「痔」の手術って怖いし恥ずかしい…手術したほうが良い痔の見極め方は?

安易に痔の手術を勧める医師には、注意が必要」と警鐘を鳴らすのは、「しらはた胃腸肛門クリニック横浜」の白畑先生。痔の多くは、薬物療法で対処可能だと言います。日本人の3人に1人が悩んでいるとされる痔。その最前線の模様を、臨床経験が豊富な白畑先生に伺いました。

監修医師
白畑 敦(しらはた胃腸肛門クリニック横浜 院長)

プロフィールをもっと見る
昭和大学医学部卒業。昭和大学藤が丘病院や山王台病院、横浜旭中央総合病院などの勤務を経た2017年、横浜市内に「しらはた胃腸肛門クリニック横浜」を開院。消化器に関することならなんでも相談できる、話しやすいクリニックを心がけている。医学博士。日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医、日本大腸肛門病学会専門医ほか資格多数。

編集部編集部

まずは、痔の種類から教えてください。

白畑先生

わかりました。まず、痔は大きく、いぼ痔と切れ痔、そして痔瘻の3つに分かれます。いわゆるいぼ痔のうち、肛門の内部にできるものを「内痔核(ないじかく)」、肛門の外にできるものを「外痔核(がいじかく)」といいます。切れ痔の正式名称は「裂肛(れっこう)」。残る「痔瘻(じろう)」とは、直腸と肛門の周辺との間にトンネルができてしまった状態のことです。

編集部編集部

このうち、放置しないほうがいい痔の種類はありますか?

白畑先生

痔瘻は、すぐにでも手術をして治したほうがいいでしょう。トンネルの中にうみがたまり、やがて、激しい痛みや発熱などを伴ってきます。一方、いぼ痔と切れ痔に関しては、患者さんが困っていない限り、様子見でも構わないと思います。

編集部編集部

いぼ痔と切れ痔は、必ずしも手術をしなくてもいいと?

白畑先生

はい。実は、むやみに手術を勧める医師が一部にいて、学会でも問題視されているところです。いぼ痔と切れ痔には、良く効くお薬が出てきています。患者さんから手術を望む場合と、日常生活に大きな支障が出ている場合は別として、いきなり手術ということはないでしょう。

編集部編集部

痔瘻は手術をしたほうがいいんですよね?

白畑先生

はい。放置していても治りませんし、下着がうみや血で汚れたり、痛みや熱をともなったりしますからね。ちなみに手術では、空いてしまったトンネルごと摘出します。健全な組織だけが残れば、トンネルは次第にふさがっていきます。もちろん、ふさがる過程で菌が侵入し、再発してしまう可能性もあります。ですから、痔瘻は“やっかい”ですよね。

いまだ明らかにされていない痔の原因

編集部編集部

どうして痔になるのでしょう?

白畑先生

いぼ痔に関しては、いまのところ原因不明です。血管のうっ血と考える静脈瘤(じょうみゃくりゅう)説」や、肛門内部の組織が伸びたと考える滑脱(かつだつ)説」などが発表されているものの、定かではありません。年齢によっても異なるでしょう。

編集部編集部

切れ痔は、文字どおり、肛門が切れてしまうからですよね?

白畑先生

はい。硬い便の排せつ時に限らず、下痢の勢いが強くても、肛門を損傷してしまいかねません。

編集部編集部

続けて、痔瘻の原因についてもお願いします。

白畑先生

これも説ですが、肛門の付近には「肛門陰窩(こうもんいんか)」というくぼみがあり、ここにたまった便の菌により、腫瘍を生じさせると考えられています。ただし、いぼ痔の原因にしても痔瘻の原因にしても、「なぜ、そうなるのか」と聞かれると、「原因不明です」としか言いようがないですね。

効きすぎる市販薬の、思わぬ盲点

編集部編集部

今度は、痔の治療方法について教えてください。

白畑先生

再発を繰り返さないためにも、生活習慣の改善が欠かせません。そのうえで、投薬療法を検討していきます。お薬の種類としては、注入タイプの塗り薬や座薬です。ちなみに、市販薬は効き目が“強い”ので注意してください。

編集部編集部

「強い」と、何がいけないのですか?

白畑先生

痔の原因すべてに対する成分が入っているからです。「治りやすい」と言えばそうなのかもしれませんが、本来、不必要な成分まで取り込んでしまいます。長期にわたって使い続けると、合併症の恐れが懸念されますよね。使うとしたら、短期に限定してください。

編集部編集部

医院で処方する薬はどうなのでしょう?

白畑先生

患者さんの症状や原因にあわせて処方していますので、ご安心ください。むくみなのか、出血なのか、痛みなのかによって使い分けています。また、患者さんのお体のことを考え、市販薬のような強いお薬は使いません。それでも、十分に症状を落ち着かせられます。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

白畑先生

もし、ある医院で手術を勧められたら、他院のセカンドオピニオンも受けてみてください。いぼ痔の手術は、“本当に”困ってから」が原則です。その多くは、塗り薬や座薬で改善できます。

編集部まとめ

痔のタイプが「痔瘻」であれば、なるべく早く手術を受けましょう。お尻へのできものや、下着の染みなどで判別できるはずです。一方、「いぼ痔」「切れ痔」の大半は、患者側から手術を望まない限り、薬物療法で対処できるとのこと。ただし、市販薬を常習的に使うことだけは、避けてください。

医院情報

しらはた胃腸肛門クリニック横浜

しらはた胃腸肛門クリニック横浜
所在地 〒226-0027 神奈川県横浜市緑区長津田5丁目6−32
アクセス 東急田園都市線・JR横浜線「長津田駅」南口より徒歩3分
診療科目 内視鏡内科・肛門外科・胃腸内科・漢方内科