緑内障を手術で治すことはできるの?

公開日:2021/06/04
緑内障は手術すれば治りますか?

視野が徐々に狭くなる目の病気である「緑内障」。もし診断されたら、治療によって視野を取り戻すことはできるのでしょうか。はたして、手術をすれば緑内障を完治できるのか。緑内障の治療について、「西早稲田眼科」の寺井先生にお尋ねしました。

寺井先生

監修医師
寺井 和都(西早稲田眼科 院長)

プロフィールをもっと見る

防衛医科大学校医学科卒業。その後、アメリカの大学や眼科クリニックで経験を積む。2018年、東京都新宿区に「西早稲田眼科」を開院。患者さんの立場になり、適切な医療を提供する。医学博士。日本眼科学会認定眼科専門医。日本角膜学会、日本眼感染症学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会の各会員。

失われた神経線維は元に戻らない

失われた神経線維は元に戻らない

編集部編集部

まず、緑内障とはどのような病気ですか?

寺井先生寺井先生

緑内障は、網膜の神経節細胞の軸索(神経の線維)が失われることで、見える範囲(視野)が欠けていく病気です。通常の緑内障は急に見えなくなるわけではなく、視野が徐々に欠けていきます。視野欠損が進行すると、いずれ失明する可能性があります。

編集部編集部

緑内障と診断されたら、手術などで治すことはできますか?

寺井先生寺井先生

一度失った神経線維を元に戻すことはできません。つまり、現在の医学では手術で欠けた視野を元に戻すことはできません。神経を元に戻す可能性のある治療法は移植か再生と考えられますが、いずれも近い将来に実現する可能性は高くありません

編集部編集部

完治は無理なのですね。では、緑内障と診断されたら、どうしたらいいのでしょうか?

寺井先生寺井先生

失われた視野は戻せませんが、進行を抑制することはできます。これ以上、症状が悪くならないように現状維持を目指すことが、現時点では最善の目標です。

目薬などで眼圧を下げて進行を抑える

目薬などで眼圧を下げて進行を抑える

編集部編集部

そもそも、どうして緑内障になってしまうのでしょうか?

寺井先生寺井先生

緑内障の原因は、眼圧(眼球を中から外に押す力)に対して、視神経乳頭(視神経が眼球の中から外に出ていく部分)の構造上の耐久性が足りていないことです。従って、視神経乳頭が丈夫であっても眼圧が極端に高ければ緑内障になりますし、眼圧が高くなくても視神経乳頭が弱ければ緑内障になります。

編集部編集部

眼圧が関係しているのですね。

寺井先生寺井先生

関係あるものの、日本人は眼圧が高くないのに緑内障になるケースが圧倒的に多いので、眼圧が高いか低いかで緑内障の診断はできません。視神経乳頭の丈夫さに対して、眼圧が高いことが神経節細胞の神経の線維を障害する直接的なメカニズムは、完全には明らかになってはいません。しかし、眼圧を下げることが障害の進行に抑制的に働くことは明確にわかっています。

編集部編集部

つまり、緑内障と診断されたら、眼圧を下げる必要があるのですね?

寺井先生寺井先生

はい。現在のところ、科学的に緑内障の進行抑制に有効性が確立しているのは眼圧を下げることだけです。緑内障と診断がついた場合、一般的には目薬を使って眼圧を下げることを最初に試みます。

編集部編集部

目薬を使っても緑内障の進行が止まらない場合はありますか?

寺井先生寺井先生

使用可能なすべての種類の眼圧を下げる目薬を併用しても、緑内障の進行が止まらないことはあります。その場合、レーザー手術や観血的な手術をおこない、さらに眼圧を下げることを試みます。この手術は緑内障を治す手術ではなく、あくまでもさらに眼圧を下げるための手術です。手術をしたとしても進行が止まらない場合も、再び眼圧が上がる場合もあります。

40歳になったら検査を

40歳になったら検査を

編集部編集部

緑内障はどのようなことがきっかけで判明するのでしょうか?

寺井先生寺井先生

健康診断でおこなわれる眼底カメラ検査で引っかかり、眼科を受診して詳しく検査してわかることが多いですね。あとは、ほかのことで眼科を受診した際に、偶然見つかることもあります。視野が徐々に欠けていくため、初期の緑内障が自覚症状で見つかることはまずありません。もし見えにくいという症状で気づいた場合は、かなり進行してしまっています。日本人の場合、40歳以上の方のうちの5%が緑内障であることが分かっているため、40歳以上の方は年に一度検査することをおすすめします。

編集部編集部

検査で異常がなければ、問題ないですか?

寺井先生寺井先生

眼圧検査で眼圧が低いと安心する方もいますが、日本人は視神経乳頭の弱い方が多く、眼圧が低くても緑内障になるパターンが多いため、眼圧検査は緑内障のスクリーニングには不向きです。また、高眼圧以外にも、強度近視や検査で視神経乳頭の形状の異常が判明した場合、ご家族に緑内障の方がいる場合も、将来的に緑内障を発症するリスクがあるので、以後も定期的な検査を受けることが望ましいと思います。

編集部編集部

緑内障と診断されたら、気をつけるべきことはありますか?

寺井先生寺井先生

緑内障は進行してしまうと元の状態には戻せないので、とにかく進行させないことしかできません。そのためにも、目薬を忘れず毎日使用してください。また、定期的に眼科に通院し、進行についての検査をすることも必要です。

編集部編集部

つまり、現状維持に務めるべきだということですね。

寺井先生寺井先生

はい。緑内障は治療によって元に戻すことができる疾患ではありません。そのため、「なるべく早いタイミングで発見すること」、「進ませない努力を継続すること」が重要です。初期の緑内障は自覚症状がなく、定期的な健康診断や偶然でなければ発見できません。従って、自覚症状の有無とは無関係に健康診断をしていただくことに意味があります。また、初期の緑内障は進行してもしなくても自身にとって差異はありません。全く手ごたえがないにもかかわらず毎日点眼を続けることは、決して楽ではないと思います。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

寺井先生寺井先生

世の中にはありもしない効能を謳う怪しい治療法も存在しています。「緑内障は治る」などと謳われると、つい惹かれてしまうという気持ちは理解できます。そして、実際に長期にわたり眼科を受診せず民間療法のみで過ごし、末期の緑内障の状態になってようやく眼科を受診する方がいらっしゃいます。初期の段階で十分に納得させることができなかった我々医療者にも責任はありますが、「甚大な労力の積み重ねの結果得られた科学的にエビデンスのある治療法」と「結果に責任を持たない、エビデンスもよくわからない治療法」との選択であることを念頭において、慎重に判断していただきたいと思います。

編集部まとめ

緑内障は手術を含め、現状より症状をよくする方法はないようです。ただし、目薬で眼圧を下げれば進行はせず、現状を維持することは可能です。緑内障は完治せず、ずっと付き合っていく疾患なので、もし診断されたら医師と相談しながら、進行を防ぐ治療に専念しましょう。

医院情報

西早稲田眼科

西早稲田眼科
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-1-1 メトロシティ西早稲田2F
アクセス 東京メトロ副都心線「西早稲田駅」 徒歩1分
山手線、西武新宿線「高田馬場駅」 徒歩8分
診療科目 眼科