女性だけの病気じゃない!? 男性の乳がんについて

乳がんといえば女性の病気というイメージが強いですよね。しかし、男性も乳がんに罹患することがあるそうです。男性の乳がんは女性とは違うの? どのあたりにできるの? 男性の乳がんに関する疑問を桜新町濱岡ブレストクリニックの濱岡先生に聞いてきました。

監修医師
濱岡 剛(桜新町濱岡ブレストクリニック 院長)

プロフィールをもっと見る
兵庫医科大学、神戸大学大学院医学研究科を卒業後、淀川キリスト教大学や兵庫県立がんセンターの外科に入職。2002年にアメリカのがん研究センターに留学。帰国後、聖路加国際病院の乳腺外科に勤務、研鑽を積む。2009年に桜新町濱岡ブレストクリニックを開院。乳がん死亡率を低くすることを理念とし、日々の診療に臨む。日本乳癌学会乳腺専門医、マンモグラフィ読影認定医などの資格を有する。

編集部編集部

乳がんと聞くと女性に発症する病気のイメージですが、男性も発症するのですか?

濱岡先生

女性に比べて確率は低いですが、男性も乳がんになります。ただ、発症する確率は女性の1%以下と非常に低くなっています。私も開業して10年経ちますが、男性の乳がん患者を診断したのは1人だけですね。

編集部編集部

なぜ男性も乳がんを発症するのですか?

濱岡先生

そもそも乳がんとは、乳房内部の乳腺にできる悪性腫瘍を言います。乳腺自体は男性にも存在するため、乳がんを発症するのです。ただ、男性の乳腺量は女性に比べてとても少なく、乳がんを成長させる女性ホルモンも体内に少ないため、発症する確率が低くなっています。

編集部編集部

女性は婦人科検診などありますが、男性はどうやって乳がんだと気づくのですか?

濱岡先生

男性は胸に膨らみがないため、乳首のすぐ下にしこりができます。手で触れてわかるものが多く、それで異常に気付く人が多いですね。

編集部編集部

では比較的、乳がんを発見しやすいのですか?

濱岡先生

男性の場合女性と違い定期的な乳がん検診を受けるというわけではないですが、胸に膨らみがないため、1cm前後の比較的小さなしこりで自覚する場合が多いですね。しかし痛みを感じることはほとんどなく、乳がんだとわかったときにはリンパ節へ転移している場合も多いので早期発見が難しいとも言えます。

検査や治療法は女性の乳がんと同じ

編集部編集部

男性と女性の乳がんで違いはあるのですか?

濱岡先生

大きな違いはないと思います。検査方法もエコーやマンモグラフィで行いますし、治療法についても手術や抗がん剤治療など女性と同じ方法です。ただ温存療法をすることはなく、たいていの場合は乳首ごと切除します。膨らみを残す必要もないですし、女性と違い授乳に影響するなど不都合が起きることもほとんどありませんからね。

編集部編集部

かかりやすい年代などはありますか?

濱岡先生

年代は特にないですね。どの年代もなる可能性があります。ただ、女性と比べて、遺伝で乳がんになることが多いので注意が必要です。

編集部編集部

遺伝というと、親族で乳がんになった人がいた場合ということですか?

濱岡先生

その通り。女性の乳がんで遺伝性のものは10%以下ですが、男性の場合は遺伝性の確率が高いと言われています。必要以上に恐れることはありませんが、家族歴のある方は注意したほうがいいでしょう。

編集部編集部

予防法はないのですか?

濱岡先生

定期的な検診がない分、なかなか難しいですね。わかりづらいかもしれませんがたまに乳首のまわりを触って、しこりがないか確認するといいでしょう。

放置はダメ! 異変を感じたら相談を!

編集部編集部

では男性が胸のしこりを感じた場合は、何科に行けばいいのですか?

濱岡先生

やはり乳腺外科で相談するのがいいでしょう。でもなかなか来院しづらいですよね。かかりつけ医などに相談して、紹介してもらうのもいいかもしれません。とにかく放置はよくないので、しこりを見つけたら必ず医師に相談してください。

編集部編集部

しこり以外のサインはありますか?

濱岡先生

脇の下のリンパが腫れる乳首から血が出るなどです。痛みを感じる場合は乳がん以外の炎症のことが多いですが、自身では判断せず医師に相談してください。

編集部編集部

もしかしたら乳がんかも……と悩んでいる男性の方に、メッセージをお願いします。

濱岡先生

男性が乳がんになるという認識は、まだまだ低いでしょう。しこり=がんとは限りませんが、放置することが一番危険です。定期検診がない分、早期発見が難しい場合があるので、気になることがある際は早めに医師に相談してください。

編集部まとめ

女性に比べて確率は低いですが、男性もかかることがある乳がん。婦人科検診などがない分、早期発見が難しいと言えます。また、男性が乳がんを発症するという事実はまだまだ認知度が低いため、軽視されがちです。触って気付くほどの大きさの乳がんの場合、進行している可能性が高いので、放置せずに早めに医師に相談しましょう。

医院情報

桜新町濱岡ブレストクリニック

桜新町濱岡ブレストクリニック
所在地 〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2-10-4 ミケア3F
アクセス 東急田園都市線「桜新町駅」より徒歩1分
診療科目 乳腺外科、乳腺内科