妊娠線は胸にもできる!? 予防する方法はあるの?

公開日:2021/04/15  更新日:2021/07/11
妊娠線は胸にもできる!? 予防する方法はあるの?

一般的には、おなかに生じる妊娠線。しかし、中には胸やお尻にできたという声も聞きます。はたして、妊娠線の正体はなんなのでしょうか。また、生じてしまう仕組みとは。加えて、有効な予防策はあるのでしょうか。「東京マザーズクリニック」の林先生が、妊娠線の気になる見た目の問題を解決します。

林先生

監修医師
林 聡(東京マザーズクリニック 院長)

プロフィールをもっと見る

広島大学医学部卒業、広島大学大学院医系科学研究科修了。県立広島病院産婦人科副部長や国立成育医療研究センター胎児診療科医長を歴任、アメリカの大学病院への留学歴あり。2012年、東京都世田谷区に「東京マザーズクリニック」を開院。医学博士。日本産科婦人科学会専門医、日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医、日本超音波医学会超音波専門医、日本周産期・新生児医学会認定周産期(母体・胎児)専門医。日本胎児治療学会、日本母体胎児医学会、日本胎児心臓病学会、日本再生医療学会ほかの各会員。

例えるなら、しぼんだ風船のシワ

例えるなら、しぼんだ風船のシワ

編集部編集部

妊娠線って、消える説と消えない説があるようですが?

林先生林先生

妊娠線は、一度できてしまうと目立たなくなるものの、完全には消えません。おそらく「消える」と言っているのは、「正中線」のことだと思われます。正中線は、おへその下だけに現れる縦方向の1本線です。これは、やがて消えていきます。

編集部編集部

改めて、妊娠線とはなんでしょうか?

林先生林先生

仕組みとしては、「表皮の伸びに内側の真皮などがついていけず、肉割れしてしまった状態」のことです。見た目上、スイカ模様によく似ています。また、腹部に限らず、お尻や胸など、人により出現部位は異なります。とくに胸は母乳を出すために大きくなりますから、頻発箇所といえるでしょう。

編集部編集部

予想していなかった箇所にも、妊娠線はできるということですか?

林先生林先生

その可能性はあります。妊娠線には、妊娠中に増加したホルモンも関係していて、コラーゲンの生成やお肌のターンオーバーを抑制することが知られています。気付きにくいわずかの張りが、妊娠線を生じさせることもあるのです。

編集部編集部

妊娠線のできやすさに個人差はありますか?

林先生林先生

肌の伸びが顕著な人はできやすいですね。例えば、もともと小柄だったとか、急激に太ったなどが要因です。また、高齢出産でお肌に伸縮性のない場合でも、スイカ模様のような「肉割れ」が顕著になります。

妊娠線が出る前提で、保湿に努める

妊娠線が出る前提で、保湿に努める

編集部編集部

妊娠線を出さなければ、後に残りませんよね?

林先生林先生

「特別な予防ケアが必要なのか」という意味ですよね。人によってはなにもしなくても出ないので、難しいところです。ですが、「いずれ出るかもしれない」という前提で、“後に残しにくい予防”をしていくといいでしょう。

編集部編集部

よく聞く妊娠線対策は「保湿マッサージ」ですが?

林先生林先生

保湿は間違いのないところですが、“マッサージ”が必要かと言われると疑問です。なぜなら、表皮だけを伸ばしかねないからです。したがって、単なる「保湿ケア」で十分だと思います。おなかのような特定箇所に限らず、気になるところをすべて保湿してください。

編集部編集部

ほかにも予防策があれば教えてください。

林先生林先生

食事と運動による体重管理も重要で、急激に太ることは「肉割れ」の原因になります。昨今、体重管理を妊婦さんに任せることが多くなってきました。かつてと異なり、元々痩せている女性が多くなってきたためです。グラフにして「見える化」することで、モチベーション維持につながりますので、必要に応じて試してみてください。

編集部編集部

こうしたケアは、いつごろから始めるべきでしょうか?

林先生林先生

おなかが大きくなりはじめてからで、目安としては、妊娠5カ月目前後でしょうか。個人差があるため、保湿ケアのコツも含め、医師や助産師に教えてもらってください。

自然由来の商品に潜む落とし穴

自然由来の商品に潜む落とし穴

編集部編集部

産婦人科は、妊娠線についてなにをしてくれるのですか?

林先生林先生

保湿剤の処方や正しいケア方法のアドバイスですね。なんらかの加療、例えば注射をして予防するといったことはしていません。日々のケアが主体となりますので、ご自身でおこなっていただくほかないでしょう。

編集部編集部

一般的な保湿クリームなどを使ってもいいのでしょうか?

林先生林先生

妊娠線専用の市販品が出ていますが、私は勧めていません。含まれている成分によっては、アレルゲンへの暴露などが起きかねないからです。例えば、ココナッツオイルでココナッツアレルギーになるような例です。やはり、医療用のローションやクリームのほうが安全といえるでしょう。価格も市販の専用品とほぼ同じです。

編集部編集部

妊娠線が心配で、つい全身に塗っちゃいそうです。

林先生林先生

妊娠中はお肌が乾燥しがちですから、おなかや胸、お尻に限らず、全身に使用していただいて構いません。べたつきが気になる人は、サラっとしたローションタイプを使ってみてください。ご希望に合わせて処方いたします。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

林先生林先生

妊娠線は“生じる”ものではあるものの、きちんと対処できますし、あまり神経質に悩まないようにしていただきたいですね。心配なのは、「もっといいケア方法があったにも関わらず、していなかった」というケースです。皮膚科やかかりつけの産婦人科医に、遠慮なくご相談ください。

編集部まとめ

自宅でおこなう保湿ケアと体重管理に気をつければ、妊娠線は最低限に抑えられそうです。ただし、自己努力が主体となるだけに、間違った方法を取り入れてしまうと、逆効果になりかねません。使用するアイテムの成分なども含め、最初から、医師のアドバイスに頼ってみてはいかがでしょう。

妊娠についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

医院情報

東京マザーズクリニック

東京マザーズクリニック
所在地 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1
アクセス 東急田園都市線「用賀駅」 徒歩13分
診療科目 産婦人科