【動画付き】目の下にできた脂肪の塊やたるみは、どうやって除去するの?

公開日:2021/07/02  更新日:2021/07/15

加齢と共に生じる目の下の膨らみを「眼窩脂肪(がんかしぼう)」といいます。文字どおり、脂肪の塊です。人によっては、野球選手などが目の下に貼るシールのような形をしています。この眼窩脂肪を取り去ろうとした場合、どのような治療方法が適切なのでしょうか。「CLINIC EMMA the ginza」の田宮先生を取材しました。

田宮 エリー先生

監修医師
田宮 エリー(CLINIC EMMA the ginza 院長)

プロフィールをもっと見る

京都府立医科大学医学部卒業。大手の皮膚科や美容皮膚科クリニックの勤務・院長就任を経た2019年、東京都中央区に「CLINIC EMMA the ginza」開院。「からだの中も外も、こころも、健やかに美しく」をモットーとし、スローエイジングケアの推進に努めている。日本皮膚科学会会員、日本食品安全協会認定「健康食品管理士」。

下まぶたの裏側から脂肪除去がおこなえる

下まぶたの裏側から脂肪除去がおこなえる

編集部編集部

目の下にぷっくらとした膨らみがあって、気になります。

田宮 エリー先生田宮先生

その正体は、もともと眼球の周りにあって眼球の位置を固定していた脂肪の塊で、「眼窩脂肪」といいます。加齢などの原因によって、目の下の筋肉が痩せてくると、骨格との間に“隙間”を生じさせるんですね。この隙間から、脂肪の端の部分がこぼれ落ちてきてしまうのです。

編集部編集部

政治家などで、板状になっている人も見かけますよね?

田宮 エリー先生田宮先生

こぼれ落ちる脂肪の量によって、外見上の違いが生じるのでしょう。「たるみ」と受け取るのか「塊」なのか「板」なのか、いずれにしても、お顔立ちが比較的平面な日本人に顕著な印象です。こうした眼窩脂肪の除去には、「経結膜脱脂法(けいけつまくだっしほう)」が有効だと考えています。

編集部編集部

「経結膜脱脂法」って外科手術ですか?

田宮 エリー先生田宮先生

はい。脂肪細胞の中に含まれる毛細血管から出血が広がらないよう、レーザーで丁寧に処置していきます。内出血しても1週間程度で消退しますが、できるだけ避けたいので。進め方としては下のまぶたを裏返して施術し、眼球に影響が出ないよう留意しています。

編集部編集部

手術と聞くと、痛みが心配です……。

田宮 エリー先生田宮先生

もちろん、部分麻酔を併用していきます。全身麻酔が必要とされるような“強い痛み”を覚えた場合は、「なにかしらの好ましくない事態が起きている」と捉え、ただちに中止します。ですから、全身麻酔を併用した治療はおこなっていません。なお、手術後1週間ほどは感染症のリスクがありますので、処方した抗生剤などの点眼や服用を続けてください。

やっておいて損がない眼窩脂肪の除去

やっておいて損がない眼窩脂肪の除去

編集部編集部

眼窩脂肪の除去って、審美目的ですよね?

田宮 エリー先生田宮先生

やはり、見た目のコンプレックスがなくなることで、審美性はもちろん、気持ちも“華やかに”なるのではないでしょうか。加えて昨今、男性のビジネスニーズも増えてきました。「相手に好印象を与えることが成績につながる」という考え方ですね。ただ、術後の印象は数年若返ってみえる人がほとんどですが、個人差があるため事前に十分な説明をさせてください。

編集部編集部

眼窩脂肪を取ると、下まぶたの「自然な膨らみ」まで失ってしまいそうです。

田宮 エリー先生田宮先生

涙袋」のことですね。これは眼輪筋です。むしろメリハリが効いて、より涙袋を目立たせられる印象です。例えるなら、重なって一体化していた「2つの山」のうち、片方だけをへこませるイメージでしょうか。

編集部編集部

将来的なリスクも知っておきたいです。

田宮 エリー先生田宮先生

患部のくぼみによって、かえって「暗い印象」を与えることが考えられます。医療機関のなかには、コラーゲンなどの補充を“セット”でおこなうところもあるようですが、「必要に応じて別で考える」のが当院の方針です。仕上がりの状態により、本当に必要な処置だけを、その時々によって用いていきます。

編集部編集部

目の機能には影響しないんですよね?

田宮 エリー先生田宮先生

眼球そのものの治療ではありませんし、余計な化学成分も注入しないので、ご安心ください。まばたきのしにくさや、涙の量などにも影響ありません。単に、余分な脂肪の塊をお掃除しているだけです。

ほかの治療法との比較

他の治療法との比較

編集部編集部

「経結膜脱脂法」以外の治療選択肢も知っておきたいです。

田宮 エリー先生田宮先生

脂肪溶解注射」という方法もあり得ますが、眼窩脂肪は筋肉層の奥にありますから、注射では成分が届かないはずです。ヒアルロン酸注入にしても、肝心な「脂肪の塊」に対してはなにもしていませんので、効果が疑われます。また、レーザーの刺激などでお肌を引き締めた場合、その効果は一時的でしょう。いずれ、元に戻ってきます。

編集部編集部

先生としては、「経結膜脱脂法」一択ですか?

田宮 エリー先生田宮先生

一択ですね。あくまで当院の場合ですが、患者さんの満足度は、おおむね良好です。物理的なメスによる手術は出血の問題が伴いますし、脂肪組織を残したままでは根本解決が図られていません。

編集部編集部

気になるのは費用ですが?

田宮 エリー先生田宮先生

「経結膜脱脂法」の相場は、自費診療で30万円前後だと思います。ほかの治療方法を繰り返すより、費用対効果としては「優れている」印象です。“取り去る”というシンプルな方法ですから、納得もしていただけると信じています。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

田宮 エリー先生田宮先生

眼窩脂肪は放置すれば重力に従って下の方へおりていき、同時に皮膚も伸びてしまい、重度のたるみを引き起こします。ただし、はみ出ている脂肪の量が増えるわけではないので、早めに除去すれば、たるみの進行は防げます。シンプルな方法だけに、効果も期待できるでしょう。詳しくは、医師にご相談ください。

編集部まとめ

あくまで田宮先生の意見になりますが、眼窩脂肪の除去には、「経結膜脱脂法」が有効とのことでした。症例写真を見せていただいたのですが、たしかに一定量の脂肪細胞が取り除かれています。「余分なモノは、シンプルに取り除きましょう」というのが、田宮先生の考え方です。ほかの治療方法との比較も、参考になりました。後は、みなさんがどう判断するかです。

 

しわ・たるみに関する症状についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

医院情報

CLINIC EMMA the ginza

CLINIC EMMA the ginza
所在地 〒104‒0061 東京都中央区銀座4‒1 西銀座(NISHIGINZA)B1F
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「銀座駅」 直結
有楽町線「銀座駅」 徒歩3分
診療科目 皮膚科、美容皮膚科、美容整形外科、婦人科