虫歯を早く治せるコンポジットレジン

虫歯を早く治したいけど、歯を削られたり、治療後が目立つ銀歯を入れられたりするのはなるべく避けたいですよね。だからといって、保険適用外のセラミックだと治療費が高額になってしまいます。

そこで、おすすめなのがコンポジットレジンを使用した虫歯治療です。コンポジットレジンとはプラスチックのような透明な素材で、白く色をつけられるため、銀歯のように治療箇所が目立つこともありません。

この記事では、コンポジットレジンを使用した虫歯治療について、Medical DOC編集部がお届けします。

この記事の監修歯科医師
和田 耕二 (栄町歯科医院 院長)

コンポジットレジンについての基礎知識

虫歯治療にコンポジットレジンを使用することで自然に素早く治療が完了します。でも、コンポジットレジンの素材や安全性などが気になる方も多いのではないでしょうか?コンポジットレジンは医療用に使用されている素材なので、もちろん安全性に問題はないとされています。

治療に入る前に、どのような素材でできているのかなどコンポジットレジンの基礎知識をつけておくことで、治療前の不安や疑問などを減らすことができます。では、コンポジットレジンについて詳しく見ていきましょう。

コンポジットレジンって何?

虫歯治療に使用されるコンポジットレジンの「レジン」とは、もともと天然樹脂を意味するものでした。しかし、現在は天然樹脂だけではなく合成樹脂も「レジン」と呼ばれるようになり、プラスチックのようにさまざまな素材のものを意味します。レジンは透明の液体なので、自由に色を付けられるのが特徴的です。最初は液体ですが、放っておくか光を当てることで固まります。

歯科治療に使用されているコンポジットレジンは、合成樹脂のレジンとフィラーと呼ばれるセラミックなどの鉱物を粉末状にしたものを混ぜて作られます。コンポジットレジンは、医療用のため安全性に力を入れて作られており、一般的なレジンに比べて強度が強いのが特徴的です。

さらに、歯の透明感や色に近いという特徴もあります。コンポジットレジンを固めるには、光線を当てて硬化するか2種類の素材を混ぜて硬化させる方法があります。一概にコンポジットレジンといっても、製品によって成分が異なり、性質や品質もさまざまです。虫歯治療に使用されるコンポジットレジンも、治療方法やメーカーなどによって異なります。

レジンを使って虫歯を治療するメリット

コンポジットレジンという素材については理解できたけど、コンポジットレジンを使用するメリットについても気になりますよね。虫歯治療にコンポジットレジンを使用すると、治療箇所が目立ちにくくなるほかにも、歯をほとんど削らない、治療費が安く抑えられるなどさまざまなメリットがあります。

この章では、コンポジットレジンのメリットについて詳しくご紹介していきます。「コンポジットレジンを使用した虫歯治療が気になるけど、実際どんなメリットがあるのかよく分からない」という方は、ぜひ参考にしてくださいね!

虫歯で欠けた歯を修復できる

虫歯や歯をぶつけてしまったことなどが原因で歯が欠けてしまったら、一日も早く治したいですよね。特に、前歯などは口を開けたら目立つため、一刻も早く治したい部分です。

そんな時は、コンポジットレジンを使って治療すれば、たったの1日で歯の欠けた部分を修復することができます。さらに、コンポジットレジンは固まるスピードも早いので、治療後はすぐに食事することができます。

歯をほとんど削らずに虫歯治療ができる

虫歯治療で歯を大きく削られてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?コンポジットレジンを使用した虫歯治療以外の方法で治療すると、虫歯箇所だけではなく歯の健康な部分も大きく削らなくてはならい場合があります。

しかし、コンポジットレジンを使用した虫歯治療では、虫歯になった部分だけを小さく削ってレジンを詰めていきます。そのため、ほとんど歯を削らずに治療することが可能なのです。

歯を大きく削り、その部分に金属を被せる治療の場合、治療箇所が目立つので見た目的にもあまり良くありません。しかし、歯の色や透明感に近いコンポジットレジンを使用すれば、削る箇所を最小限に抑えられるだけでなく、治療箇所も目立ちません。

保険が適用されるので安く治療が受けられる

コンポジットレジンを使った虫歯治療は、レジンの種類や治療法によって料金が異なります。

しかし、コンポジットレジン充填と呼ばれる治療法は保険が適用されるため、治療費を安く抑えることができます。コンポジットレジン充填は、小さな虫歯の治療に効果的で、歯をほとんど削らずに治療することができます。

コンポジットレジンを使った虫歯の治療法

コンポジットレジンを使用することで、さまざまなメリットが得られることは理解して頂けたかと思います。でも、実際どうやって治療していくのか気になりますよね?ここでは、コンポジットレジンを使用した具体的な治療方法について詳しくご紹介していきます。

コンポジットレジン充填

歯科治療の現場でコンポジットレジンを使用する場合、最もよく行われている治療法がこの「コンポジットレジン充填」です。

コンポジットレジン充填は、歯の欠けた部分の治療や修復に効果的です。他の治療法に比べて、歯を削る部分が少ないのが特徴的です。治療の流れとして、まず削る量を最小限に抑えて虫歯を除去します。虫歯を除去した箇所に、柔らかい液体状のコンポジットレジンを入れて、硬化させると治療完了になります。

ダイレクトボンディング治療

ダイレクトボンディング治療では、コンポジットレジン充填で使用されるレジンよりも高品質なものを使用します。さらに、レジンの素材だけではなく、治療方法も異なります。「コンポジットレジン充填」では、虫歯ができた部分の穴や隙間を埋めていくのに対し、「ダイレクトボンディング治療」では、歯の表面にレジンを貼り付けていきます。

ダイレクトボンディング治療は、コンポジットレジン充填よりも審美的なメリットが大きいので、見た目の美しさにこだわりたい方におすすめです。ただし、ダイレクトボンディング治療は保険適用外になりますので、コンポジットレジン充填よりも治療費が高額になります。

コンポジットレジンで治療費を抑えてきれいに虫歯を治療

コンポジットレジンの素材や、コンポジットレジンを使用するメリットなどについてご紹介してきました。コンポジットレジンを使用すれば、歯をほとんど削らずに治療することができます。さらに、歯の色や透明感に近いコンポジットレジンを詰めていくため、金属を被せたりする治療法とは違い、治療した部分もほとんど目立ちません。

しかし、コンポジットレジンは時間が経つと変色したり、欠けてしまったりする場合もあります。そのため、定期的にメンテナンスを行うことが必要になります。また、大きな虫歯の場合、金属などに比べて強度が弱いコンポジットレジンだと割れてしまう恐れがあります。

そのため、コンポジットレジンを使用した虫歯治療ができなくなってしまいます。コンポジットレジンで治療したい場合、虫歯を小さいうちに発見して治療しなければなりません。そのため、歯科で定期的に検診を受けて、虫歯を早く見つけてあげることが大切です。

和田 耕二 歯科医師 栄町歯科医院 院長監修ドクターのコメント

最近では見た目の美しさから、詰め物にも被せ物にも保険適用の白いプラスティック素材を希望される患者様が増えてきました。
しかし、むし歯が進行して、削る部分が大きかった場合には、噛む力に耐えきれず割れてしまう可能性も否めません。
どうしても歯の色が気になるという方には、当院ではプラスティックが金属より割れやすいことをご説明していますが、例えば口を開けたときに見えづらい上の歯であれば、同じ保険の銀歯をお勧めしています。
治療の際は、お一人おひとりと言葉を交わしながらお気持ちや性格、置かれている環境を感じ取り、患者様に寄り添い、安心して治療を受けていただくことを心がけてもおりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

監修ドクター:和田 耕二 歯科医師 栄町歯科医院 院長

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

栄町歯科医院

電話番号 03-3840-3394
住所 東京都足立区西新井栄町2-3-13 中里ビル5階
アクセス 東武伊勢崎線 西新井駅 西口 徒歩30秒
診療時間 [月]9:30~12:00/14:00~19:30
[火・木・金]9:30~12:00/14:00~16:00
[土]9:30~12:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
URL http://www.sakaecyo-shika.com/

この記事の監修ドクター