「歯を抜くしかないですね」と言われたら…そのまま抜いちゃっていいの?

公開日:2020/09/29

抜いたら二度と生えてこない永久歯。できることなら、大切に残しておきたいものです。また、「抜歯宣告」が怖くて、歯科医院の受診を先延ばしにしている人もいるのではないでしょうか。そこで、保存治療に注力しているという「横山歯科医院」の横山先生に、現場の実態をうかがいました。「抜歯宣告」をどう受けとめるべきか、参考にしてみてください。

横山先生

監修歯科医師
横山 知芳(横山歯科医院 院長)

プロフィールをもっと見る

鶴見大学歯学部卒業。鶴見大学歯学部附属病院医局勤務を経た2008年、父親が神奈川県横浜市に開院した「横山歯科医院」を継承し現職に。戸塚区を中心に老若男女幅広い患者を診ており、とくに、歯の保存を重視する根管治療へ注力している。国際インプラント学会認定医(DGZI)。

治療方法の決定権は患者が握っている

治療方法の決定権は患者が握っている

編集部編集部

そもそも、歯を抜くしか治療の施しようがない症例はあるのでしょうか?

横山先生横山先生

そこの判断に関しては、歯科医師によって違うと思います。担当医師の得意分野や今までの臨床経験などによって、「抜かないと治せない」のか、「抜かなくてもなんとかできる」のかが分かれるでしょう。加えて、その患者さんにとって「どういう処置が好ましいのか」という個別判断でも違ってきますよね。

編集部編集部

では、抜歯するかの判断が分かれそうな症例について教えて下さい。

横山先生横山先生

おおむね3症例あります。1つ目は、歯の根っこに膿(うみ)がたまって腐り、根管治療をしても再発する場合。2つ目は、転倒や治療の途中放棄などにより、歯が割れたまま歯肉内に残っている場合。3つ目は、歯周病がかなり進行していて、放っておいても抜けそうな場合です。

編集部編集部

たしかに、歯が割れたり、抜けたりしそうな場合はイメージできます。一方で、「根管治療」とはどういうことでしょうか?

横山先生横山先生

根管とは、歯の根っこの内側にある、神経が通っている管のことです。この管の中にむし歯菌などが侵入すると、腫れや痛みなどを生じさせます。そのときおこなう根管のお掃除が「根管治療」です。菌の感染具合などによって抜歯するかどうかの判断をする場合が多いですね。

編集部編集部

なるほど。やはり抜歯を宣告されるとなると、それなりの理由がありそうですね。

横山先生横山先生

はい。ですが、最終的には患者さんがどうしたいかで決まります。例えば、根管のお掃除をしても治りそうになく、いずれ根っこの先が折れそうだとしますよね。痛みや腫れも、引き続き生じるでしょう。そのリスクをご説明したうえで患者さんが「抜きたくない」と仰れば、それ以上こちらから抜歯を勧めることはないでしょう。

医学的な判断と心理的な葛藤、どちらを優先すべきか

医学的な判断と心理的な葛藤、どちらを優先すべきか

編集部編集部

医師から抜歯を勧められた場合、素直に従ったほうがいいように思えますが、実際はどうでしょうか?

横山先生横山先生

無理に残すことで生じるリスクは、当然にしてあります。また、見た目に大きく関わる上の前歯などは、「ガチャガチャいじくるより、インプラントを入れた方が好印象」とする場合もあるでしょう。しかし、無理に歯を残すリスクやデメリットをお伝えした上で、最終的には患者さんの判断で決まることだと考えています。

編集部編集部

念のため、残すことを前提にした治療方法についても教えてください。

横山先生横山先生

根管治療は前述のとおりです。このとき、精密なお掃除のおこなえるマイクロスコープを使うと、より予後が安定します。また、施術中、お口の中の菌が根管へ入らないよう、患部を「ラバーダム」と呼ばれる特殊なゴムで覆う方法もあります。

編集部編集部

割れたままでも歯を残しておけますか?

横山先生横山先生

割れた歯を取り出して「くっつけて戻す」という方法がありますが、治療成績はあまりよくありません。抜歯に含めるかどうかは別として、親知らずを抜いて移植したほうが、症例によっては有効です。また、疾患が浅い範囲で済んでいる場合、歯を土台ごと引っ張り出してから、削ってならす方法もあります。

編集部編集部

歯を抜かず済むのであれば、誰でも「残したい」と思うのでは?

横山先生横山先生

多くの患者さんが歯を残す方を希望します。しかし、たいていは「保険でできることの範囲」を超えます。ですから、歯を残すことにどれだけ費用を充てられるかという、患者さん側の問題でもあるのです。

抜歯が必要と言われたら

抜歯が必要と言われたら

編集部編集部

治療選択肢を増やす意味でも、セカンドオピニオンは必要でしょうか?

横山先生横山先生

最初の医院で示された治療方法に納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを受けてみてください。また、ネットでご自身の症状に「抜かない」などのキーワードをプラスして、検索してみましょう。あるいは、同じ症状の知人に聞くとかですかね。

編集部編集部

心配なのは、リスクを度外視して、患者に迎合されることです。

横山先生横山先生

その可能性は、どの歯科医院でも起こりえることですよね。患者さんに「こうしてください」と言われたら、我々は、その意思を尊重します。ただし、その前に正しい情報と考えられる治療選択肢をお示しして、インフォームドコンセントを行っているのが前提です。

編集部編集部

自分で選択するとなると、自分で責任を負うのですよね?

横山先生横山先生

結論としてはそうなります。医師から「歯を抜くしかないですね」と言われて、合意するにしても反対するにしても、結局は自己責任ということになるのでしょう。最適な治療を受けるためにも、多少の歯科知識を持ち合わせていたほうが自分の健康につながります。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

横山先生横山先生

仮に歯を残せたとしても、後々悪化してきたら、再び「抜歯か否か」という選択に迫られます。残念ながら、このループを永遠に繰り返すことはできません。それでもループをつなげることに費用をかけるのか、あえてループを断ち切ることに費用をかけるのか。その判断は、慎重に決めてください。

編集部まとめ

医師に「歯を抜くしかないですね」と言われたら。残念ながら、この問いかけに正解はありませんでした。たしかに、歯をなるべく残す治療方法は、いくつか存在しています。しかし実際には、患者の判断で決まるようです。唯一正解があるとしたら、十分に納得するまで情報を求めること。納得ができれば、後悔はしないはずです。

医院情報

横山歯科医院

横山歯科医院
所在地 〒244-0816 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町769-16
アクセス JR「戸塚駅」東口 徒歩3分

診療科目 歯科