<

コラム(10/40)

    奥歯がグラグラして抜けた…そのままにしていませんか? 2018/12/28

    こんにちは、たまプラーザの日本歯周病学会認定歯周病専門医が在籍する歯医者「美しの森デンタルクリニック」院長の村野嘉則と申します。
    さて、日本歯周病学会認定医・専門医のブログをご覧になっている皆さんの中で、「歯がグラグラする」「歯が自然に抜けてしまった」という方はいらっしゃらないでしょうか?もしそのような症状がある場合、歯周病が原因となっていることが多いので注意が必要です。また、歯が抜けてしまったところを、そのまま放置している方はいらっしゃいませんか?
    「奥歯で目立たない」「反対側の歯で十分噛める」などの理由で放置しておくとお口の中はどうなってしまうのでしょう?
    今回は、歯のグラグラの原因と、抜けてしまったまま放置するとどのような影響があるのか詳しくご説明したいと思います。

    この記事を詳しく見る

    歯周病とメタボリックシンドローム 2018/12/28

    こんにちは、千葉県市川市市川にある『水野デンタルクリニック』院長で日本歯周病学会歯周病専門医の水野剛志と申します。

    この記事を詳しく見る

    歯周病と骨粗鬆症について 2018/12/28

    こんにちは、JR総武線市川駅の日本歯周病学会認定歯周病専門医が在籍する歯医者「水野デンタルクリニック」院長の水野剛志と申します。近年歯科治療に訪れる方の全身の現病歴の問診を行っていると骨粗鬆症のお薬を飲んでいる方がとても多くなってきていること気づきます。歯科治療においては骨粗鬆症の治療薬でもあるビスホスホネート製剤と顎骨壊死という問題が非常に重要になってきますが今回は、歯周病とは関係があるのか?というテーマでお話させていただければと思います。

    この記事を詳しく見る

    歯肉から出血や膿がでる原因は? 2018/12/28

     こんにちは。日本歯周病学会認定医で慶應義塾大学病院歯科口腔外科に所属させていただいております飯島佑斗と申します。

     歯ブラシをしていると歯肉(歯茎)から血がでる、時々歯肉から膿の味がする、などのお悩みはないでしょうか?そんな悩みがあったとしても痛みがない場合は放っておいてしまいがちな方が多いのではないでしょうか。

     今回は歯茎からなぜ血や膿がでるのかについてお話させていただきたいと思います。

    この記事を詳しく見る

    《危険!?》タバコと歯周病の関係について 2018/12/28

    こんにちは。メープルデンタルクリニック大久保の剣持正浩(日本歯周病学会認定医)と申します。
    日々の臨床において、禁煙指導をすることは数多くありますが、なぜ歯科でも禁煙をすすめるのでしょうか?喫煙と歯周病は関係があるのでしょうか?
    患者様からも、「タバコが体に悪いことは分かっているけど・・・。」、「タバコをやめても歯周病が治るわけでもないでし・・・。」、はたまた、「自分は歯周病じゃないから、吸っていても問題ないでしょう・・・。」などなど様々なご意見を頂くことがあります。
    みなさんもご存知の通り、喫煙が身体に悪いと分かっていることは周知の事実ですが、口腔内にはどのような影響を及ぼしているのでしょうか?
    今回は、喫煙と歯周病の関係をメインテーマにお話しさせていただきます。

    この記事を詳しく見る

    最近歯並びが悪くなったのはなぜ? 2018/12/28

    こんにちは、東急田園都市線たまプラーザの日本歯周病学会認定歯周病専門医が在籍する歯医者「美しの森デンタルクリニック」院長の村野嘉則と申します。
    最近では、ひと昔前と比べると『口元がきになる』、とくに歯並びを気にされて来院される患者様が増えているように思います。
    以前は、小学生や中学生からはじめる歯列矯正が一般的でしたが、現在では大人になってから行う成人矯正を希望される方も増加しています。芸能人の方でも、以前は歯を削りセラミックを入れて歯並びを矯正する方法が歯に対し大きなダメージを与えますが、短期間で改善されるメリットから多く選ばれていた傾向にありました。しかし、最近は矯正器具をつけている芸能人の方もテレビでよく見かけるようになりました。口元を綺麗にするという、社会の意識も少しずつ変わって行くのだなと感じられる例だと思います。
    さて、これから矯正をお考えの方や以前矯正された方も、または矯正はしていないけれど以前は綺麗に並んでいた歯が最近『ガタガタ』して見た目が悪くなったという方はいらっしゃらないでしょうか?昔と比べ歯並びが変わってしまうことが、実は歯周病が原因で起きている可能性があるのです。今回は歯周病歯並びの関係についてご説明しようと思います。

    この記事を詳しく見る

    特殊な歯周疾患 2018/12/28

    こんにちは、埼玉県浦和区の日本歯周病学会認定歯周病専門医が在籍する歯医者「ナカニシデンタルクリニック」院長の中西伸介と申します。
    今回は特殊な歯周疾患というテーマです。逆に一般的な歯周疾患とはどのようなものでしょうか。
    皆さんが歯周病と聞いて思い浮かべるのは、口腔内の歯周病原因菌が原因で起こり、口腔内の清掃状態が不良な方、だいたい40歳から発症する、経過は急に腫れて痛みを伴うこともあるがほとんどは慢性的に経過し、数年かけて進行する。また悪化させる因子として、歯並びの不正(磨き残しやすい)、喫煙者、歯ぎしりがあるというイメージでしょうか。
     
    実はそれ以外にも歯周疾患があります。例えばご本人はブラッシングにもきちんと取り組み、我々歯科医師から見ても歯周病の原因となるプラーク(歯垢)がほとんど付着していないにもかかわらず、若い年齢でも歯が揺れてきたなどの症状があり、レントゲンを撮影すると歯を支える歯槽骨が大きく溶けてしまっていることがあります。今回は原因が不明あるいは経過が一般的な病態と異なる歯周疾患を見ていきたいと思います。

    この記事を詳しく見る

    歯茎から膿が出る理由・対処法 2018/12/28

    こんにちは。埼玉県草加市谷塚で開業しております,歯周病専門医が在籍する歯科医院“谷塚藤波歯科医院”の藤波弘州です。
    このブログをお読み頂いている方の中に,「何だか歯茎から膿が出てくる」という方はいらっしゃいますでしょうか?歯茎から膿が出るという症状は,歯茎の炎症が原因となっています。ではどのようなことが起きているのでしょうか?今回は歯肉からの膿に関して説明していきたいと思います。

    この記事を詳しく見る

    最近口臭が気になる…原因はこれだ! 2018/12/28

    こんにちは、東急田園都市線たまプラーザの日本歯周病学会認定歯周病専門医が在籍する歯医者「美しの森デンタルクリニック」院長の村野嘉則と申します。
    毎日、私どもの歯科医院には多くの患者さまがいらっしゃいます。歯に痛みのある方や歯茎が腫れている方などが多いですが、中にはご自身のお口の臭い(口臭)が気になりご来院いただくこともあります。昔と比べて、現代のオーラルケアへの意識の高まりとともに、口臭に対するケアも重要視される方が増えてきているのでしょう。
    この口臭の原因のほとんどはお口の中に原因があると言われており、もちろん歯周病も原因として挙げられます。今回は、口臭の種類や原因、予防法などをわかりやすくご説明しようと思います。

    この記事を詳しく見る

    歯周病と喫煙の意外な関係 2018/12/28

    こんにちは、埼玉県さいたま市浦和区にある『ナカニシデンタルクリニック』院長で日本歯周病学会歯周病専門医の中西伸介と申します。
    歯周病と喫煙の関係と言われて、ピンとくる方はいらっしゃるでしょうか。
    喫煙されている方は、喫煙が肺がんだけでなく全身疾患に与える影響を耳にすることもあると思います。非喫煙者でも副流煙などは有名ですし、ほとんどの方が自分の健康と結びつけて考えたことがあると思います。
    その中でも歯周病と関連付けて考えたことがある方は少ないかもしれません。
    ここに一つのデータがあります。喫煙者は非喫煙者に比べて2〜8倍歯周病になりやすいというものです。
    これを聞いてみなさんどう思われたでしょうか?ここまではっきりと数値として表されると気のせいとは言えないですよね。また副流煙でも歯周病と関連していることも分かっています。周りの人の吸ったタバコの煙で自分の歯周病が悪化してしまうと聞いてどんな感想を持たれたでしょうか。

    この記事を詳しく見る

    歯のぬめりはプラーク(細菌の塊) 2018/12/28

    こんにちは。日本歯周病学会認定医としてメープルデンタルクリニック大久保で勤務している剣持正浩と申します。
    今回は、歯周病や虫歯の予防に大切なプラークコントロールについて、歯周病との関わりについてお話させて頂きます。

    この記事を詳しく見る

    歯ブラシをすると歯肉から血が出てくる 2018/12/28

    こんにちは。埼玉県草加市谷塚にある,日本歯周病学会専門医が在籍する歯科医院“谷塚藤波歯科医院”院長の藤波弘州と申します。
    歯ブラシを行なっている際に,歯茎から血が出る,という経験をされた方はいらっしゃいますでしょうか?びっくりされると思いますが,強い痛みはないからそのままにされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
    今回は,なぜ歯ブラシをすると歯茎から血が出てくることが起こるのか,ということについてお話させて頂きます。

    この記事を詳しく見る

    歯茎が腫れる原因は? 2018/12/28

    こんにちは、千葉県市川市の水野デンタルクリニック、歯周病専門医の水野剛志です。
    今回はご来院される理由としても多い歯茎が腫れる原因についてお話させていただきます。

    この記事を詳しく見る

    そもそも歯周病って何? 2018/12/28

    日本の成人の8割が歯周病になっていると言われています。歯科疾患実態調査からその実際の数は約9500万人の人が歯茎に何らかの症状がみられると推定されます。ちなみに世界的にも歯周病になっている人は多く、世界で最も多くの人がかかっている病気が歯周病としてギネスにものっています。
    また、歯周病の歴史は古く、日本に現存する最古(平安時代)の医学書『医心方』には歯周病について記述されています。
    現在日本人の歯を失う原因の1番の理由が歯周病です。よって、その歯周病を予防または治療することにより、「生涯多くの自分の歯を残すことができる」といっても過言でありません。現在の日本の歯周病患者数(歯周病で病院で治療している人の数)は330万人と言われています。先ほどの9500万人のうち330万人しか治療していないことになります。軽度の歯周病ももちろん含まれていますが、『歯周病になっているのに気づかない人』や『歯周病だと気づいているが治療しない人』という歯周病の治療に至ってない人が数多くいるのが現状です。

    この記事を詳しく見る

    歯肉炎と歯周炎の違いは? 2018/12/28

    はじめまして。日本歯周病学会認定医としてメープルデンタルクリニック大久保で勤務しております剣持正浩と申します。
    歯肉の赤みや腫れ・出血・膿み・歯の動揺(揺れ)・口臭・歯肉の退縮(歯ぐきがさがる・歯根が露出する)などを主訴に歯科を受診した人や、自覚症状が乏しくても定期検診や歯周疾患検診を受けた時に「歯周病」と診断されたことがある人は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

    この記事を詳しく見る

    《歯周組織の構造》歯ぐきは口の中を守っている! 2018/12/28

    歯ぐきはお口の中を見た時にピンク色や薄い赤色の歯の周りにある組織のことを言います。
    専門用語では歯周組織と言われます。
    その歯周組織(歯ぐき)とは、歯を支える周囲の組織のことです。この組織は、歯肉、歯槽骨、セメント質、歯根膜で構成されています。

    この記事を詳しく見る

    歯周病がひどいと子供に遺伝する? 2018/12/28

    こんにちは、日本歯周病学会認定歯周病専門医でたまプラーザにある美しの森デンタルクリニック院長の村野嘉則と申します。
    さて、歯周病専門医として日々診療にあたっていると患者様から「歯周病がひどいと子供にも遺伝しますか?」という質問を受けることが度々あります。歯周病で悩まれている方々が、子供にはこんな思いをしてほしくないと思われることはよく理解できます。今回は歯周病と遺伝の関係お子様への影響についてご説明しようと思います。

    この記事を詳しく見る

    【こんなに怖い歯周病原細菌の話】歯周病は細菌感染症 2018/12/28

    こんにちは有楽町デンタルオフィスの片山です。今回は歯周病原細菌についてお話します。
    歯周病は人類史上最大の感染症とギネスブックに載っております。その感染症の原因は歯周病原細菌です。
    お口の中には約600種類の歯周病原性細菌が存在し、プラーク1mgには1億個以上の細菌が存在しているとされています。
    その中の細菌で歯周病を引き起こす原因となる菌群は「歯周病関連菌」と呼ばれ、その中で特に悪い影響を与える「レッド・コンプレックス」といわれるP.g菌、P.i菌、B.f菌の3種の菌が存在します。
    これらは重度の歯周病と関連があるとされ歯周病を発症している人のほぼ7割が感染しているといわれています。
     
    また、割合的には非常に少ない「A.a.菌」は、30歳以下の若年者が発病する侵襲性の歯周病に多く見られるとの報告もあります。また、これらの菌がお口に中から大量に検出された場合、通常の治療では効果があがらないことがあります。
    レッド・コンプレックス」といわれる3種類の歯周病原細菌について少し詳しくご説明します。

    この記事を詳しく見る

    歯周病って何?歯周病の進行と分類 2018/12/28

    こんにちは。日本歯周病学会認定医で慶應義塾大学病院歯科口腔外科に所属させていただいております飯島佑斗と申します。
    突然ですが歯周病という病気についてみなさまはどのように認識されているでしょうか?
    歯茎が腫れて出血する。口臭がする。歯茎が下がってきた。歯が揺れている。歯周病は歯を磨かないとなってしまう。きちんと歯ブラシをしていれば歯周病にならない。歯周病になったとしても歯をきちんと磨いていれば歯医者に行かなくても治るんじゃないのか。このように認識されている方が多いのではないでしょうか。
     
    しかし実際は定期的にクリーニングを行っているのになぜか歯茎が腫れた、痛い、歯が揺れると訴える方がいらっしゃいます。
    歯周病は進行度によって対応の仕方が違ってきます。そのため定期的にクリーニングをしているだけではその進行をくいとめることができない事があります。
    そこで今回は歯周病の進行や分類について解説したいと思います。

    この記事を詳しく見る

    プラーク~歯石へ 2018/12/28

    日本歯周病学会専門医の片山です。今回はプラークについてお話させて頂きます。
    お口の中が「粘つく」など気になるかたがいますが食べ物のカスが残りだんだんとプラークになっていきます。
    歯周病は大きく分けて「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられます。歯肉炎とは、歯ぐきに炎症が限局している状態のことを言います。一方で歯周炎とは、その名の通り「歯の周りに炎症がある状態」の事を言います。
    歯の周りの組織には、歯ぐきや歯自体を支えている顎の骨も含まれます。つまり、歯がグラグラしている状態は、歯を支えている骨が炎症によって吸収されてしまっているために引き起こされ、歯周炎である事が分かります。

    この記事を詳しく見る

© Medical DOC.