上まぶたのたるみは老け顔の原因? たるみを取る方法ってあるの?

公開日:2019/04/01  更新日:2019/12/19

年齢を重ねるにつれて、気になる見た目年齢。若いときと比べて上まぶたが落ちてくる人がいるけれど、これって老け顔と関係があるの? 年をとるとどうして落ちて来るの? この疑問を十仁美容整形の鳴海先生が解決してくれました。

プロフィールをもっと見る
北海道大学医学部卒業後、北海道大学医学部第一内科、同大学形成外科に勤務。そこで顔の形や美醜が人の生き方や自信、性格に大きな影響を与えると知り、美容外科の道に進む。神奈川美容外科クリニック、ナルミ美容外科を経て、2008年より十仁美容整形に勤務。前院長の梅澤文彦先生の後を継ぎ、2017年より院長を務める。

編集部編集部

上まぶたのたるみは、老けて見える原因のひとつなのですか?

鳴海先生

そうですね。上まぶたのたるみは年齢と共に起こるため、たるみがあるとどうしても老けた印象を感じます。

編集部編集部

どうして年を重ねると上まぶたがたるむのですか?

鳴海先生

年を重ねるとコラーゲンやヒアルロン酸など、肌の弾力を保つ成分が減少していきます。そうなると、重力に耐えられなくなったおでこの皮膚が下がってきて上まぶたにのってくるのです。そのため上まぶたが下がってたるみができてしまうのです。

編集部編集部

たるんできた皮膚が老けて見える原因だと?

鳴海先生

そうですね。さらに上まぶたがおでこを上げようとするとおでこにしわが増え、より老けて見えるようになってしまうのです。

編集部編集部

特に上まぶたがたるみやすい人はいますか?

鳴海先生

まぶたが一重の人はたるみやすい傾向にあります。痩せている人も皮膚が余っているため、たるみがちですね。若い頃にまぶたが腫れぼったかった人も、年を重ねるとボリュームがなくなり下がってきます。

上まぶたのたるみは早めの手術を

編集部編集部

上まぶたのたるみの相談はどれくらいの年齢の方がいらっしゃいますか?

鳴海先生

40代~60代の方がほとんどです。たるみがひどくなる前に、早いうちに手術するのがコストの面でもおすすめですよ。

編集部編集部

手術で上まぶたのたるみを取ることはできるのですか?

鳴海先生

もちろんです。手術の方法はたるみの状態により変わってきます。二重の幅を広げる、一重を二重にする、眉の下の皮膚を切り取りまぶたを上げる、髪の生え際を切りおでこを上げるなどの手術で、たるみは改善されます。

編集部編集部

傷跡は残りますか?

鳴海先生

ほとんど目立たなく、数週間でキレイになります。女性はお化粧でカバーできる程度です。二重にする手術の場合などは、傷跡は隠れて見えないこともありますよ。

編集部編集部

どれくらいの時間がかかりますか?

鳴海先生

たるみの状態により前後はありますが、両目を行うため1時間ほどかかります。ですが、局所麻酔なので日帰り手術できますよ。

編集部編集部

一度手術を行えば大丈夫なのでしょうか?

鳴海先生

10~15年くらいは問題なく過ごせると思います。

上まぶたのたるみで起こる危険も

編集部編集部

上まぶたがたるむことによって起こる危険はありますか?

鳴海先生

上まぶたがたるむことでまぶたを引っ張る筋肉もたるみ、まぶたが持ち上げられなくなることがあります。眼瞼下垂と呼ばれる病気で、黒目が隠れてしまうので視野が狭くなってしまい危険です。

編集部編集部

アンチエイジングのためだけでなく、生活のために手術を行った方がいい場合もあるのですね。

鳴海先生

そうですね。視野が狭くなり目の機能が落ちてしまっては大変です。そのためにもたるみがある人は、早めに手術をすることをおすすめします。

編集部編集部

アンチエイジングではなく、眼瞼下垂のために手術に来る人も多いですか?

鳴海先生

はい。アンチエイジングが目的で来る女性は、重症化する前に手術を行えることが多いので大丈夫ですが、美容整形に抵抗のある男性は、重症化してから相談に来る方が多くいらっしゃいます。見た目だけの問題ではなく視力や日常生活に関わることなので、まぶたのたるみが気になるときは早めに相談をしてみてください。

医院情報