歯をゴシゴシ磨いたらダメって本当?

公開日:2020/12/24

毎日行う歯ブラシですが、むし歯予防のためとはいえ強く磨きすぎている人はいませんか? ゴシゴシ磨くと汚れがきちんと取れて効果的な気がしますが、その磨き方は本当に正しいのでしょうか。正しい歯の磨き方の強さはどれくらいなのか、都立家政南口歯科の來山先生、教えてください!

來山先生

監修歯科医師
來山 修三(都立家政南口歯科 院長)

プロフィールをもっと見る

大阪大学卒業後、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科う蝕制御学分野に入学。2007年〜2008年、キングス・カレッジ・ロンドン歯学部大学院に留学。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科う蝕制御学分野修了後、香港大学歯学部大学院インプラント科を修了。都内にて勤務後、中野区に「都立家政南口歯科」を開院。患者さんが歯のことで悩まず、楽しい食生活や人生を送れるように取り組んでいる。

強く磨き過ぎることは歯や歯ぐきを痛める原因に

強く磨き過ぎることは歯や歯ぐきを痛める原因に

編集部編集部

歯をゴシゴシ強く磨くのは正しいのですか?

來山先生來山先生

歯を磨く目的は、歯についたむし歯の原因となるプラークを除去することです。プラークが除去できればよいので、力強くゴシゴシ磨く必要はありません。

編集部編集部

強く磨きすぎることで起こる、デメリットはなんでしょう?

來山先生來山先生

あまり強く磨くと、歯の根元が削れてしまうことや、歯ぐきが傷ついてしまうことがあります。それにより歯ぐきが下がり、知覚過敏を起こすこともあります。そうならないよう、やさしく磨いてあげてください。

編集部編集部

強く磨いている人は、自分で気づくことができますか?

來山先生來山先生

強く磨いていることを自覚されている方は少ないですね。強く磨いている方は先ほどお話ししたように、歯の根元が削れている、歯ぐきが傷ついている傾向があります。歯医者さんは口の中を見ればわかりますので、気になる方は聞いてみてください。

歯と歯ぐきの間を1本ずつ磨こう

歯と歯ぐきの間を1本ずつ磨こう

編集部編集部

では、正しい歯の磨き方を教えてください。

來山先生來山先生

先ほどお話ししたように、力を入れずに優しく磨いてあげてください。歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当てて、1本に対して歯ブラシを横に10から20往復させて磨くとプラークを除去する事ができます。特に、奥歯は前歯より歯ブラシが届きにくいので、1本ずつ丁寧に磨くようにしましょう。

編集部編集部

歯と歯ぐきの境目に当てるのですね。歯と歯の間はどうやって磨くのがよいですか?

來山先生來山先生

歯ブラシだけでは歯の汚れは5〜6割しか取れません。残りの汚れは歯と歯の間についています。どれだけ歯ブラシを頑張っても、歯と歯の間の汚れが残っていると、虫歯や歯周病になることはあります。ですので、歯と歯の間は、デンタルフロスや糸ようじ、歯間ブラシを使用して汚れを取りましょう。一般的に、歯と歯の間の隙間が大きい場合は歯間ブラシ隙間が小さくて歯間ブラシが入らないような場合は、デンタルフロスや糸ようじを使います。

編集部編集部

磨くタイミングについても教えてください。

來山先生來山先生

食事のあとはもちろんですが、寝る前は特に念入りに磨きましょう。寝ているときは口の中の唾液量が減るため、細菌が洗い流されず、むし歯が増えやすいのです。就寝前に歯を磨いたら、それ以降は水かお茶以外は飲まないようにしましょう。

将来のためにしっかりケアを

将来のためにしっかりケアを

編集部編集部

歯ブラシの選び方で注意することはありますか?

來山先生來山先生

歯に対してブラシが大きすぎるものは避けましょう。海外のホテルに置いてあるような大きいブラシのものは、奥歯の汚れが取りにくいためおすすめしません。硬さは人によって好みがあると思いますが、柔らかめ〜普通くらいがよいと思います。硬いのが好きな方はやさしく磨いてあげてください。

編集部編集部

歯磨き粉の選び方はありますか?

來山先生來山先生

歯磨きの目的は、プラークを除去することですので、正しくブラッシングできていれば、歯磨き粉は使用しなくても構いません。歯磨き粉を使用する場合は、むし歯予防のためにはフッ素入りがおすすめです。また、知覚過敏用の歯磨き粉を使用すると、知覚過敏が軽減することがあります。

編集部編集部

最後に歯磨きを行う上で、アドバイスやメッセージをお願いします。

來山先生來山先生

永久歯は一度しか生えてきません。年を重ねても健康な歯を維持できていれば、一生美味しくご飯を食べる事ができます。しかし、歯は失ってみるまでその価値がわかりません。むし歯や歯周病のために抜歯した場合、ブリッジ、インプラント、入れ歯などで歯を補うことになります(そのために治療費や通院の時間がかかってしまいます)。また、入れ歯になると、ご飯が美味しく感じられなくなります。大切な歯をむし歯や歯周病から守るため、日頃の歯磨きをがんばりましょう。

編集部まとめ

歯を守っていくために大切な歯磨きですが、ゴシゴシ強く磨くのは歯や歯ぐきを傷つけてしまうのでNG! 歯ぐきと歯の間を1本ずつ、やさしく丁寧に磨くのが確実なプラーク除去につながります。また、歯と歯の間のプラークを除去するためには、歯間ブラシやデンタルフロス・糸ようじを使うのが効果的とのこと。特に就寝中は虫歯になりやすいので、寝る前の歯磨きはしっかり行いましょう。

医院情報

都立家政南口歯科

都立家政南口歯科
所在地 〒165-0032 東京都中野区若宮3-17-6 メゾンドグリシーヌ1F
アクセス 西武新宿線「都立家政駅」 徒歩1分

診療科目 歯科