったお金を作るには比較的難しく、この数十万円を捻出するのにかなり貯金をしなければ治療を受けられない20代も存在します。
「治療を受けたい!」と思いすぐに決断できる金額ではないため、どうしてもハードルが高くなってしまいます。保険診療のブリッジや入れ歯に対し、インプラント治療は自由診療のため、医院によってもインプラント治療の価格は異なります。

治療が長期間で定期的なメンテナンスが必要

比較的短期間で終わるブリッジや入れ歯作成に比べ、インプラント治療は治療期間が長いです。仕事の合間をぬって、定期的に診察に通わなければいけないため、都合をつけるのが面倒くさいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。インプラントも天然の歯やブリッジ、入れ歯と同じく、定期的なメンテナンスは必ず必要となります。費用のかかるインプラント治療であってもメンテナンスを怠れば機能を長期間維持できないため、定期的な診察はかかせません。

20代でのインプラント治療は高額だがメリット多数

交通事故や先天的疾患、虫歯などで失った歯を、インプラント治療により他の歯にダメージを与えず、自然な歯に近い状態に戻すことができます。入れ歯になることへ抵抗がある方、健康な歯に負担をかけることで他の歯の寿命を減らしたくない方など、とりわけ若い20代でインプラント治療を選択する人が増えています。
また20代ではインプラント手術を受ける体力と、インプラントを支えられるだけの骨量があるため、他の年代に比べより安全に治療を受けることができます。治療期間や治療費はかかるものの、日々の適切なホームケア(ブラッシングや歯間ブラシなど)や歯科医院での定期的なメンテナンスを行っていくことにより10年以上機能を維持することも可能である点もインプラント治療の魅力です。

西尾 和彦 歯科医師 小倉オリーブ歯科・矯正歯科 院長監修ドクターのコメント
インプラントという治療法はTVや雑誌、インターネットなどでもよく取り上げられ、その単語自体を耳にする機会は以前に比べ明らかに多くなっています。歯科用インプラントというものが登場してから早数十年、今では『特別な治療』から現在ではごく当たり前な治療となってきました。しかしながら、基本的には特別な場合を除き、健康保険の適用外となっており治療費がかかるため、歯を失ってしまったすべての方が選択できる治療ではないのも現実です。若い方の場合、インプラント治療を受けるにあたり特に問題になってくることが多いのは費用的な問題です。費用のかかるインプラント治療にもメリット・デメリットがあります。ここでは、ご自身のお口の健康に対して何を優先に考えるか、治療の選択肢を考える際の材料の1つになれば幸いです。

 
監修ドクター:西尾 和彦 歯科医師 小倉オリーブ歯科・矯正歯科 院長

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 九州編

小倉オリーブ歯科・矯正歯科

出典:http://www.k-olive-dc.com/

電話番号 093-475-8080
住所 福岡県北九州市小倉南区下曽根新町10-1 サニーサイドモール小倉内1F
アクセス JR日豊本線 下曽根駅 徒歩1分
診療時間 【平日】10:00~13:00/15:00~20:00
【土・日】10:00~13:00/14:30~17:30
休診日 水曜日・祝日
URL http://www.k-olive-dc.com/

この記事の監修ドクター