コラム(8/39)

    親知らずと歯周病の意外な関係!? 2018/12/28

    こんにちは。日本歯周病学会認定医で慶應義塾大学病院歯科口腔外科に所属させていただいております飯島佑斗と申します。
    親知らずという言葉は聞いたことはあるでしょうか。別の言い方では智歯と言われますがみなさんは親知らずに対してどのようなイメージを持たれているでしょうか。知人から抜いた後すごい腫れて痛かったなど聞いたことはあるのではないでしょうか。親知らずというと抜かなくてはならないけど抜くのは腫れたりするし痛そうだから怖いというイメージを持たれている方は多いかと思います。
    本日はそんな親知らずについて歯周病との関係も含めてお話しさせていただきたいと思います。

    この記事を詳しく見る

    歯周病と高血圧の関係 2018/12/28

    こんにちは。有楽町デンタルオフィスにて勤務している日本歯周病学会認定医の飯島佑斗と申します。
    昨今、テレビなどで歯周病と全身の病気とが関連しているということを耳にされることが多くなってきているかと思います。
    健康診断の結果から生活習慣病と言われ内科を受診はするけれどなかなか歯科には受診されることはないのではないでしょうか。実は歯周病は生活習慣病として位置付けられていて、食習慣,歯磨き習慣,喫煙,さらに糖尿病などの全身性疾患との関連性が示唆されていて、個人個人の生活習慣の改善さらには全身的な病気に対する治療を含む医療連携が必要と言われています。
    今回はそんな生活習慣病の中でも高血圧をテーマに歯周病と高血圧の関係をお話ししていきたいと思います。

    この記事を詳しく見る

    歯周病は子供もかかる!? 2018/12/28

    こんにちは。日本歯周病学会認定医であり、千葉県市川市行徳にある『杉澤デンタルクリニック行徳』の杉澤幹雄と申します。
    歯周病は大人だけがかかる病気だから、子どもは虫歯だけを気を付けていればいいと思っていらっしゃいませんか?実は歯周病は子供もかかる病気です。
     
    もちろん大人に比べると、歯周病にかかる小児の割合は少なく、またその程度(進行具合)も小さいことが多いです。しかし、軽度であっても小児期より歯周病になっていると、成人になり年齢を重ねると歯周病が悪化することが考えられます。また、子どもでも急速に進行する歯周病も存在します。今回は「小児と歯周病」について書いていこうと思います。

    この記事を詳しく見る

    歯科医院で行う歯周病の検査項目 2018/12/28

    こんにちは。日本歯周病学会認定医で有楽町デンタルオフィスに勤務させていただいております飯島佑斗と申します。
    みなさんは歯科受診の際に歯周病の検査を行ったことはあるでしょうか。もしかしたら歯周病かもしれないと思っていても、まずはその歯周病の状態の把握のために検査が必要となります。また歯周病の自覚がなくてもいざ検査をしてみるとかなり進行している歯周病だったということもあります。
    検査によって歯周病に罹患しているのか、歯周病であった場合は進行している歯周病なのか停滞している歯周病なのか、また歯周病の重症度や今後歯周病により歯が残せるのかどうかなどを知ることができます。
    今回はそんな歯周病の検査項目についてお話しさせていただきたいと思います。

    この記事を詳しく見る

    歯肉炎と歯周炎ってなに? 2018/12/28

    こんにちは。日本歯周病学会認定医で有楽町デンタルオフィスおよび稲毛デンタルクリニックに勤務させていただいております飯島佑斗と申します。
     
    みなさんは歯肉炎歯周炎という言葉は聞いたことがあるかと思いますがそれぞれがどのような病気でどういった違いがあるのかご存知でしょうか。実はどちらも歯周病という病気に分類されます。今回はこの歯肉炎歯周炎について解説していきたいと思います。

    この記事を詳しく見る

    虫歯の治療法は進行度によって異なる!進行度別治療法まとめ 2018/12/28

    一口に虫歯の治療法といっても、その方法はさまざまです。1回の施術で終わるものもあれば、半年以上の継続的な通院が必要な場合もあるでしょう。また、治療費用も選択した治療法によって数千円〜数十万円と非常に大きな差が出てきます。

    この記事では、虫歯の治療法だけでなく、治療法を選択するときに重要視される進行度の分類、そして治療にあたって気になる治療法ごとの治療費用について、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    池下 久登 歯科医師 山の手デンタルオフィス田町三田 院長

    この記事を詳しく見る

    妊娠しているかどうかは、最短でいつからわかる? 2018/12/27

    妊娠しているかどうかは、妊活中の女性にとって一刻も早く知りたいもの。妊娠検査薬はいつから使えるのか市販薬と医療機関での検査では違いがあるのかより正確に判定するにはどうしたらよいかなど、麻布十番まなみウィメンズクリニックの院長で産婦人科医の今井愛先生に、詳しく伺った。

    今井 愛(いまい・まなみ)

    監修医師
    今井 愛(麻布十番まなみウィメンズクリニック 院長)

    北里大学医学部卒業後、同大学の産婦人科に入局。横須賀共済病院、東京逓信病院への出向、ナポリ大学(イタリア)留学などを経て、平成22年に開業。「女性にとって婦人科をより身近に感じてもらえるように」と想いこめて、日々の診療にあたっている。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会細胞診指導医、点滴療法委員会認定医、医学博士。

    知っておくと安心!インプラントの保証制度について徹底解説 2018/12/27

    欠落してしまった歯の治療方法は、現在は「義歯」や「ブリッジ」、そして「インプラント」の3種類の中から選択する事ができます。
    そのなかでも、審美性が高く最も天然の歯に近い仕上がりとなるインプラントは昨今注目をあびている治療方法です。
    これらの優れたメリットに加えて、インプラントにはさまざまな保証制度が充実していることも魅力のひとつです。

    そこで今回は、インプラントの保証が必要な理由や原因、さらに各種保証制度の内容についてMedical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    和田 慎一郎 歯科医師(和田デンタルクリニック亀戸 院長)

    この記事を詳しく見る

    身近な歯の病気!「虫歯」ってどんな病気? 2018/12/27

    身近な歯の病気である「虫歯」。初期の虫歯であれば、自然に治る可能性もありますが、一度進行してしまうと自然治癒は見込めません。つまり、放置してしまうことで状態がますます悪化し、歯を失うきっかけになります。

    虫歯は、「早期発見」「早期治療」が大切ですが、虫歯にならないための予防も大事です。そこで、虫歯とはどのような病気なのか、原因や予防のポイントについてMedical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    木村 豊 歯科医師 木村歯科医院 院長

    この記事を詳しく見る

    虫歯治療にはインレーとは?種類や注意点などを紹介 2018/12/26

    虫歯は誰にでも起こりうる歯の病気です。歯が細菌によって蝕まれ、痛みが伴う非常に厄介な病気であり、もしも放置しておけば神経まで達して歯の神経を殺してしまう可能性があります。

    そのため、虫歯が見つかればまだ被害が小さい内に治療するのが最善です。その際の治療法として挙げられるのが、インレーです。今回はインレーについてMedical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    山本 哲也 歯科医師 やまもと歯科 院長

    この記事を詳しく見る

    虫歯は初期のうちなら痛みなく治る?初期の虫歯の対応方法 2018/12/26

    虫歯は初期であれば痛い思いをせずに治療ができるということをご存知でしょうか。初期であれば場合によっては歯医者に通わなくても自分で治療をしてしまうことも可能なのです。

    また、初期のうちに虫歯を治してしまえば軽度の治療で済み、歯科に足を運ぶのも1回程度。痛い思いをしなくて済みます。今回は初期の虫歯に対する対処方法について、Medical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    齋藤 裕史 歯科医師 北大塚歯科医院 院長

    この記事を詳しく見る

    慢性腰痛を治すには、まず何をして、それからどこへ行けばいい? 2018/12/26

    なかなか治らない慢性的な腰痛に対し、私たちは、どう立ち向かえばいいのだろう。誰でも簡単に自宅でできる方法から、医療機関の選び方や注意点まで、「shinjukuの鍼灸整骨院」の柔道整復師、鈴木謙士先生に伺った。
    shinjukuの鍼灸整骨院監修柔道整復師
    鈴木 謙士(shinjukuの鍼灸整骨院 院長)

    1987年2月生まれ 神奈川県出身、神奈川柔道整復専門学校卒業。専門学校在学時より、整骨院に勤務。高校時代にテニス部に所属し、チームメイトの怪我に対して何か出来ないかとテーピングに興味を持ち、この道を目指す。

    この記事を詳しく見る

    結婚式まであと1か月。今から歯をきれいにできる? 2018/12/26

    結婚式は女性にとって人生の晴れ舞台ですね。式の1か月前ともなれば、髪や体形に気を配り、エステなどで花嫁の最後の仕上げに忙しい方もいらっしゃるでしょう。そんな時に見落としがちなのが「歯」です。後日、写真やビデオを見た時に、歯が悪目立ちしていたらガッカリですよね。結婚式の1か月前からでも間に合う歯のケア方法を、医療法人スマイル・クリエイト理事長の辻英彦先生にお伺いしました。

    辻 英彦(つじ・ひでひこ)

    監修歯科医師
    辻 英彦(医療法人スマイル・クリエイト 理事長)

    明海大学歯学部を卒業後、日本大学松戸歯学部矯正科で学び、平成11年3月に埼玉県和光市にてアルファ矯正歯科クリニックを開業。平成19年に池袋矯正歯科クリニックを開業し、医療法人スマイル・クリエイトを設立。その後、ハピュアデンタルクリニック(ハピュア六本木)、ハピュアデンタルクリニック渋谷を開業。日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医、明海大学歯学部臨床講師。

    「正しいかみ合わせ」って聞くけど、「きれいな歯並び」とは違うの? 2018/12/25

    歯に求めることは、食べやすさだろうか、美しさだろうか。むらおか歯科・矯正歯科クリニックの小林英範歯科医師によると、この両者は合わせ持つことができるという。むしろ、双方を兼ね備えることが矯正治療の目的だと話す。そこで、歯列が持つ本当の意味や役割について詳しい話を伺った。

    監修歯科医師
    小林 英範(むらおか歯科・矯正歯科クリニック)

    日本歯科大学卒業。日本歯科大学付属病院臨床研修医、神奈川歯科大学矯正科、栃木県矯正専門医院勤務をへて、2002年からむらおか歯科・矯正歯科クリニック勤務。主に矯正治療を担当している。日本矯正歯科学会認定医、日本顎咬合学会認定医、インビザライン認定ドクターほか。日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本顎咬合学会ほか各学会所属。メディア歴、講演会など多数。

    虫歯が悪化したらどうなる?悪化する前に歯医者を受診しよう 2018/12/25

    「虫歯があるけどまだ小さいし、忙しいし、歯医者さんは時間が出来た時にでも行こう」そう思っている方はいませんか?
    たかが虫歯と思ってしまいますが、虫歯は実は万病のもとにもなる以外にやっかいな病気。思っていたよりも中で進行していて、急に腫れたり、痛みが出たりと、思っていたよりも悪化していたということはよくあります。そこで今回は、虫歯を放っておいて悪化してしまうと、どういったことが起こり得るのか、またその場合の治療法についてMedical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    高木 健一 歯科医師 医療法人社団健誠会 院長

    この記事を詳しく見る

    歯をあまり削らない治療ドックベストセメントのメリットとは 2018/12/25

    「キュイーン」というエアタービンの音や歯を削られる感覚が苦手な方も多い虫歯治療。象牙質や歯髄まで深く進行した虫歯を削るときには、音や歯を削られる感覚だけではなく激しい痛みまで伴います。
    こうした痛みや感覚から歯科医院への通院をためらってしまっている方も多いことでしょう。しかしその一方で虫歯は放置するとどんどんひどくなってしまい、最悪抜歯をしなければならなくなってしまいます。
    今回は、虫歯治療に恐怖感を持たれている方におすすめのドックベストセメントという治療方法をご紹介します。ドックベストセメントを使用した虫歯治療では、歯をあまり削らずに済みます。歯を削る量が少ない分、エアタービンの嫌な音を聞く時間も、歯が削られる嫌な感触を感じる時間も短く済むのです。
    虫歯治療への恐怖感が和らげば歯科医院への通院も気楽になることでしょう。
    今回は、歯科治療が苦手な方でも安心して治療を受けることができるドックベストセメントのメリットや注意点をMedical DOC編集部がお届けします。

    この記事の監修ドクター:
    荻野 益男 歯科医師 功生歯科医院 院長

    この記事を詳しく見る

    ぎっくり腰をすぐに治す方法ってないんですか? 2018/12/25

    欧米で「魔女の一撃」と呼ばれる急性腰痛症、いわゆる「ぎっくり腰」は、予測が付かないだけでなく、深刻な苦しみをもたらすもの。そんな突然の事態に、どう対処すればいいのだろう。「shinjukuの鍼灸整骨院」の柔道整復師、鈴木謙士先生に、応急処置や医療機関の選び方などを教わった。

    監修柔道整復師
    鈴木 謙士(shinjukuの鍼灸整骨院 院長)

    1987年2月生まれ 神奈川県出身、神奈川柔道整復専門学校卒業。専門学校在学時より、整骨院に勤務。高校時代、テニス部に所属し、チームメイトの怪我に対して何か出来ないかとテーピングに興味を持ち、この道を目指す。

    子供が虫歯に!進行度による治療方法と今後の予防方法を確認 2018/12/21

    歯みがきや仕上げみがきを頑張ってきたのに、子供に虫歯が見つかるとショックですよね。小さな子供が歯医者に嫌なイメージを強くしないために、できれば痛みの少ない治療を選びたいものですが虫歯の進行度合いによっては治療方法の選択肢はありません。

    本記事では、どの程度の進行度までなら痛みの少ない治療が可能なのかということと、今後の虫歯予防の方法をMedical DOC編集部が解説します。

    この記事の監修ドクター:
    亀井 伸浩 歯科医師 医療法人リリオ歯科クリニック 理事長

    この記事を詳しく見る

    『インプラント』と『ブリッジ』抜歯後の治療でよく聞く2つの違いまとめ 2018/12/21

    インプラントとブリッジの違い、ご存じですか?

    どちらも抜歯後に人工歯という形で患者さんの私生活を支える共通点がありますが、本質的には全く別の治療法なのです!

    それぞれのメリット・デメリットから見えてくる特徴をご紹介致します!

    この記事の監修ドクター:
    小林 豊明 歯科医師 五大歯科 副院長

    この記事を詳しく見る

    糖尿病になると失明するってホント? 2018/12/20

    糖尿病になると失明する」、と聞いたことはないだろうか。失明は合併症の一つだ。失明までには至らないだろうとたかをくくっていると、とんでもないことになる可能性がある。40歳代になると糖尿病の患者は一気に増えるが、最近は子どもや若い人の発症も増加しているという。ほとんどの糖尿病は体質のほかに、運動不足や高カロリーの食事、肥満などが原因となる。不規則な生活をしている人は要注意だ。日本糖尿病学会糖尿病専門医の根岸先生に、詳細を伺った。

    根岸 雅嗣(ねぎし・まさつぐ)

    監修ドクタープロフィール:

    根岸 雅嗣(ねぎし・まさつぐ)

    根岸医院 院長

    帝京大学医学部卒業後、同附属溝口病院に勤務。衛生文化協会城西病院を経て、2016年より祖父の代から続く東京都杉並区天沼の根岸医院院長。地域のかかりつけ医として地域医療に尽力するとともに、糖尿病専門医として糖尿病患者に寄り添い、より高度な治療を提供している。日本糖尿病学会、日本内科学会、日本東洋医学会(漢方)所属。