歯科の定期検診に行くべき理由は? どれくらいの頻度で通えばいいの?

公開日:2020/08/27

治して終わりなのではなく、そこからが始まりとされる歯科治療。予防についての考え方は理解できるものの、なかなか“目に見える効果”が得られません。具体的な出口が見えてこそ、そこに向けて歩き出せるもの。そこで、「スマイル歯科医院」の龍造寺先生に、改めて、「歯科の定期検診とはなにか」をうかがいました。

監修歯科医師
龍造寺 隆光(スマイル歯科医院 院長)

プロフィールをもっと見る

神奈川県藤沢市に「スマイル歯科医院」を開院。医院に多くの漫画やアニメのグッズを院内に設置し、子どもでも通いやすい環境づくりに注力している。

健康の維持に限らず、最低限の治療介入で済ませられる

健康の維持に限らず、最低限の治療介入で済ませられる

編集部編集部

定期的な歯科検診の重要性を各所で聞くようになってきましたが、検診で来院される人は増えましたか?

龍造寺先生龍造寺先生

当院でも定期検診を目的として通う方が、前年比で2割くらい増えています。原則として治療の必要がない方ですから、メインテナンスにかかる時間は15分程度。保険も使えますし、1回1500円前後の自己負担額で、お口の健康を守り続けられるわけです。仮に疾患があったとしても、かなり早い段階で発見できる点が検診のメリットですね。

編集部編集部

そうは言っても、「具体的なメリット」が見えないと行動に移せない気がします。

龍造寺先生龍造寺先生

でも、むし歯や歯周病にかかったら嫌ですよね。話題の新型コロナウイルスにしたって、「発症を防ごう」という機運が高まっています。病気にならないこと自体がメリットのはずなのですが、いまひとつ伝わりきっていないようです。加えて、口腔ケアが全身疾患と関わりをもつことも証明されてきました。健康管理の窓口を歯科医院が担う一面もあります。

編集部編集部

では逆に、歯科検診を受けず歯を失った場合、身体にどういった悪影響を及ぼしますか?

龍造寺先生龍造寺先生

歯が少なくなって、食べ物をきちんとかめなくなると、柔らかいものばかり食べるようになるでしょう。そうなると、栄養バランスに偏りが生じるはずです。生活習慣病のリスクすら押しあげかねません。寿命を左右すると言ってもいいのではないでしょうか。入れ歯やインプラントなどで抜けた歯を補うにしても、その治療や再処置、あるいはメインテナンスが一生涯続きます。

編集部編集部

そうした悪循環を断ち切るのが、定期的な歯科検診であると?

龍造寺先生龍造寺先生

その通りです。加えて、時系列観察ができる点も重要です。むし歯や歯周病は、早期発見ももちろんなのですが、「進行しているかどうかのウォッチ」が欠かせません。症状が進行しておらず、特段の痛みなどもなければ、無理に治療介入する必要はないでしょう。ただし、「定期的に来院していただくこと」が前提です。来院していただけるかどうかわからなかったら、悪化が怖いので、歯を削ってしまうかもしれませんね。

日頃のセルフケアを歯科医院でチェックする

日頃のセルフケアを歯科医院でチェックする

編集部編集部

病気の進行をウォッチするとしたら、そんなに間が空けられないですよね?

龍造寺先生龍造寺先生

再診のタイミングについては、お口の中の状態に応じて、医師から指示をいたします。おおまかな目安としては、「3カ月ごと」になるでしょうか。ただし、意識の高い方は、1カ月から2カ月おきに受診されますね。

編集部編集部

ちなみに、定期検診ではなにをするのでしょうか?

龍造寺先生龍造寺先生

セルフケアでは不十分なところを歯科衛生士が清掃します。加えて、ブラッシング方法などのアドバイス、間違ったケア方法の修正・指導などをしています。これと前後して、歯科医師がお口の中を確認し、各疾患の早期発見に結びつけています。

編集部編集部

歯のケアをお任せするのではなくて、自ら上達する必要もあると?

龍造寺先生龍造寺先生

その通りです。例えば3カ月に1度の検診なら、間の約90日は、歯科医師が介入できません。歯科医院でのケアよりセルフケアのほうが、“圧倒的に”重要です。ある臨床データによると、ただ通院しているだけでは、通院していない方と比べて、「結果に大差がない」そうです。

編集部編集部

つまり、定期検診は「セルフケアのためにある」と言えそうですか?

龍造寺先生龍造寺先生

自己採点の場として活用いただければうれしいですね。セルフケアは毎日おこないますから、例えその差がわずかでも、将来的には「大差」となります。そして、上達すればするほど、上昇カーブの傾きも大きくなるでしょう。

かつての常識が、現代の非常識となっていることも

かつての常識が、現代の非常識となっていることも

編集部編集部

セルフケアの最新事情があったら教えてください。

龍造寺先生龍造寺先生

歯磨きに関する今の主流的な考え方は、「食後30分空けてから」になりつつあります。食事の直後は、お口の中が酸性に傾くので、「唾液によって中和されるのを待ちましょう」という考え方です。また、歯磨き後の口ゆすぎは、1回もすれば十分です。歯磨き粉に含まれる有効成分を、洗い流しきらないでください。

編集部編集部

そういった情報は、定期検診で教えてもらうことができますか?

龍造寺先生龍造寺先生

先ほどお話したように、セルフケアが大事になっていくので「患者教育」という視点でも、レクチャーすることはありますよ。また、疑問があれば歯科衛生士に質問して、会話するきっかけにしてほしいですね。歯科衛生士はメインテナンスのプロなので、頼っていい存在です。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

龍造寺先生龍造寺先生

歯科医院は、必ずしも「かかった病気を治すところ」ではなく、「病気にならないようにするところ」です。よく耳にするフレーズだとは思いますが、やはりその意識が大切です。そして、「病気にならないようにする」ためにも、定期検診にきていただき、セルフケア方法を上達しましょう。

編集部まとめ

歯科の定期検診を受けることで、疾患の早期発見と早期治療開始ができる、進行度合いによっては最低限の治療で済む、セルフケアの上達が図れる、歯を守ることで寿命の伸延が望める、そしてなにより、健康で生き生きとした生活を楽しめる。おおむね3カ月に1度の歯科検診で、これだけのメリットが得られるのでした。「自分のため」という自覚をもち、義務感からではなく「必要だから通う」という意識へ切り替えましょう。

医院情報

スマイル歯科医院

スマイル歯科医院
所在地 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢2-3-13 藤沢市トレアージュ白旗内 医療モール2F
アクセス 小田急江ノ島線「藤沢本町駅」 徒歩6分

診療科目 歯科