1人目は妊娠したのに、2人目はなかなか妊娠しない…これってなんで?

公開日:2020/10/08

1人目は意識しなくても妊娠できたのに、2人目はなかなか授からない……という悩みを聞いたことはありませんか? 2人目不妊という言葉がありますが、どうして2人目はなかなか妊娠できないと言われているのでしょうか。1人目を産んでから2人目までの期間によって状況は変わるのか、2人目不妊についての真実を田園都市レディースクリニックの河村先生に伺いました。

河村 寿宏

監修医師
河村 寿宏(田園都市レディースクリニック あざみ野本院 院長)

プロフィールをもっと見る
東京医科歯科大学医学部卒業後、東京医科歯科大学医学部附属病院で臨床研修、都立大塚病院産婦人科などに勤務。Glostrup Hospital,University of Copenhagen、Center for Clinical & Basic Researchに留学後、東京医科歯科大学附属病院の産婦人科病棟医長、賛育会病院、日産厚生会玉川病院産婦人科医長を務める。2000年に田園都市レディースクリニックを開院。不妊治療専門クリニックとして、夫婦にとって最も有効な不妊治療ができるように取り組んでいる。日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本生殖医学会生殖医療専門医、日本東洋医学会漢方専門医の資格を有する。

2人目不妊が増えた要因は、初産年齢の高齢化にあった

2人目不妊が増えた要因は、初産年齢の上昇にあった

編集部編集部

近年、2人目不妊が増えていると聞いたのですが本当でしょうか?

河村先生河村先生

そうですね。当院では不妊相談のうち4人に1人が、2人目不妊の相談で来院されています。そのうち、約8割の人が1人目は自然妊娠で出産した患者さんです。

編集部編集部

2人目不妊とはどのような状態を指す言葉なのでしょう?

河村先生河村先生

明確に定義があるわけではないですが、「1人目の授乳期間が終了してから、避妊せずに夫婦生活を続けているのに、1年以上妊娠に至らない状態」を2人目不妊とすることが多いですね。

編集部編集部

なぜ授乳期間が終わってからなのでしょう?

河村先生河村先生

授乳中は母乳の分泌を促す「プロラクチン」というホルモンの影響を受けてしまうからです。プロラクチンは排卵を抑制する働きがあり、授乳中は妊娠しづらい状態になるのです。もちろん、100%妊娠しないというわけではありませんが、授乳期間に妊娠しづらくなるのは、自然現象なので、気にしすぎないようにしましょう。

編集部編集部

わかりました。しかし、1人目は自然妊娠したのに、どうして2人目は難しいのでしょうか?

河村先生河村先生

大きな原因は加齢です。最近では初産の年齢が昔に比べて上がっています。そのため2人目を妊娠したいと思う頃には、30代半ば以降という人が多くなりました。

編集部編集部

なぜ高齢になると妊娠しづらくなるのでしょう?

河村先生河村先生

30代後半になると、卵子自体の老化が起こるからと考えられています。卵子はもともと胎児のときから体の中に備わっており、それ以上に新しく作られないので、加齢が進むにつれ、妊娠しづらくなるのです。また、卵子の数も加齢とともに減少していきます。

体外受精で2人目の妊娠を目指す

体外受精で2人目の妊娠を目指す

編集部編集部

2人目不妊はどのように治療していくのですか?

河村先生河村先生

基本的には普通の不妊治療と同じです。タイミング療法や薬物療法、人工授精、体外受精などがあり、卵管が詰まっている、とか、精子が極端に悪くなっている、などがなければ、通常は上述の順番で進めていきます。若いうちはタイミング療法などから順番に試してもいいと思いますが、30歳代後半以降の方は、早期に体外受精を念頭に置き、40歳以上の方は最初から体外受精を検討して頂くことが多いですね。

編集部編集部

なぜ30歳代後半~40歳以上だと体外受精を検討したほうが良いのですか?

河村先生河村先生

先ほども述べたように、卵子はどんどん老化していくため30代後半になると時間がありません。タイミング療法を試してダメだから次……、とステップアップしている間にも、老化は進んでいきます。そのため、30歳代後半からは体外受精を念頭に置き、特に40歳以上では最初から確率の高い体外授精を検討したほうが良いと考えられています。

編集部編集部

体外受精の方法について、教えてください。

河村先生河村先生

まず、一般的には排卵誘発剤で卵巣を刺激し、卵胞を発育させます。次に、経腟超音波で確認しながら卵胞を穿刺(せんし)し卵胞液を吸引するとともに、その中に入っている卵子を体外に採取(採卵)します。そして、採取した卵子と10万単位の良質な精子を出会わせて、体外受精を行います。

2人目不妊の相談はできるだけ早めに

2人目不妊の相談はできるだけ早めに

編集部編集部

2人目に限らないかもしれませんが、妊娠したいときに気をつけることを教えてください。

河村先生河村先生

基本的なことかもしれませんが、やはり規則正しい生活は大切です。栄養のバランスがとれた食事適度な運動十分な睡眠時間は妊娠するのに重要です。肥満はホルモンバランスの乱れの原因になりますし、妊娠後も合併症を引き起こしやすくなります。肥満だと妊娠できないというわけではないですが、気をつけた方がいいでしょう。

編集部編集部

その他、気をつけたい生活習慣についてはありますか?

河村先生河村先生

喫煙も良くありません。タバコは女性にとっては卵子の質を低下させ妊娠率が落ちるだけでなく流産の原因に、男性の精子にも悪影響なため、ご夫婦ともに不妊の原因になりえます。妊娠を望むようであれば、禁煙することをオススメします。

編集部編集部

最後に2人目が欲しいけれど、なかなか妊娠しないと悩んでいる方へメッセージをお願いします。

河村先生河村先生

1人目が自然妊娠の場合でも、年齢とともに卵子は老化します。そのため2人目の妊娠を望む頃には、卵子の老化が原因で妊娠しづらくなっているのです。年齢を重ねるにつれ、妊娠しづらくなります。悩んでいる人はぜひ早めに相談に行くといいと思いますよ。

編集部まとめ

2人目不妊の原因は出産の間隔などではなく、加齢による卵子の老化でした。初産の年齢が高くなっていることから、昔に比べて悩んでいる人も増えたようです。30代後半になると卵子の老化は一気に進むため、少しでも早めに不妊治療を開始することが大切だと河村先生もおっしゃっていました。

医院情報

田園都市レディースクリニック

田園都市レディースクリニック
所在地 〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-5-1
アクセス 東急田園都市線、横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野駅」東口より徒歩3分
診療科目 婦人科/不妊治療